Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「地域×金融×デジタル」をテーマにイベントを開催しました!

エメラダが開催したイベントについてご報告します。

エメラダは昨日5月16日に「地域×金融×デジタル」をテーマにイベントを開催いたしました。当日は地方銀行・第二地方銀行・信用金庫の新規事業やFinTech推進等の担当者、官公庁・地方自治体の地域振興等の担当、マスメディアの方々など非常に多くの方にご出席いただきました。

地方と地方、地方と東京を相互につなぎ、金融のデジタルトランスフォーメーションという大枠で、参加者と登壇者の相互のリレーションをより強めることや、取組みの実行力を高めていくこと目指したイベントです。今回はエメラダをはじめ株式会社カウリスや株式会社CAMPFIREも参加しました。

その中でエメラダからは、COOの古川が登壇し、エメラダ・マーケットプレイスについて話しました。


そもそもエメラダ・マーケットプレイスとは?

エメラダ・マーケットプレイスは一言でいうと、「金融データ分析のプラットフォーム」です。主に、情報の見える化、リアルタイムの分析、リアルタイムモニタリングといった価値を提供します。


金融機関がエメラダ・マーケットプレイスを導入するメリットは?

エメラダ・マーケットプレイスのメリットは、攻めの観点と守りの観点の2つに大別されます。

“攻め”のメリットとは、金融機関のAPI開放時代における「顧客獲得競争」で有効な先手を打てるということです。金融機関の口座情報の公開により、企業活動はどんどん円滑になります。顧客者の拡大、または顧客喪失のリスクに対して、他行に先駆けてきな策を講じることが可能になります。

“守り”のメリットとは、主にリスク管理です。従来は顧客企業の社数も多く、全てを把握することが難しかった場合でも、エメラダ・マーケットプレイスのアラート機能を活用することで、異常を早期発見/対応することが可能になります。それにより、顧客企業に対する信用コストの低減に繋がります。


企業がエメラダ・マーケットプレイスを導入するメリットは?

企業にとってのエメラダ・マーケットプレイスを一言でいうと、「リアルタイム資金繰り把握ツール」です。

月ごとの預金平均残高の推移が一目で把握でき、金融機関別の借入金残高の推移も表示されるので、借入金残高の管理をする手間・時間が削減できるなど様々な活用方法があります。


「不正利用検知サービス」を提供する、株式会社カウリスの島津氏

昨今はパソコンだけにとどまらず、スマートフォンやタブレットなどいろんなデバイスからログインをするようになりました。そんな中、不正利用は後を絶たず、ログインページのセキュリティはより一層重要になっています。

そこで、株式会社カウリスは不正利用検知サービスを提供し、企業や個人のセキュリティを守っています。位置情報やブラウザなどの違いから、不正ログインの疑いがあると判断すると、二重ログインを求めるなどして高いセキュリティを実現しています。

今後のキャッシャレスやカードレス社会を実現する際にも大切であり注目の技術です。


クラウドファンディングの株式会社CAMPFIRE中田雅人氏

首都圏では広まってきたクラウドファンディングですが、地方ではまだまだ普及が進んでいません。そこでどのように地方で普及させていくかも含め、クラウドファンディングについてお話していただきました。


また、auフィナンシャルホールディングス株式会社の藤井達人氏にも登壇していただきau WALETでの決算・金融サービスについてお話いたしました。


その後、株式会社日経BP 日経FinTechの編集長の岡部一詩氏も交えてパネルディスカッションを行いました。海外のフィンテック事情や、今後日本のフィンテックがどうなっていくかなどを議論していただきました。

最後に懇親会も行い、登壇者・参加者が活発に交流することができました。

エメラダは今後もこのようなイベント参加を通じ、エメラダ・マーケットプレイスのサービス理解を深めていただける機会を増やして参ります。

エメラダ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more