1
/
5

【エンジニアインターン対談】ヒアリングから機能開発まで、実践的に学べる場。フォースタでインターンとして働く魅力とは?

もともとは、インテリアデザインを学びたかった光岡と、ゲーム好きの少年だった朝倉。なぜ、2人はエンジニアを志し、フォースタートアップス(以下、フォースタ)にインターン生としてジョインしたのでしょうか。

今回は、『STARTUP DB(スタートアップデーターベース)』(※国内最大級の成長産業に特化した情報プラットフォーム)の裏側である社内管理システムの開発に挑むエンジニアインターン生にインタビュー。フォースタで働く魅力や仕事内容について伺いました。


モダンな開発環境とスタートアップ支援への共感が決め手

ーー まず最初に、お二人がエンジニアになろうと思った理由を教えてください。

朝倉:もともとゲームが好きで、漠然と「プログラミングやってみよう」と思うようになりました。徐々にWebサービスに興味を持ちはじめ、誰もが知るサービスを見るうちに「自分もいつかそんなサービスを作ってみたいな」という思いが芽生えて。そこからエンジニアを志しました。

光岡:僕の場合は、インテリアデザインを学ぶために進学した大学で、さまざまな科目を選択するうちに、Webに興味を持ちました。最初はWebデザインからはじめて、静的なサイトをつくるうちに、データを扱った機能開発にも幅を広げてみたいなと思って。やってみると、今まで取り組んできたものの中でも難しい部分を感じつつ、達成感も得られたこともあり、エンジニアを目指すことになりました。

ーー なぜ、フォースタでのインターンを選んだのでしょうか。

光岡:僕は長期のエンジニアインターンを探してた時に大事にしてたことが2点あります。

ひとつ目は「よりモダンな開発言語で、成長できること」。流行りをキャッチアップできているかは、自分の中では感度の高いエンジニアチームと感じているため、ひとつの指標にしています。ちなみに『STARTUP DB』は、フロントエンドはNuxt.js、バックエンドはRuby on Railsを使用しています。

ふたつ目は「ビジネススキルや知識を身につけられること」。フォースタではスタートアップ情報に触れられる上、寺田さんのようなプロダクトオーナーの方が近くにいる環境です。ビジネスの全般的な知識がキャッチアップできる場所だと思いました。

それに加えて、友人の起業の話もあり、ちょうどスタートアップに興味を持っていた時にフォースタの募集を見つけて、即応募しました。

朝倉:僕がフォースタを選んだ理由としてはスタートアップ支援が一番大きい要因です。

スタートアップで新しいサービスが出てくると、日本がどんどん活発になっていくと思っています。僕自身「もっと世界と戦っていきたいな」というのが自分の中にあって、それにはスタートアップ支援が必要だなと思ったんです。そのため、フォースタでのインターンに参加することにしました。

それに僕の性格上、スタートアップの中で新しいものを開発していくよりかは、「日本全体をもっと豊かにするために」支援側に回りたいという気持ちがあります。

支援することで、TwitterやFacebookのような世界中の人が使っているすごいサービスと肩を並べるようなものが、日本から出たら…。世界で活躍するスタートアップを生み出すことに、自分としてもすごくワクワクしています。

ヒアリングから開発まで。自分で仕事をつくる手触り感

ーー 現在の仕事内容について教えてください。

朝倉:働く時間の7割は開発業務です。現在は『STARTUP DB』の裏側にあたる社内管理システムの改修・機能開発を進めています。インターン生としてジョインした際にメインで担当するのは、バックエンド開発で、Ruby on Railsを主に採用しています。

人によっては『STARTUP DB』のフロント開発を担うこともあります。弊社のTechLab.(エンジニア組織)では、フルスタックエンジニアを目指すこと推奨しているので、インターン生でもスキルに応じて幅広く担当できます。

今、僕たちが手がけている社内管理システムでは、企業情報以外にも、個社毎に紐づく投資情報や役員情報などを全て管理しています。

光岡:管理システムのユーザーは『STARTUP DB』のデータ更新やメディア記事の作成を担当している社内の専任リサーチャーです。「もっとこうした方が使いやすくなる」や「もっとこうなると効率良く作業ができるので、こうしてほしい」など、実際にユーザーヒアリングをして、その声を元に改修していく形です。

これまでに最も反響が大きかったものとしては、企業情報登録の簡易化です。アップデート前は個社毎に情報をひとつひとつ入力し、保存ボタンを押して登録したら、また前の画面に戻るの繰り返しで入力コストが多くかかっていました。

改修後は複数の企業の情報をそれぞれ入力したら、1度だけ保存ボタンを押せば一気に登録が完了するようにしました。リリースした際にはユーザーに喜んでもらえて嬉しかったです。

ーー 実際にサービスを使ってくれたユーザーからの声をリアルに聞けるのは嬉しいですね。今後はこれ以外の業務にもチャレンジする予定はありますか。

朝倉:はい、あります。エンジニアインターン生で新しい社内サービスを考えるチャンスをいただいています。

光岡:最近では、社内の業務効率化に繋がるような新しいサービスを、Reactで作れないか検討中です。Reactを使える環境を整えておくことで「若手のエンジニアが勉強できる状況をつくっていきたい」という、エンジニアの竹内さんからの発案で動きはじめているところです。

朝倉:この取り組みでリサーチャーがより効率良く、よりレベル高く、結果を出しやすい環境づくりに自分たちの力で貢献できたらいいなと思っています。

ーー フォースタートアップスのエンジニアインターン生は、どのように開発していますか。

光岡:まず、インターン生も社員も関係なく、優先度が高いものから順に進めていきます。本当に急を要するタスクの場合は、社員の方々が行いますが、通常は関係ありません。

機能開発は社員の方々やエンジニアインターン生同士で質問しながら行い、最終的に社員の方にコードレビューをしていただき、実際にサービスに反映しています。

ーー 業務時間の残りの3割は、どんなことをされているのでしょうか。

光岡:残りの時間は社内勉強会やミーティング、ヒアリングです。社内勉強会は2つあり、それぞれ1週間に1回ずつの開催です。全て業務時間内で行っています。

勉強会のひとつは「スキルアップ」と呼ばれる技術書の輪読会です。社員・インターン生問わず、エンジニア全員が前もって課題の本を読んできた状態で、気づきを共有します。たとえば「自社のサービスはここはできているよね」「でも、ここがまだできてないよね」というように、仕事に直接活かしていける学びを得られます。

もうひとつは文字通り「勉強会」と呼ばれていて、毎週1人の担当者を決め、その人が勉強してきたことを皆さんに発表・共有する場となっています。出社されてる方とリモートワークの方がいるので、Zoomを使っていますが、コメントで場を盛り上げた中で発表するのが通例です。

インターン生も、挙手すれば発表できます。僕の場合は上半期のOKRとして月1回で発表する目標を持っていて、何回か発表しました。

ーー もし良ければ、勉強会の資料を見せてもらえますか。

光岡:これが僕の勉強会資料です。以前、外部のISUCONに出場して、その時の学びを発表しました。実際に現場でエンジニアとして働く上で「動く・動かないだけでなく、どれだけ負荷を軽減させながら、その機能を動かすか」というのが大事です。実務に特化した大会だったこともあり、仕事に関連性があると思い、共有しました。

▲3人1組でそれぞれ担当を決め、「あるデータを取得するときに、どれだけ処理を軽くできるか」を競ったのだとか。

朝倉:社内の勉強会は、幅広い内容で発表できるので面白いです。僕も今度はじめて発表があるので、今からドキドキしています(笑)。

プログラミングスキルと質問力が身につく。現場で働くということ

ーー この仕事をしてみて、どのようなスキルが身につきましたか。

朝倉:僕はまだジョインして2ヶ月ですが、プログラミングスキルと質問力が鍛えられている実感があります。

プログラミングスキルについては、自分の好きなことを追求して開発をするわけではない分、より実践的なスキルが身につきました。たとえば、負荷がかからないコードを考える力やもっと簡潔なコードを書く力です。

それに紐づいて質問力も養われました。「この課題を解決するために、こういうコードを書きたいと思っているのですが、こういう方向であっていますか?」と質問ができるようになったと思います。

光岡:僕も質問の仕方のところで「こういうふうに考えてるんですけどどうですか。方法として、これとこれがあって、どちらもメリット・デメリットあって、最終的に判断できませんでした」と具体的なところまで落とし込んで質問するようになり、質問力が上がったと感じています。

また、プログラミングの方では、現場で必要なスキルが身についてきたと思います。これまで個人で独学で開発していた時は「機能が動けば完成」という状態でしたが、ジョインしてからは変わりました。

例を上げると、「その機能が動く上で、どのようにパフォーマンスチューニングしていくか」まで考えたプログラミングです。

「ページの表示速度が1秒遅いと何%のユーザーが離脱する」といった数字も分かるので、ページの表示速度を速くしたり、負荷をかけない方法を考えたりしながら、コードを書くようになります。これは、やっぱり現場に入らないとわからないことでした。

ーー 最後に、今後の目標について教えてください。

朝倉:どこでも通用するエンジニアになっていきたいと思っています。

そのためにもまずは、フォースタのシステムをより良くしていきたいです。もっと積極的にチャレンジして、主体的にチャンスを掴んで成長していきたいと思っています。

光岡:直近の目標ではありますが、まずは自分が担当する社内管理システムを使っているリサーチャーの業務を効率化を目指します。

リサーチャーの業務が効率化された先に、『STARTUP DB』のデータがよりスピーディに充実していけば、弊社クライアントであるスタートアップへの支援にも繋がると思います。

インターン生という肩書きではありますが、そこにとらわれることなく、チームの一員としてスタートアップ支援に携わっていきたいです。そして、自分の仕事がより多くのスタートアップに波及したら良いかなと思っています。

ーー 光岡さん、朝倉さん、お話ありがとうございました!


フォースタでは積極募集をしています。

新卒採用|エンジニア
23・24卒|スタートアップ支援の基盤となる自社プロダクトの開発エンジニア
フォースタートアップスは、「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成⻑を支えていく」 ために、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進しています。 国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援ならびに人的資源のマッチングや、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム『STARTUP DB(スタートアップデータベース)』の運用、及び、大企業とのビジネス共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組んでいます。 ※『STARTUP DB』とは 国内最大級の成長産業領域に特化した情報プラットフォーム。企業データベースは、13,000社を越える日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計150名以上のインタビューコンテンツをリリースしている。2021年3月にスタートアップの新規事業創造を支援する「ENTERPRISE β版」機能をリリース。( https://startup-db.com/ ) ※『STARTUP DB』の歴史 2018年5月:サービス公開 2019年3月:企業データベース10,000社突破 2019年6月:インタビュー記事100本突破 2019年6月:企業データベースの英語版リリース 2019年7月:Crunchbaseとの事業提携 2019年8月:東京大学と共同研究開始 2020年1月:Forbesとのコンテンツ連携開始 2020年2月:大阪大学大学院と共同研究開始 2020年3月:関西学院大学と共同研究開始 2020年4月:企業データベース12,000社突破 2020年5月:スタートアップ向けの無料会員機能「STARTUP DB CLUB」リリース 2021年3月:サービスリニューアル、「ENTERPRISE β版」リリース など
for Startups, Inc.
フロントエンジニア
STARTUP DB|スタートアップ支援の仕組みを作るフロントエンド募集!
フォースタートアップスは、「世界で勝負できる産業や企業、サービス、人を創出し、日本の成⻑を支える」ために”for Startups”をビジョンに掲げる企業です。起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進しています。 ミッションは「(共に)進化の中心へ 」。日本を代表するグローバルスタートアップ企業を生み出すため、「人材」と「資金」を質・量ともに提供する、新しい形の“ハイブリッドキャピタル”を目指しています。 【今後の展望】 ◎日本に必要なこれから伸びる”成長産業の支援インフラ”の構築を目指す ◎2024年まで年率30%成長を計画、社員数も倍増予定 ◎2021年、投資事業を行う子会社フォースタートアップスキャピタル合同会社を設立 ▼詳しくはこちら https://is.gd/KQr7jp 【具体的なサービス内容】 ◎Talent Agency(https://is.gd/R60NFi) スタートアップからIPO後も急成長をつづけるベンチャー企業を人材観点からご支援。VCの有識者や企業の経営層などから得た情報を元に、ヒューマンキャピタリストが求職者のキャリア、経験、才能を最大限発揮できる成長企業への転職に伴走しています。 ▼支援事例 https://www.forstartups.com/challengers ◎起業支援(https://is.gd/Qb0ofH) シード投資専門VCや大学研究機関等と提携した起業支援サービスを展開。起業家の絶対数を増やし、競争環境の醸成と成功例の増加、起業文化の成長を促進しています。 ◎Open Innovation(https://is.gd/oJinNI) 国内最大級の成長産業データベース『STARTUP DB』(https://is.gd/CX7FFo)を活用し、大企業・官公庁・自治体とスタートアップ企業の連携を促進するサービスを提供しています。 【関連動画・記事】 ▼私がfor Startupsに入社した理由、メンバー紹介 https://www.wantedly.com/feed/s/net-jinzai-bank ▼ヒューマンキャピタリストとは https://ux.nu/VWabm ▼EVANGE - ニューエリートをスタートアップへ誘うメディア https://evange.jp/ ▼日本を代表する起業家・投資家の皆さまにご来社いただき社内勉強会を開催 https://www.wantedly.com/feed/s/guest
for Startups, Inc.
学生 | デザイナーインターン
国内スタートアップのトレンドに触れながらデザインスキルを高めたい学生募集!
フォースタートアップスは、「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成⻑を支えていく」 ために、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進しています。 国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム『STARTUP DB(スタートアップデータベース)』の運用、及び、大企業とのビジネス共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組んでいます。 ※『STARTUP DB』とは 国内最大級の成長産業領域に特化した情報プラットフォーム。企業データベースは、13,000社を越える日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計150名以上のインタビューコンテンツをリリースしている。2021年3月にスタートアップの新規事業創造を支援する「ENTERPRISE β版」機能をリリース。( https://startup-db.com/ ) ※『STARTUP DB』の歴史 2018年5月:サービス公開 2019年3月:企業データベース10,000社突破 2019年6月:インタビュー記事100本突破 2019年6月:企業データベースの英語版リリース 2019年7月:Crunchbaseとの事業提携 2019年8月:東京大学と共同研究開始 2020年1月:Forbesとのコンテンツ連携開始 2020年2月:大阪大学大学院と共同研究開始 2020年3月:関西学院大学と共同研究開始 2020年4月:企業データベース12,000社突破 2020年5月:スタートアップ向けの無料会員機能「STARTUP DB CLUB」リリース 2021年3月:サービスリニューアル、「ENTERPRISE β版」リリース など
for Startups, Inc.
学生 | デザイナーインターン
社内プロダクトのUI/UX改善を担ってくれる学生インターン大募集!
フォースタートアップスは、「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成⻑を支えていく」 ために、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進しています。 国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム『STARTUP DB(スタートアップデータベース)』の運用、及び、大企業とのビジネス共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組んでいます。 ※『STARTUP DB』とは 国内最大級の成長産業領域に特化した情報プラットフォーム。企業データベースは、13,000社を越える日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計150名以上のインタビューコンテンツをリリースしている。2021年3月にスタートアップの新規事業創造を支援する「ENTERPRISE β版」機能をリリース。( https://startup-db.com/ ) ※『STARTUP DB』の歴史 2018年5月:サービス公開 2019年3月:企業データベース10,000社突破 2019年6月:インタビュー記事100本突破 2019年6月:企業データベースの英語版リリース 2019年7月:Crunchbaseとの事業提携 2019年8月:東京大学と共同研究開始 2020年1月:Forbesとのコンテンツ連携開始 2020年2月:大阪大学大学院と共同研究開始 2020年3月:関西学院大学と共同研究開始 2020年4月:企業データベース12,000社突破 2020年5月:スタートアップ向けの無料会員機能「STARTUP DB CLUB」リリース 2021年3月:サービスリニューアル、「ENTERPRISE β版」リリース など
for Startups, Inc.
for Startups, Inc.'s job postings
56 Likes
56 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more