1
/
5

【自分史】大阪で就職したかった私が、上京してフェズに入社を決めたワケ。20卒、守本の話。

プロフィール

【名 前】守本さとり
【出身地】大阪府
【出身大学】大阪国際大学
【現在の所属】マーケティングソリューション部
【現在の業務内容】web広告の運用・プランナー


今までの経歴

はじめまして。20卒フェズ新卒入社の守本さとりと申します。
現在、マーケティングソリューション部でweb広告に関わる仕事をしています。



今年上京するまでは、ずっと大阪に住んでいた生粋の大阪っ子です。笑

大学時代は、1万人規模のファッションショーを作る学生団体や企業の長期インターンなど学外での活動に力を入れていました。
おかげで単位ギリギリでの卒業でしたが、何にも変えがたい仲間や、学生ではなかなか経験できないことをたくさんできた大学時代は、私にとってとても大切な宝物です。


学生時代所属していた学生団体のチームリーダーの集合写真



フェズに出会ったきっかけ、フェズでやっていること


就活中、エージェントにオススメされた就活イベントに参加しました。

そこに参加していた会社の中の1つがフェズでした。
当時大阪で就職したいと考えていた私は、事前にHPをみていた時、面白そうな会社だけど東京だしな〜とそれ以上何か思うことはありませんでした。

しかし、実際参加してみて ”3年後ミドルマネージャーになれる人を探している”という伊丹さんの言葉や空気感が

若手の頃から裁量を持って仕事をしたい

と思っていた私には魅力的に映り、最後まで悩んだ結果フェズへの入社を決めました。
内定承諾の決定打になったのは、裁量を持てるということに加えて、

それぞれの分野で第一線で活躍している人たちがこの会社にはいる

ということです。


「ロールモデルの実力ー今の自分の実力=成長幅」というところで、きっとこの人たちの当たり前が自分の当たり前になれば、成長幅がぐんと伸びる、そう思ったことが大きな決め手だったと思います。



今フェズではweb広告の運用と、クライアントとのコミュニケーションや新規媒体の提案などを行うプランナーの仕事をしています。

web広告の業界は、結果が数字として如実に現れるため、結果を出さなきゃというプレッシャーもありますが、その分結果が出たときの嬉しさも大きいです。

また、フェズは若手の頃から裁量権が大きく、もっというと自分でやらなきゃ何も前に進まないという環境なので、怯むこともありますが、どんな時でも質問いいですか?というともちろん!と言ってくれる先輩方や上司に囲まれて、悩みながらも日々楽しく仕事をしています。



人材ではなく「人財」と書くあたりがフェズらしいなあと思い撮った写真です。笑



今後の夢・成し遂げたいこと、自分史


「3年後フェズの大阪支社を立ち上げて、大阪に帰る」


これが私がフェズで成し遂げたいことです。

家族が大好きな私にとって、家族の近くにいるというのは人生の優先度として5本の指に入るくらいに大切なことです。
そんな私が、寂しさや不安を抱えながらもフェズに入社したのは、それを推進力に変えて成長したかったから。

その目標の最終地点が大阪支社立ち上げです。

高い壁だということは理解してます。
しかし、どんな夢でも笑わず、「いいじゃん頑張ろう!」と言ってくれる人が多いこと、
同じようにそれぞれの夢に向かって頑張っている人を見て、自分も頑張ろうと思えるフェズの環境はとてもいいな
と、この記事を書いていて改めて思います。


また最終的には、

どんな環境でも前を向いて自分の力で歩いて行けるそんな強さを持った人になる。

それが私の夢であり、なりたい人物像です。
そのためにもフェズで成長を意識しながら1日1日を大事に頑張りたいです。



終わりに

第三回自分史を語る記事、いかがだったでしょうか。
フェズには自分の夢を叶えるため、日々成長できる環境があります。
自分の夢に向かって一緒に成長していきたいと思ってくださった方はエントリーお待ちしております。



フェズでは一緒に活躍してくれる方を募集しております!

少しでも興味を持っていただいたら「話を聞きに行きたい」を押してくださいね!

新卒の方に読んでいただきたい記事:https://www.wantedly.com/companies/fez-inc/post_articles/65038
中途の方はまずこちらから:https://www.wantedly.com/projects/285434

株式会社フェズ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more