1
/
5

従業員在宅勤務アンケート!!〜前編〜

昨年2020年4月に新型コロナウイルス の影響により初めて緊急事態宣言が発出されて
早1年が経とうとしています。

そんな中で、弊社でも在宅勤務を行なっており、在宅勤務に関してアンケートを行いましたので
公表していこうと思います!!!!!!

設問は計8問実施いたしました。
今回は前編として4問の回答を公開させていただきます。

1.在宅勤務と出社いずれが働きやすいか。

青色63%が在宅勤務の方が働きやすいと回答。

オレンジ色13%が出社時の方が働きやすいという回答でした。



また、そのほかの意見としては24%が状況により使い分けたいという回答でした。

確かに在宅勤務、出社いずれでもメリットデメリットがありますよね。


2.在宅勤務で良かったことは。

圧倒的に多くほとんどの回答が、通勤時間の削減でした。

毎日職場までの往復で、1時間以上費やす方は多いのではないでしょうか。

そういった時間を趣味や家族との時間へ当てられることは、やはり在宅勤務の大きなメリットとして
感じられる方が多いようです。

通勤時間の削減結果として家事、育児を手伝うようになったと記載いただいている方もいらっしゃいました。

家庭円満の秘訣ですね。(勉強になります、、。)

3.在宅勤務による弊害、困ったことなど。

ここでは大きなデメリットはないという方が比較的多数派でしたが
家にいることが長くなることで、光熱費などの増加に伴い、出費が増えたという意見が散見されました。

確かに出社していれば、かからない電気代や冷暖房費、食費などは家にいる時間が長くなれば増加しますよね。

弊社では在宅勤務が始まったタイミングから在宅勤務手当の支給を実施していますので、そういった在宅勤務で余分に発生する出費に充てられるようになっております。

そのほかではネットワーク関係(通信速度の問題)に関しての意見がありました。
自宅からですと、どうしても通信速度が遅く感じる時があるようです。

腰痛・肩こり・体重増加など身体に関わるお悩みや、社員同士のコミュニケーションが不足するという意見も多かったです。

少数派ですが、あるあるだったのが、マンション工事などの騒音や、お子様がいらっしゃる場合は、在宅で働いていると構って欲しくて、仕事中に部屋に乱入されたり、小さいお子様の場合は泣き声が電話や会議中に入る心配が挙げられていました。

4.在宅勤務に欠かせないものや在宅での愛用品を教えて下さい。

ダントツの一位は椅子でした!!(みなさま腰痛にお困りの模様)

また椅子の購入の際には、中途半端な価格帯のものだと、結局買い直しになることがあるようで
奮発しても良いものを購入した方が良い、という意見もありました。
オフィスの椅子はやはりデスクワークに合わせて購入しているので、在宅になって椅子の重要性を実感した方が多いようでした。

確かに弊社へEC立ち上げのご相談をいただく事業会社様で、椅子の取り扱いがある事業会社様の売り上げはコロナ禍で絶好調ですとおっしゃっていることもありました。


以上今回はアンケート結果を4項目ご紹介しました!!

やはり在宅勤務に関しては、メリットデメリットいずれも見られ、社員の方の生活環境により
どちらの方がより働きやすいかは変わってくることを改めて実感できました。

また、在宅勤務になり通勤がなくなったことによる、運動不足にはみなさまお気をつけください!


今回は前編として4項目をご紹介しました。

次回以降残りの項目のご紹介もさせていただきますのでご期待ください!!

株式会社フューチャーショップ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more