1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

バックエンドエンジニアの僕が語るFULL KAITEN開発チームのあれこれ


2020年4月入社、バックエンド開発チームの荻原氏。若くして存在感がキラリと光る期待の星!社長曰く「技術もあり、寡黙なエンジニアらしいエンジニア」で最終面接では即決だったそう!

そんな荻原氏(通称おぎー)が入社してから4ヶ月。彼が感じたフルカイテンの開発チームについてエンジニアらしく簡潔に、

・FULL KAITEN開発チームについて

・おぎー自身について

・使用技術について

率直に語ってもらいます!

FULL KAITEN開発チームについて

ずばり!フルカイテンの開発チームはどんなチーム??

全員で一番いい方法を模索して、実現していけるチームです。
誰かが決めたことに従うだけの人がいない。全員で発言してチームを作っています。

どんな技術を使ってどんな仕事をしていますか??

バックエンドエンジニアとしてサービスのシステム部分の開発を行っています。

顧客のデータをフルカイテンへ取り込むシステムに課題があり、現状の仕組みでは実現できなかったので、AWS(クラウド)やDockerの技術をフル活用した、サーバーレスな新しい仕組みを整えました。また、Version3の開発に向けた要件定義や設計の議論を積極的に行っています。

前職ではフロントエンドやチームリーダーも担当したりと便利屋なみに仕事が幅広かったのですが、フルカイテンではしっかり腰を据えてバックエンド開発に集中できています。

仕事のやりがい、楽しみは?

自社開発システムであることと、ビジネスサイドメンバーとの距離が近いので、お客様に使っていただいての効果などをかなりリアルにフィードバックをもらえます。先日は「導入後”FULL KAITENを利用していない”という状況のお客様はいない」という報告がありました。全社活用してくれているのはすごいなと。

そういうのがより良いものを作ろうというモチベーションに繋がっています。


写真:エンジニア戦隊と名付けてデザインの前田が作った画像。なんでも楽しむ姿勢が会社のカルチャーです。

ビズサイドの人たちとのやりとりはどうしてる??

今リモートワークなので、Slackで「いまからビデオ通話できますか?」などと話しかけて、気軽にビデオ会議しています。会社全体で短くでも雑談時間などを設けていて、普段から話すメンバーばかりなので声をかけやすい雰囲気です。
ビズと開発の橋渡しは開発チームリーダーの高橋がうまくフォローしてくれているのも安心です。

要件定義や仕様においてエンジニアは口出しできる???

口出しできますし、実際にしています。たとえばVersion3の機能Aと機能Bでやれることは一緒だから、片方でいいのではないか?というような提案をしたところ、実際片方の機能は削られることになりました。

メンバーは何人?

現在バックエンド開発チームは3名。開発全体で7名です。既に入社予定のメンバーも控えており、メンバー倍増を目指して絶賛採用活動中です。

目標になるようなエンジニアはいる?どんなところがすごい?

います。全体最適を考えて結論出せる人が多い。私は全体を考えてやるのが苦手なので、非常に助かっています。

ワークスタイルは?

4月、入社した翌日からコロナ対策のため全社フルリモートになりました。6月中旬からは毎週水曜日だけ出勤、他はリモート勤務です。今後コロナの状況で再びフルリモートを検討していますが、afterコロナも基本リモートという体制は続けていくそうです。

FULL KAITEN開発で感じる課題は?

スタートアップなのでまだまだ開発スタイルが確立していない。裏返せば、仕組みづくりをしていけるのはやりがいでもあります。

エンタープライズのお客様がほとんどで規模の大きいデータを扱うので、シンプルに組むと低速になってしまいます。高速化のために、要件とのバランスで機能を削ったり、仕組みを工夫したりするのは楽しいですね。


おぎー自身について教えてください。

フルカイテンに入ったのはどうして??

フルカイテン社では自分がやりたかったバックエンド開発に集中できる環境があるからです。

前職では、所謂フルスタックエンジニアで便利屋状態だったので、自分のキャリアの方向性を固めたいという気持ちがありました。

また、お客様に使っていただいたときにどれだけの価値を生んでいるのか(=社会貢献できているのか)がとても良く感じ取れそうだと思いました。

入社してみて実際にお客様からのフィードバックを聞く機会は多く、自分の技術が弊社のミッションである「世界の大量廃棄問題を解決する。」に貢献していることを実感できています。

どうしてバックエンド開発なの?

自分の性格に合っていると感じたから。書いて終わりではなく、随時検査してやっていきたいタイプなんです。きっちりコンパイルして動くシステムや、きっちり設計されたインフラに惹かれます。そういう意味でバックエンドのシステムをエンジニアとして支えるのが自分には向いてます。

どんな人と働きたい??

良いシステムをつくるためには、個人の思い込みや独断で進めるよりも色んな人の意見があった方がいいと思っています。だから「自分とケンカしてくれる人」、つまり反対の意見をどんどんぶつけてくれる人と働きたいです。

バックエンドチームの使用技術を教えてください。

※2020年8月現在の内容で、今後開発予定のVersion3では違う構成になる可能性があります。

言語
- Python
- SQL
- bash

ソフトウェア/サービス
- PostgreSQL
- Docker
- CircleCI
- elasticsearch
- AWSサービス
- ECS (Fargate)
- Lambda
- Eventbridge
- Redshift
- Step Functions
- S3
- EC2
- RDS

SaaS「FULL KAITEN」の開発チームについて、イメージして頂けたでしょうか??
何か気になることがあれば、いつでもお問い合わせお待ちしております!
カジュアル面談から最終面接までもちろんリモート対応!

開発チームではまだまだ一緒に働いてくれるメンバーを募集中~!!


バックエンドエンジニア
大量データを扱うAI×SaaSのバックエンドエンジニアをWanted!
◆積年のビジネス課題にメスを入れる”AI×SaaS”プロダクト 小売・卸売業様の持つ在庫を文字通り「フル回転」させるべく、機械学習によって在庫問題を解決するためのクラウドサービス『FULL KAITEN』を開発・提供しています。 https://full-kaiten.com/ 「在庫を増やせば売上も増えるが、不良在庫も増えてしまう」 「仕入れを減らせば不良在庫は減るが、売上も減ってしまう」 ”売上増加”と”在庫適正化”は昔から両立が難しく、「在庫」は昔から倒産に直結する非常に重要な経営課題であるにも関わらず、良い解決策はありませんでした。 この積年のビジネス課題である「在庫問題」にメスを入れることで、最終的には、世界中で起きている「大量廃棄」という社会問題にもインパクトを与えることができます。 弊社は在庫への取り組みを通して『世界の大量廃棄問題を解決する』をミッションにかかげ、SDGsの実現に貢献していきます。 あなたの経験や能力を「世の中を良く変える」ことに活かしてみませんか? ◆導入実績 2019年2月のVersion 2のローンチを機に営業活動を本格化させましたが、おかげさまでドーム(UNDER ARMOUR)様、アシックスジャパン様などの大手企業を含め、導入件数が急増しています。 ◆コロナ禍の今だからこそ必要なプロダクト『FULL KAITEN』 2020年8月28日(金)に、NHKにて弊社のSaaS「FULL KAITEN」が「アパレル業界生き残り模索の動き」というテーマで取り上げられました。 コロナショックによる休業・需要消失の影響で大量に売れ残った在庫について、特にアパレル 企業にフォーカスし、かつてない危機の実態に迫っています。 「FULL KAITEN」では蓄積した膨大なデータから、商品ごとに売り切れるまでの期間を試算。担当者がこれまでの経験をもとに予想するよりも早く正確に商品を見分けることが可能になりました。 コロナの影響で問い合わせは10倍に増えています!! (出演動画はこちら!) https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20200828/2000034239.html?fbclid=IwAR2moFR4CMZichfoC0bkxGP0FMSbE7WZdZ1cbzLB3vGiSO8EVpdWLK8cAeg
フルカイテン株式会社


フロントエンジニア
サーバーサイドもAWSも全部できるフルスタックなフロントエンジニアを募集!
◆積年のビジネス課題にメスを入れる”AI×SaaS”プロダクト 小売・卸売業様の持つ在庫を文字通り「フル回転」させるべく、機械学習によって在庫問題を解決するためのクラウドサービス『FULL KAITEN』を開発・提供しています。 https://full-kaiten.com/ 「在庫を増やせば売上も増えるが、不良在庫も増えてしまう」 「仕入れを減らせば不良在庫は減るが、売上も減ってしまう」 ”売上増加”と”在庫適正化”は昔から両立が難しく、「在庫」は昔から倒産に直結する非常に重要な経営課題であるにも関わらず、良い解決策はありませんでした。 この積年のビジネス課題である「在庫問題」にメスを入れることで、最終的には、世界中で起きている「大量廃棄」という社会問題にもインパクトを与えることができます。 弊社は在庫への取り組みを通して『世界の大量廃棄問題を解決する』をミッションにかかげ、SDGsの実現に貢献していきます。 あなたの経験や能力を「世の中を良く変える」ことに活かしてみませんか? ◆導入実績 2019年2月のVersion 2のローンチを機に営業活動を本格化させましたが、おかげさまでドーム(UNDER ARMOUR)様、アシックスジャパン様などの大手企業を含め、導入件数が急増しています。 ◆コロナ禍の今だからこそ必要なプロダクト『FULL KAITEN』 2020年8月28日(金)に、NHKにて弊社のSaaS「FULL KAITEN」が「アパレル業界生き残り模索の動き」というテーマで取り上げられました。 コロナショックによる休業・需要消失の影響で大量に売れ残った在庫について、特にアパレル 企業にフォーカスし、かつてない危機の実態に迫っています。 「FULL KAITEN」では蓄積した膨大なデータから、商品ごとに売り切れるまでの期間を試算。担当者がこれまでの経験をもとに予想するよりも早く正確に商品を見分けることが可能になりました。 コロナの影響で問い合わせは10倍に増えています!! (出演動画はこちら!) https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20200828/2000034239.html?fbclid=IwAR2moFR4CMZichfoC0bkxGP0FMSbE7WZdZ1cbzLB3vGiSO8EVpdWLK8cAeg
フルカイテン株式会社
フルカイテン株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more