1
/
5

2050年 脱炭素社会の実現 ~イーリバースドットコムの取り組み~

こんにちは。イーリバースドットコム 人事・採用担当の倉本です。

こちらの写真は社内ラウンジ内のドリンクステーションです。
6月頃に飾られていた花たちなのですが、新緑のきれいさに癒されたので、Wantedlyでもぜひ披露したいと思いカバー写真に使ってみました。いつもお花の写真を撮ってます(笑)


今日は私たちの環境への取り組みについて紹介します。

みなさんもCO2削減、とか脱炭素社会の実現、などのキーワードをニュースや日常生活の中で耳にされてるかもしれませんが、日本政府は昨年10月に脱炭素社会の実現を宣言しました。今年の6月には2050年カーボンニュートラルの実現に向け、グリーン成長戦略を更に具体化しました。
これは平たくいうと、今後の環境を守っていくためにCO2の排出量を減らしながら、産業を成長させよう、ということになるでしょうか。

「減らす」というゴールが設定されると、「じゃあ、どれだけ減らす?」という目標を立てたいところですよね。「そもそも出てる?」「出てるならどこからどれくらい出てる?」が分からないと減らす計画を立てられないですし。

そこで株式会社イーリバースドットコムでは、CO2排出量の可視化を『Buildee』『e-reverse.com』の両サービスに実現できるよう、取り組んでいます。

私たちの顧客である建設業界は業界団体である日本建設業連合会を中心に数値目標を掲げ、取り組んでいます。
建設企業の中には自前で排出量を測る仕組みを持っている企業もありますが、イーリバースドットコムが提供するサービスを活用していただくことで建設業界内で広くCO2削減に取り組める土台作りに貢献します。


建設業界の方々と息を揃えて、環境の保全に関わっていくことも株式会社イーリバースドットコムの使命だと考えています。
詳しくはこちらのリリース記事をご覧ください。

『建設業におけるCO2排出量削減』に向け情報提供機能をリリース

この仕事に特に関わる職種はこちらです!

ビジネス目線で開発に取り組める!Web開発のラボチームで活躍してみませんか
VerticalSaaSのサービス企画・推進を手掛けるエンジニアを募集!

株式会社イーリバースドットコム's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more