This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

asobibaの照明こそはHackのチャンス!asobibaのHueの導入に密着!

こんにちは、カルチャー推進部のローラです!カルチャー推進では常にfreeeのオフィス環境を改善しようとしています。今回はasobibaの新しい機能を紹介したいと思います(^^♪

freeeの「asobiba(アソビバ)」という社内のオープンスペースは、よくイベントに利用されています。



今までasobibaの照明は通常のLED電球を利用していましたが、もっとfreeeのメンバーのクリエイティビティを活かせるものはないかを検討しました。

色んな電球を研究した結果、フィリップスのHueを導入することになりました!


Hueとは?

Hueはフィリップスが提供する「ワイヤレスでスマートな照明」で本来の電球とは違って消費電力が少なく、様々な色や明るさで調整することができます。色に関して、1,600万色から選べることができるそうです!つまり、コスト削減をしながらasobibaの雰囲気を好きなように変えることができます!

もう一つの機能はスマホでの操作です。

スマホで1個1個の電球か複数の電球の明るさ・色が調整できます。こうすることでasobibaのどこにいても簡単に照明を変化させることができます!場所ごとにで色を変えることも可能です!



asobibaの改善を担当したカルチャー推進部のICX(※)担当anikiに聞いてみました!

※ICXとは、Internal Communication&eXperience の略で社内コミュニケーションを専任でおこなっているチームです。

--なんでHueを使う必要があると感じたのですか?

aniki:イベントを企画している時に、照明に関して演出を加えられる手作り感が欲しかったからです。元々音響やマイクも手作りで設置していたのですが、照明も同じようにできたらもっと効果的に伝えたいメッセージが伝えられると思っていました。しかし、照明の工事になるとコストや必要な時間が大きいので、自分たちで電球を入れ替えるだけのHueは一番最適なソリューションでした。

--なぜ手作り感を大切にしているのでしょうか?

aniki:freee社内ではいろいろな人がイベントを作ります。そこに演出の余地があることで、イベントを企画・運営している側にクリエイティビティが生まれ、参加する側もそれを感じることで今までになかった発見やアイデアを生み出すきっかけとなります。「普通じゃない」やり方を探してHackすることは「freeeらしさ」にも繋がります。Hueの導入も一つの体験のチャンスですね。

このように新しいアイディアを生み出すこと、今までなかった新しいソリューションを見つけることはfreeeの価値基準の一つ、「Hack everything★」です。

そして、Hueを設置する日が来ました!

元々asobibaに電球がすごく多いので、カルチャー推進のメンバーで一気に変更の作業を行うことになりました。スマホでの操作を楽にするためにまず各電球に番号を貼り付けました。150個の電球に番号を付けて正しい位置に並べることは大変ですが、スマホでどこの電球を操作しているのかがすごくわかりやすくなります!



これで、作りたい場に合わせて雰囲気を簡単に変えられます!


↑ バレンタインのイベントに向いていそう!


↑ 暖かいオレンジ!ハロウィンにもぴったりですね🎃


↑ 冬のイベントで使えそうなクールブルー

色んな可能性がありますね!

これからfreeersはどのように使っていくのか楽しみです!

freee 株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more