1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

2020年の個人目標


2019年ももうすぐ12月。

昨年は最後の投稿に目標を投稿したのですが、来月は
ちょっと書きたいことがるので、1月早いですが、
2020年の個人的な目標をブログに残しておこうと
思います。

1.リセノの安定運営

昨年の目標の記事に書いていた目標

 1.継続的な読書

 2.ニッチブランドへのスタート

については、継続的な読書を行ったことにより、
そこから学び取った事柄にチャレンジしたことで、
大きな成功を得ることができました。

本当に読書をしたおかげでの方向転換であったので
読書から学ぶことの重要性をあらためて実感しました。

また、ニッチブランドへのスタートにおいても、
オリジナル家具の開発から、動画へのアプローチ、
また、12月リリース予定の事項までニッチになる
ための様々なチャレンジをスタートできました。

2019年にリセノは大きく生まれ変わったと思います。

28歳でスタートした会社ですが、いままでは胸を
張って「経営している」とは、なにか偉そうに言う
ものじゃないという気がしてましたし、実際にも
経営しているというよりは、初期衝動的に走り続けて
いるといった方が間違いなく合っていたと思います。

ただ、苦難の時期を乗り越え、ブレイクスルーという
本でいうところの「タフタイム大学に2年間通った」
ことにより、会社を経営するという事を、胸を張って
言えるほどに、僕自身成長したと思います。

そして、今年です。

昨年は良い結果を出せましたし、それは5月頃からの
チャレンジに寄与する部分が多く、尻上がりに良く
なってきています。

なので、今年は、通年を通じてこの良い状態を保ち
続けることが至上命題であり、それこそが、僕が
経営者としての確固たる自信を得ることにつながると
思っています。

ボクシングでいうところの「チャンピオンになるより
防衛するのがはるかに難しい」というやつです。

しっかりと初防衛戦を、最高の結果で飾れるように
頑張ろうと思います。

2.新たなチャレンジ

新たなチャレンジとして、なにか新規事業を起こそう
かと考えています。

いまのFlavorを創業してからの13年は、リセノという
名前を強く・大きくするためにすべてを捧げてきました。

「ダメになったら、いつでも辞める」的な若者らしい
ことを立ち上げから数年間は、しょっちゅう言って
いましたが、それから10年。

いまでは会社に関わるメンバーも多くなり、規模も
大きくなったことで、さすがにすぐに辞めるとは
言わなくなってきましたが。

すぐに辞めるつもりはありませんが、いままでに
学んできたことを活かして、新たな事業にも挑戦
したい気持ちが出てきたのも事実です。

外部の会社から褒めていただける特長的なスキルも
付いてきたので、リセノという大きな看板を外して、
ミニマムながらも、気楽に楽しめるような事業を
スタートしてみようと思っています。

まだまだ、考えている途中ですが。

でも、2020年中にはなにか事業計画的なものを
こしらえてみようとは思っています。

というわけで、来年もお願いいたします。

大きな継続目標と、小さな挑戦目標。

どちらも自分的には楽しく、面白く、大変な目標です
ので、来年はこの2つにしておきます。

来年も月1更新を頑張って保ちますので、どうぞ
宜しくお願いいたします。

株式会社Flavor's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more