Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

5つの選択とは〜④〜

「5つの選択」とは「卓越した成果」を生み出すための知識とスキルと動機を獲得し、「卓越した生産性」を実現することを目的としたプログラムです。今回はメールなどの対応に奔走されないためにはのテーマになります。

生産性向上にとって最大の脅威は、実はスマートフォンやタブレットなどの生産性向上に開発された新たなテクノロジーかもしれない。これらのツールにメール、メッセージが大量に押し寄せ返信するだけでも多くの時間とエネルギーを消費させられる。生産性の向上を期待して、新しいツールを導入したとしても使い方を誤り雪崩れ的にくるメッセージなどの対応に追われ、新しいツールに使われてしますことが多い。ではどうしたらツールに使われるのではなく使いこなすことができるのだろうか。

まずはメールやメッセージがきたら重要な情報なのかどうかを判断する必要がある。

重要でなければ削除するもしくはゴミ箱に移すことも大事な選択である。

そして重要な情報のみを蓄積、対応していくべきである。その上でセグメント分けし、何かしら(紙もしくはデジタル。あるいは両方)で管理をするべきである。

また、メールなどの情報は①事前策②仕分け③整理の順番で対処すると良い。            不必要な情報は迷惑メール設定をし、仕分けでは適切なフォルダ設定、整理では情報のセグメント分けをするということである。

新しいテクノロジー、ツールは距離が離れていてもコミュニティを形成することができまた、専門家の知識を得ることもできる。しかし余分な情報が多くもたらせられることも多く、時間とエネルギーを余計に消化してしまう恐れも多い。そのために情報を見る時間を決めるなど自分自身を情報から守る必要性も出てきている。無作為に情報を処理するのでなく自分自身を守ることも意識して情報を処理する必要性が出てきている。

フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社's job postings
5つの選択とは〜④〜
運用担当
フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 /

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more