Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

広告代理店で最年少MGRになった私が、なぜ英語サービスのGRITに入社したのか

どうもはじめまして。ゆうやです。

本田圭佑さんが受講していることで少しずつ有名になってきた、英語サービスPROGRITを運営する株式会社GRITで、マーケティングを担当しています。

「え、英語サービス?つまり英語塾でしょ?あまり興味ないなあ。」なんて思われる方も多いかもしれませんが、実はこの会社結構すごいんですよ。知る人ぞ知る名店ならぬ名会社なんで、みなさんにも是非知ってほしいなーと思ってこの記事を書きます。「あ、こんな業態でも面白い会社あるんだなー」と思ってもらえたら嬉しいです。


Webマーケティング
少数精鋭で、経営陣と事業を成長させたいWebマーケメンバーWanted
■GRITについて 日本一英語力が上がり、お客様に満足されるサービスをつくりたい。 社員が前を向いて楽しく働ける会社をつくりたい。 これらを実現するために2017年9月にGRITは立ち上がりました。 現在は、下記2つのサービスを行っています。 ・英語コーチング「PROGRIT」 ・ハイクラス転職支援「PROGRIT CAREER」 ●英語コーチング「PROGRIT」とは? データ(機械学習)×優秀なコンサルタント で、日本一英語力が上がるサービスを目指しています。 PROGRITは、短期集中型で実践的な英語力を身につける英語スクールで、 本田圭佑さんをはじめとする一流スポーツ選手や著名経営者が多く受講して頂いている急成長サービスです。 英会話レッスンは一切行わないで、お客様に良質な自習を必要時間行っていただくことで、英語力を伸ばすことが特徴です。 ◎サービスのポイント -英会話レッスンではなく自習サポートにフォーカス -科学的に設計された効率的なプログラム -最新のテクノロジーと優秀なコンサルタントの徹底サポート 特に今後は、機械学習を用いて、より効率的な英語学習方法を提供できるように進化していく会社です。 ●ハイクラス転職支援「PROGRIT CAREER」とは? 英語コーチング「PROGRIT」をご受講いただいている方の多くが転職ニーズを抱えていることから、ハイクラス転職支援「PROGRIT CAREER」を立ち上げました。 また今後はエンジニア向けの英語×転職サービス(PROGRIT CAREER for エンジニア)など、業種を特化して英語と掛け合わせながら、日本人がグローバルで活躍できるように 転職サポートを行っていきます。 ◎(業種特化型の)英語×転職サービスのポイント -転職前にPROGRITで英語力を伸ばしていただき、転職が決まればPROGRIT費用0円に。 -同業種のハイクラスコミュニティを形成し、転職スキル向上が可能に -PROGRITサービスによって形成した、グローバル企業の人事担当者と強力なコネクション 英語事業とのシナジーを活用して、転職サービスも今後大きく成長させていく領域です。
株式会社GRIT


大学院を中退してまで入りたかった会社”PLAN-B”

出身は大阪で、そのまま実家から通える大阪大学という大学に入った僕は、何も考えずに周りのみんなが行くからという理由で大学院まで行きました。

大学4年から研究室で鉄鋼の破壊について研究していたんですが、大学院入学前後くらいで「俺ってこの研究一生するんか?飽きずにできる気全然せえへんw」とネガティブになり始めたんです。笑

なので、大学院に入ってからはちゃんと将来のことを考えようと、仕方なく短期~長期インターンに何個か行くことにしました。

そんな中で出会ったのが、PLAN-Bという会社です。PLAN-Bの社長は、5社合同説明会に遅刻して登場した上に、プレゼンは持ち時間を20分オーバーして30分間も話すクレイジーな人でした。(鳥居本社長、今でも大好きです笑)

「この社長のもとで働いたら、自分の人生は面白くなりそう」

「あと1年大学院に行くよりこの会社で今すぐ働きたい。」

どんな会社かはほとんど聞いていませんでしたが、社長に魅了されてしまった僕は、大学院を中退して2週間後にはPLAN-Bに入社していました。


<写真:社長の家で年越し>

入社後2年半で最年少マネージャーに昇格

入社してからは、「早く責任のある仕事がしたい。使える人材になりたい。面白い仕事がしたい。」と、毎日朝早くから深夜まで働いていました。(今となってはやっちゃダメですが笑)

また、自分ができないことでも、とりあえず手を挙げて様々なチャレンジをさせてもらいました。

そんなことをしているうちに、入社後1年3ヶ月でメンバー14人を持つリーダー職となり、入社後2年半で年間賞を頂いて新卒最年少マネージャーとなりました。

プレイヤー業務がなかなかできないマネージャー業務

リーダーやマネージャーになると、業務内容ががらりと変わるんですよね。自分で動くのではなく、メンバーのみんなに動いてもらってお客様に価値を感じてもらわないといけない。そして、売上目標をしっかりと出して高利益になる組織にしないといけない。そんな経験はこれまでしてこなかったので、マネージャーになった当初は本当に苦労しました。

本当に未熟だったなあと思うんですが、自分が良いと思うことをみんなに押し付けてみんなのやる気を低下させてしまい、自分ではうまくいかない理由も分からなくなって迷走していました笑

そんな中でも、僕のことを見放さないでマネージャーとして活躍できるようサポートしてくれた同じマネージャー陣や経営陣には、今でも本当に感謝しています。

一方で、「自分がプレイヤーとしてビジネスを動かす力をまだまだ身につけたい。」ということも同時に考えていて、少しモヤモヤしていたことも事実でした。

大学の友人からマーケティングの相談をもらうことに

マネージャーになって半年が経過したとき、大学の友人がFacebookで「起業しました!」という投稿をしているのを見て、あまり何も考えずに「僕もベンチャーおるし、また飯でもいこー!」とコメントをしました。

すると数カ月後に、「Webマーケ始めようと思ってて、わからんことあるからランチいこ」と連絡をもらいランチに行くことに。

その時に友人のビジネスを見たら、”英語サービス”と。「なーんだ、英語塾かー」とあまりテンションも上がらずに会ったのを覚えています。

しかしその友人こそが、今のGRITの創業社長である岡田だったんです。そして、ランチをした数カ月後にはPLAN-Bに発注してもらい、Web広告のサービスを提供していました。

自分がフロントに立つことはできないものの、友人だったこともあり、月に1〜2度は「どうしたらもっとGRITが成長するのか。」を考えて行動することを許されていました。

取引をしていたから分かった、GRITの面白さ

GRITと取引をさせてもらっていると、会社の内情について色々と知ることができます。

取引先の立場から見たGRITを面白いと思ったポイントは下記のようなものでした。


正直、上記5つの条件と同等のものを揃えられるベンチャーってあまりないと思うんですよね。

今多くのベンチャーが挑戦するSaaS型ビジネスなどは、「数億円の資金調達しました!」など凄そうなプレスリリースはあるものの、③顧客への高い満足度と高利益率を実現している。という状況は作りづらいですし。また、業界に変革を起こそうという強い意志を持っているベンチャーってよくよく考えると実は多くないですよね。

そして、マーケティングの取引を様々な企業様としている中で、ここまでマーケティングデータの収集にこだわり、「今の意思決定は本当に今考えられるベストプランか。意思決定できていないことによるリスクはないか。」を常に考えられている企業は無いな、と思ったのも正直なところでした。

取引していたからこそ上記のような面白いポイントを見つけることができ、「このベンチャーの将来が楽しみ!面白そう!応援したい!」と思うようになりました。

飲みにいってGRITに誘われる

そうこうしているとGRITの売上も徐々に拡大し、1校舎しかなかった校舎も2→3校舎へと拡大していきました。そんなときに社長の岡田から「ちょっと今度飲みに行こうよ!」と誘ってもらい副社長も含めて3人で飲みにいくことになりました。

「あれ、もしかするとGRITに誘われるかもしれない・・・!」

ということは正直勘づいていたんですが笑、飲み会の後半で、

「ゆうや、うちでマーケティングやってよ。」

と誘ってもらいました。

・大好きなPLAN-Bへの恩と、PLAN-Bの中で今後様々な挑戦をしていきたいという意志

・将来が楽しみなGRITで、外からではなく当事者として将来を作っていけるという期待

この2つは同時に実現することはできなかったので、どちらかを選ばないといけませんでした。

その時考えたのは、「もし今僕がどこにも所属していなかったら、どっちに入りたいだろうか」ということです。そして、「GRITの方が今の自分を成長させられそうだ。」と思い、GRITに行く意思決定をしました。

その決断と同時に、「自分が成長して、PLAN-Bに何かしらの形で必ず恩返しをする」ということも強く誓いました。

GRITに入社してさらにGRITに魅力を感じる

2018年2月にGRITへ入社し、すぐに良い意味でのギャップに驚き、さらに魅力を感じました。

入社してから感じたのは、

・残業すればなんとかなるではなく、残業せずにどうすればできるか。という時間に対する意識がすごい。(事実、僕の残業時間は月平均5時間程度です笑)

・新しいことをするときは、超一流から学べる。(元P&Gの方からマーケ戦略を学んだり、UIUXの超有名人と共にWebサイトの改善プロジェクトを動かせたり)

・様々な人がGRITの成長を応援してくれている(言えない方が多いのですが、例えば本田圭佑さん)

・何よりGRITの社員になる人はみんなめっちゃ優秀で良い人で楽しい笑

こんなにもプラスのギャップがある会社に入れて、結果的に良い意思決定ができたな。と感じています。




<写真:3ヶ月に1回の全社集会の様子>

一緒にGRITのマーケティングを次のステージに持っていける人を見つけたい

今、この会社で一番困っていることは、マーケティングの人材不足です。事業がすごく伸びていて、新サービス(転職事業)もでき、様々なマーケティング施策がありますが、現在専任は僕一人でマーケティングを動かしています。

取引先の方々が僕のことを本当に助けてくださっていて(ありがとうございます!)、まだギリギリ回っている状態なのですが、そろそろマーケティング人材が必要になっています笑

GRITでは本当に様々なチャレンジができるので、成功体験も複数積むことができると思います。この記事を読んで少しでも興味を持ってくださった方がいたら、是非一度僕と話をしましょう!


Webマーケティング
少数精鋭で、経営陣と事業を成長させたいWebマーケメンバーWanted
■GRITについて 日本一英語力が上がり、お客様に満足されるサービスをつくりたい。 社員が前を向いて楽しく働ける会社をつくりたい。 これらを実現するために2017年9月にGRITは立ち上がりました。 現在は、下記2つのサービスを行っています。 ・英語コーチング「PROGRIT」 ・ハイクラス転職支援「PROGRIT CAREER」 ●英語コーチング「PROGRIT」とは? データ(機械学習)×優秀なコンサルタント で、日本一英語力が上がるサービスを目指しています。 PROGRITは、短期集中型で実践的な英語力を身につける英語スクールで、 本田圭佑さんをはじめとする一流スポーツ選手や著名経営者が多く受講して頂いている急成長サービスです。 英会話レッスンは一切行わないで、お客様に良質な自習を必要時間行っていただくことで、英語力を伸ばすことが特徴です。 ◎サービスのポイント -英会話レッスンではなく自習サポートにフォーカス -科学的に設計された効率的なプログラム -最新のテクノロジーと優秀なコンサルタントの徹底サポート 特に今後は、機械学習を用いて、より効率的な英語学習方法を提供できるように進化していく会社です。 ●ハイクラス転職支援「PROGRIT CAREER」とは? 英語コーチング「PROGRIT」をご受講いただいている方の多くが転職ニーズを抱えていることから、ハイクラス転職支援「PROGRIT CAREER」を立ち上げました。 また今後はエンジニア向けの英語×転職サービス(PROGRIT CAREER for エンジニア)など、業種を特化して英語と掛け合わせながら、日本人がグローバルで活躍できるように 転職サポートを行っていきます。 ◎(業種特化型の)英語×転職サービスのポイント -転職前にPROGRITで英語力を伸ばしていただき、転職が決まればPROGRIT費用0円に。 -同業種のハイクラスコミュニティを形成し、転職スキル向上が可能に -PROGRITサービスによって形成した、グローバル企業の人事担当者と強力なコネクション 英語事業とのシナジーを活用して、転職サービスも今後大きく成長させていく領域です。
株式会社GRIT
株式会社GRIT's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more