1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【CEOインタビュー】学生起業から丸3年。女性社長が今見据える"会社の未来"とは。


こんにちは。
株式会社FinTの山口あさ美(あさみん)です!

第1回の深津第2回の私につづき、3回目の今回はなんと、、CEOの大槻祐依(以後ゆいさん)にインタビューします!今までも沢山メディアなどで取り上げられてきましたが、幼少期の話から彼女の直近の目標など社内インタビューならではの話を根掘り葉掘り聞いてみました。

まずはゆいさんについて簡単に紹介します。

大槻祐依
・1995年10月29日生(現在24歳)
・早稲田大学文化構想学部卒
・大学の起業家養成講座という授業でのビジコンで優勝
・優勝特典のシリコンバレー研修に参加して以来、スタートアップに興味を持ち、East Ventures, 株式会社Candleでインターン
・2017年3月に株式会社FinT設立
・焼肉が大好き

これだけでは伝わらないゆいさんの魅力をたくさんお伝えします!


ーーーゆいさん、お願いします!
まずはゆいさんの幼少期について聞きたいです。どんな子供時代でしたか?


幼少期について一番記憶に残っているのは、小学6年生の頃に挑戦した「バスケ」と「受験」です。
バスケはもともとやっていて、受験を機に周りからやめた方がいいと言われました。バスケの監督にも、受験をするならやめろと言われました。

ただ、両方の成功を掴みたいと思っていました。どちらもガムシャラに頑張りました。その結果、バスケは区選抜に選ばれ、受験も第一志望校に合格。

批判されても自分を信じて挑戦することの大切さを知った大事な経験です。

その一方で、子供向けのビジネス番組を見たりして世の中の仕組みを知ることもしていました。その時はただただ楽しくて見ていましたが、共働きの両親は社会について学ぼうとさせてくれていたのかもしれないです。


仕事と育児、女性はどちらかを選ばなければいけないという現実を突きつけられた。


ーーーとてもゆいさんらしいエピソードですね!大学についても聞かせてください!


大学は推薦で早稲田に入学しました。受験が終わって暇だった時は、ケーキ屋さんでバイトしてオペレーションの悪さに気づき、店長にパワポで指摘したこともありましたね笑

大学に入ってからは最初遊んでいましたが、シリコンバレーに行って「起業家」の方に出会い、自分の意識が変わりました。

シリコンバレーに行けたのは、大学在学時にビジネスプランコンテストで優勝したことで得られた権利です。シリコンバレーで色々な方とお会いしました。最も印象に残っているのは、Appleのスティーブ・ジョブズさんも最初は普通であったこと。ただ、人一倍思考を回して、努力をして、大きな成功をしています。ここで私の意識が変わりました!

また、シンガポールに1年留学に行き女性起業家の元でインターンをしたのも忘れられない思い出です。
シンガポールでは海外で活躍するたくさんの日本人女性に会ったのですが、そこで出会う女性はみなさん出産や育児を諦めている。やはり仕事と育児の壁は厚いのか。。そんな現実にがっかりしている自分に気づき、何とかできないかなと考えていました。


そんなことを考えながら帰国して何をしようかと考えていた時、自分で環境を好きに変えられて学生でも裁量権のあるスタートアップでがっつりインターンをしようと思い、Candleに入社しました。


そこで周りの同僚が当たり前のように起業し始める姿をみて、自分も起業しました!その時は大学3年生でした。


ーーー本当にたくさんの経験をされていますよね!起業してからのお話を聞きたいです。


最初はフィンテックの領域で共同創業という形で起業し、「学生とフィンテックを近づける」をテーマに給与前払いサービスを立ち上げました。金融業界の多くの方々とお会いして業界構造などを勉強したのですが、歴史がある業界であるが故に、多種多様な障害が多くスケールに時間がかかると判断し、FinTの1つ目の事業はピボットをすることになりました。その後は会社は存在していますが、サービスがない期間が続きました。その期間が今までで一番辛かったです。

色々試した中で、一番成功したのは女性向けメディアSucle。自分の経験を元に、自信を持った女性を増やせればいいなと思い、開始しました。その中で、Instagramは世界観だけではなく、しっかり数値を追って投稿することの重要さに気づき、培った知見を生かしてInstagram運用代行事業を2019年の2月に開始しました!

そこから走り続け、今に至ります。
1年前までは全体で4人しかいなかったのに、今では全体で20名ほどの組織になりました。大人数で行ったクリスマス会はとっても楽しかった!

クリスマス会での写真


挑戦する人にたくさん機会を与えられる会社にしたい


ーーークリスマス会は本当に楽しそうにしてましたよね!
今後について、FinTをどういう会社にしたいですか?


ズバリ、「挑戦する人にたくさん機会を与えられる会社」にしたいです!

とにかく色々な方が活躍できるような環境を提供したいと思っています。FinTに関わる人は皆幸せになってほしいんです。働き方は志向性によって異なるかと思うので、常勤コアメンバーは成長意欲高く働いてほしいですし、アルバイトの方はリモート勤務可ですし、自由な働き方をしてもらっています。

その分、FinTに在籍する一人ひとりがロールモデルになってもらいたいです。私の場合は、起業家というロールモデル、そして働く女性としてのロールモデル。

そして、Instagramに限らず沢山の事業部を作り、みんながハッピーに働ける会社にしたいんです。そのために、環境を言い訳にせず、頑張れる人をメンバーにできたらなと思っています!


ーーー私も一緒に頑張ります!
それでは最後にゆいさんの人生の目標を聞かせてください!


はい!自分や自分の会社が、周りの人に新しい視点を与えられるようになれればと思います。
例えば、FinTではインターン生にはたくさんコミットしてもらう分沢山のチャンスをあげれるようにしていますが、アルバイトさんにはリモートで好きな時間にお金を稼ぐことができる仕組みにしています。私の力は間接的であっても、誰かに「新たな道」を与えられる存在になりたいんです。


ーーーなるほど!
ゆいさんのいつも元気な姿にたくさん助けられています。これからもよろしくお願いします!


FinTでは下記ポジションを募集しております!

<アカウントコンサルタント>

本質的な支援を
FinT を通じて自分に自信を持つ世界を!アカウントコンサルタント募集
--- FinTは「世界をまるごとハッピーに。」というビジョンを掲げ、領域にとらわれず、 メンバーそれぞれが好きや得意なことでチャレンジを重ねていく会社を目指しています。 現在は、自分たちの好きで得意な領域であるSNSマーケティング領域を軸に、事業展開をしております。 ----- ■ライフスタイルメディア「Sucle」  Instagram: https://www.instagram.com/sucle_/ 媒体資料: https://drive.google.com/file/d/1aVpwpik9mUilG6duZ2D8bOjN4kHJqWDu/view Sucleという女性向けメディアの運用を行っています。『今日のわたし、愛しいわたし』をコンセプトに、最新の「かわいい」を発信することで、自分に合ったものを見つけて、一歩踏み出すきっかけを作りたいという想いを込めて作ったメディアです。 2017年にオリジナルアカウントである@sucle_をリリースし、その後@sucle_cosme/ @sucle_lifestyle /@sucle_gourmet を含めてInstagram総合フォロワー数60万人を突破しました。 ■SNSマーケティング事業 ー運用代行・インフルエンサーマーケティングー メディア事業のSucleで培った知見をもとに、企業様のInstagramを起点としたマーケティングの課題解決を行なっています。適切なアカウント設計を元にしたInstgramの運用はもちろん、それぞれに適したインフルエンサー施策やタイアップ広告のご提案など、認知から購買まであらゆるプランを展開しております。私たちは消費者ファーストの視点を前提に、誠実な姿勢でマーケティング活動を行っていきます。その上で、自社で確立された独自の成功法則や、流行に敏感で感度の高いメンバーで構成された仮説の検証体制により、アカウントのエンゲージメントを高め、現在累計70以上のアカウントを運用させていただいております。 ▼株式会社FinT https://fint.co.jp/  ▼Instagramで発信もしています!会社の雰囲気知りたい方必見です! https://www.instagram.com/fint_pr/  
株式会社FinT


<ディレクター>

成長志向のあなたへ
ターゲットはインスタ女子?!急成長中のスタートアップにてディレクター募集!
--- FinTは「世界をまるごとハッピーに。」というビジョンを掲げ、領域にとらわれず、 メンバーそれぞれが好きや得意なことでチャレンジを重ねていく会社を目指しています。 現在は、自分たちの好きで得意な領域であるSNSマーケティング領域を軸に、事業展開をしております。 ----- ■ライフスタイルメディア「Sucle」  Instagram: https://www.instagram.com/sucle_/ 媒体資料: https://drive.google.com/file/d/1aVpwpik9mUilG6duZ2D8bOjN4kHJqWDu/view Sucleという女性向けメディアの運用を行っています。『今日のわたし、愛しいわたし』をコンセプトに、最新の「かわいい」を発信することで、自分に合ったものを見つけて、一歩踏み出すきっかけを作りたいという想いを込めて作ったメディアです。 2017年にオリジナルアカウントである@sucle_をリリースし、その後@sucle_cosme/ @sucle_lifestyle /@sucle_gourmet を含めてInstagram総合フォロワー数60万人を突破しました。 ■SNSマーケティング事業 ー運用代行・インフルエンサーマーケティングー メディア事業のSucleで培った知見をもとに、企業様のInstagramを起点としたマーケティングの課題解決を行なっています。適切なアカウント設計を元にしたInstgramの運用はもちろん、それぞれに適したインフルエンサー施策やタイアップ広告のご提案など、認知から購買まであらゆるプランを展開しております。私たちは消費者ファーストの視点を前提に、誠実な姿勢でマーケティング活動を行っていきます。その上で、自社で確立された独自の成功法則や、流行に敏感で感度の高いメンバーで構成された仮説の検証体制により、アカウントのエンゲージメントを高め、現在累計70以上のアカウントを運用させていただいております。 ▼株式会社FinT https://fint.co.jp/  ▼Instagramで発信もしています!会社の雰囲気知りたい方必見です! https://www.instagram.com/fint_pr/  
株式会社FinT



上記したポジション以外にも多数ポジションを準備しております。<オープンポジション>もございますので、お気軽に話を聞きに来てください!

社会人向け・オープンポジション
オープンポジション!活気溢れるSNSマーケ事業を盛り上げたい人待ってます!
--- FinTは「世界をまるごとハッピーに。」というビジョンを掲げ、領域にとらわれず、 メンバーそれぞれが好きや得意なことでチャレンジを重ねていく会社を目指しています。 現在は、自分たちの好きで得意な領域であるSNSマーケティング領域を軸に、事業展開をしております。 ----- ■ライフスタイルメディア「Sucle」  Instagram: https://www.instagram.com/sucle_/ 媒体資料: https://drive.google.com/file/d/1aVpwpik9mUilG6duZ2D8bOjN4kHJqWDu/view Sucleという女性向けメディアの運用を行っています。『今日のわたし、愛しいわたし』をコンセプトに、最新の「かわいい」を発信することで、自分に合ったものを見つけて、一歩踏み出すきっかけを作りたいという想いを込めて作ったメディアです。 2017年にオリジナルアカウントである@sucle_をリリースし、その後@sucle_cosme/ @sucle_lifestyle /@sucle_gourmet を含めてInstagram総合フォロワー数60万人を突破しました。 ■SNSマーケティング事業 ー運用代行・インフルエンサーマーケティングー メディア事業のSucleで培った知見をもとに、企業様のInstagramを起点としたマーケティングの課題解決を行なっています。適切なアカウント設計を元にしたInstgramの運用はもちろん、それぞれに適したインフルエンサー施策やタイアップ広告のご提案など、認知から購買まであらゆるプランを展開しております。私たちは消費者ファーストの視点を前提に、誠実な姿勢でマーケティング活動を行っていきます。その上で、自社で確立された独自の成功法則や、流行に敏感で感度の高いメンバーで構成された仮説の検証体制により、アカウントのエンゲージメントを高め、現在累計70以上のアカウントを運用させていただいております。 ▼株式会社FinT https://fint.co.jp/  ▼Instagramで発信もしています!会社の雰囲気知りたい方必見です! https://www.instagram.com/fint_pr/  
株式会社FinT
株式会社FinT's job postings
24 Likes
24 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more