Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

子供達の笑顔いっぱい「こども夢の商店街」の裏側を少しだけお見せします

こんにちは!ユメ・フルサトイベントディレクターの中川です。

前回は「こども夢の商店街」開催当日の開場準備について書かせてもらいましたが、今回は開場から撤収までの紹介をしたいと思います。

【開場】

全ての職場、子供達のお店屋さんの場所、全ての準備が整うといよいよ開場となります。

「こども夢の商店街」は、その名の通り子供達がイベントを運営していますが、開始直後が一番重要でここでしっかりイベントを構築しておかないといけません。そのため、最初に働きに来る子供達には、開始直後に必要な職場、放送局、領事館、ハローワークに入ってくれるように子供達を誘導してあげます。もちろん、子供達にはやりたいオシゴトをやってもらいますが、イベントを動かすためには必要な箇所が滞らないようハローワークの求人を予め設定しておきます。特に放送局は、会場に流すアナウンスをしてもらいますので、子供達の声が響くか響かないかで会場の雰囲気は全然違ってきますからね。

その頃には、お店屋さんはみんな準備が整ってきています。ですが!お店屋さんにはルールがあります。特に大事なのが、「決められた枠の中でお店を出す」「枠の中には保護者が入って手伝ってはいけない」となっており、開始直後はどうしてもルール違反が目立ってしまいます。そこで警察が取締りに動きます!逮捕されてしまう子供達は、笑って捕まる子、反省して捕まる子まではいいですが、泣いてしまう子、怒りだす子もいたりします。ですが、そこはルールなので毅然とした態度で対応します。ですが、無理やり逮捕するのではなく、子供にもルールを理解してもらって納得してもらうのが大事です。そのためには、泣いていても怒っていてもしっかりルールを伝えて納得した上で逮捕します。子供の扱いに慣れてない学生には中々難しい時もあったりしますので、その時は二児の父でもある私の出番でもあります。笑

こども夢の商店街では参加する子供達、ボランティアに対して自主性を大切にしています。ただこちらから一方通行に伝えるのではなく、こちらが伝えたことを理解してもらった上で、行動してもらえるように取り組んでいます。そうすることで、やらされ仕事ではなくなり、自分で考えて仕事するようになっていきます。

最初は何もできなかった子供がイベントの終わる頃には、自分から積極的に動いているなんてこともよくありますよ!

少し話は逸れてしまいましたが、開場後は会場全体の雰囲気を良くするためにも細かなところまで目を配り、指示したり調整したりしていきます。ここを確実にこなしておけば、そこからは子供達がしっかりイベントを回してくれますので、運営側は昼頃にはひと段落といったところです。

開催中の様子については、昨年から開始したオシゴト「ユーチューバー」が紹介してくれていますので、YouTubeで「子供夢の商店街」を検索してご覧ください!

【閉場】

ひと段落したのも束の間、閉場の時間が近づくと撤収に向けての準備を進めます。全ての職場長へ撤収指導を行います。そして、閉場時間がきたら一気に片付けます!楽しいイベントなので、少しでも長く開催していたいという気持ちもありますが、そこは時間厳守!運営側が撤収しないと子供達のお店もなかなか閉店してくれません。

撤収時間が限られているので、かなり慌ただしく動いていますが子供達からは、「楽しかった!」「こんなに売れたよ!」「次はお店屋さんを出したい!」など、みんな笑顔いっぱいで話しかけてきてくれます。さらに保護者の方からも「素敵なイベントをありがとうございました。」「今度はぜひ○○で開催してください。」というお言葉も頂けたりします。

さらにボランティアの学生からも「ありがとうございました。」「楽しかったです。」「素敵な経験ができました。」など、もう歓喜のシャワー状態です。笑

この瞬間が本当に嬉しいですね!イベントを開催してよかったという達成感がすごいです。

とういう感じに1日のイベントはあっという間に終わってしまいます。当日は、正直かなりしんどいですが、最後の歓喜のシャワーで全部洗い流されます笑

こども夢の商店街を通して、参加した子供はもちろん、一緒にきてくれた保護者、おむすび通貨の加盟店さん、会場となるスポンサー様などいろいろな人と繋がり、コミュニケーションができることは私たちの喜びでもあります。そして、おむすび通貨を使って新しい繋がりへと発展していって欲しいと願っています。

ユメ・フルサトでは全国各地でこの「こども夢の商店街」開催できるように、イベントディレクター、学生監督できる仲間を募集しています!少しでも興味を持ってくれた方はぜひ一度、話を聞きにきてください!オンラインでも実施していますので、愛知から離れていても遠慮せずにご連絡ください!

一般社団法人ユメ・フルサト's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more