1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

これからの人材業界ビジネスはどのようになっていくか?

Stay Japan Jobs代表の長谷部です。

今回はこれからの人材ビジネスはどうなっていくか?今後Stay Japan Jobsはその中でどのように成長していきたいか?という、テーマについて自分の考えを書いていきたいと思います。

これから人類は自由に仕事場を選ぶようになる。

有史以来人類は、移動手段・言語・コミュニケーション手段の制限によって、働ける場所が制限されていました。

しかし、VRやAI翻訳といった昨今の目覚ましい技術革新によってそれらの制限が撤廃されつつあります。

加えて、終身雇用やサラリーマンの価値観の崩壊によってUJIターン現象やノマドといった働き方が推奨されたりかっこいいものと考えられているように、「好きな場所」で働くことが一般的になりつつあります。

僕はこのように、これまで場所というものに縛られていた職探しが、好きな場所や好きなことという軸に移り変わり、それが全世界的に起こるものと考えています。

人材業界ビジネスは今後どのように発展していくのか?

そのように考えると、今後伸びる人材ビジネスも「場所」にとらわれることなく、その人が「やりたいこと」を支援できるビジネスだと思います。

言い換えると、「日本」という場所にとらわれず、「地球」を一つの働く場所と考えて、求職者のやりたいことを支援するビジネスが伸びる考えています。

しかし一方で、現在日本国内の多くの人材関連企業は、人口減少で人材市場がシュリンクするにも関わらず、「日本」という場所に囚われ市場のパイを奪い合うビジネスをしているように見えます。

評価制度の見直しやリファラル採用の支援といった既存の人材業界からシェアの奪い合うビジネスはしばらくは伸びると思いますし、それ自体を否定しているわけではありません。

しかし僕は、せっかくMBAを卒業し、グローバルな世界を垣間見て外国とつながることが出来たのだから、日本人の人材紹介ということに囚われず、もっと自分がワクワクする外国人を紹介して、日本の人材市場自体を大きくするビジネスをしたいと思いました。

なので、今Stay Japan Jobsでは、市場規模を大きくする(≒外国人の紹介による労働人口/交流人口の増加の)為に、どのようなことができるか?ということを一生懸命考えています。

そのために、僕たちが地道にやっていることを2つ紹介します。

外国人が日本で働いてもらう為にStay Japan Jobsがしていること

1.地方で外国の方が働ける場所を作るプロジェクト

そもそも、地方に働ける場所・仕事がなければ外国の方が地方で働く理由がありません。

そのため、僕たちは、外国人が地方で働けるようにプロジェクトを一緒に作っています。

例えば、今現在やっているプロジェクトは、青森県の温泉郷をオーストラリア向けにPRするという事業です。

東北のパウダースノーは今全世界から注目されており、青森県は現在インバウンドの増加率が全国一です。

私たちは現在行政から依頼を受けて外国の方を交えてオーストラリア人がどのように青森県にもっと来てくれるか?ということを一緒に考えています。

このようなプロジェクトを全国展開することによって、外国人の需要が創造できれば地方に外国の方の働く場所ができて、外国人の活躍の場として日本の地方が選ばれるようになると信じています。

2.東南アジアで宿泊や農業の学校を作るプロジェクト

僕たちは今後外国人を「ただ紹介するだけ」のビジネスはどんどん難しくなると考えています。

皆さんも、現代の奴隷制度として、外国人技能実習制度に関するテレビを見たことはありませんか?

今海外の方にとってもはこのような悪評によって、日本は働きづらい場所だという認識が徐々に浸透しつつあります。

そうした中で、優秀な日本語を話せる外国人を探すことが極めて難しくなる為、仲介ビジネスは成立しずらくなると考えています。

そのため、僕たちは今東南アジアで日本企業と一緒に学校を作るプロジェクトを進めています。

生徒に勉強代や渡航費を支払って日本のことを学んでもらい日本のファンになってもらう。

全世界の中から日本で働きたいと思ってもらう為にはそれくらいのことをしないといけないと思います。

今後日本の企業はどんどん海外に進出して学校を作る時代になると予想しています。なので、僕たちはそんな企業を支援できる学校づくりのプロフェッショナルになりたいと考えています。

グローバルで成長したい人材を多方面で採用しています!

皆さんいかがでしょうか?

ここで書いたように僕は、今後場所にとらわれることなく、好きなことを好きな場所で好きな人と働ける世の中にしたい、そしてそれを体現できる会社にしたいと考えています。

もし、僕と一緒に働きたいと思う人がいたら是非お気軽に連絡ください。

僕と一緒に旨いものでも食べながら、ワクワクすることを考えましょう!

株式会社 StayJapanJobs's job postings

Weekly ranking

Show other rankings