This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

富士通グループパートナー約3,000社のトップ企業の社長が語る(後編)~にっちな分野をとことん攻めてナンバーワンになる!~

代表取締役 元起一(もときはじめ)

1976年2月9日生まれ(みずがめ座) 茨城県出身

趣味:仕事(笑:半分本当ですが)・ドライブ・旅行・ダイビング(今はあんまりやってないけど汗)

好きな言葉:「起」 起業、起案、起因・・・様々な物事の始まりでありたいから

好きな食べ:焼肉・寿司(笑)


前編に引き続き、今回もDTCと元起代表について教えていただきました。


EDIってどんなシステムなんですか?

エレクトリック、データ、インターチェンジの略で、企業同士が大きいコンピューターをお互いに持ってて、そのコンピューター同士が会話するところの仕組みを作ってあげることなんです。

大手企業ならいろいろな仕組みを持っていて、その仕組み同士を繋いであげる。例えるとコンピューターとコンピューターの翻訳家みたいな感じですね。だからデータで人を繋ぐみたいなイメージで会社名もデジタル、トランス、コミュニケーションズなんです。だから社名がそれを物語ってるんですよ。

我々、富士通グループパートナーって簡単に言ってしまえば下請けなんですが、富士通って約3,000社くらいパートナーがいて、そのうちの200社くらいがコアパートナーという称号が貰えるんです。僕ら2年くらい前に富士通グループコアパートナーになって、さらに、その約200社の中でトップに選ばれたんです。普通は富士通とか日立とか東芝とか名だたる電機メーカーさんの全国にいるシステムエンジニアで売ったパッケージの数がすごい人だけが毎年、賞をもらえるんですが、うちらはプロジェクト貢献者として特別賞を受賞してトロフィーをもらって表彰されました。

実は富士通とかシーティーシーとかいわゆる有名なところでそういう製品のお願いをすると、だいたいうちには発注が来るんです、、、だいたいはちょっと言い過ぎかな(笑)。

だから名だたる企業の製品を導入したりするのはけっこううちがやってるんですよ。そのことをメーカーさんみんなが知ってるから、結局、こんなにDTCがやってるんだってことになって表彰されたかと思います。そうなると名前も売れて、EDIが得意分野ですが、EDIだったらDTCみたいな感じで。それで、受けた仕事は絶対にやりきらなきゃいけないってプライドもありますね。


昔の自分と比べて変わったことはありますか?

昔、社長インタビューの記事を書いてもらったことがあるので、僕のことがネットで調べると出てくると思います。当時はめちゃめちゃなことを言ってましたね、例えば、「ナメられたら終わり」とか「24、366(24時間、366日働け)」みたいな、、、今は絶対に言えないですね(笑)。

逆に今は「休め休め」とか、「定時になったら帰れ、帰れ」とか会社で僕が一番言ってますね。昔なんて「仕事が終わんないんです元起さん」って部下が言ったきたら、「お前、何時間寝てんの?」ってまず聞いて「5時間くらい寝てます」って言ってきたから「寝すぎだよ、お前って、頭から脳みそ出てこない?、だから終わんないんだ、2時間寝れば大丈夫だから」って言ってたけど今は言えないね。自分でもほんとやさしくなったなと思います。

だから昔の社長インタビューの記事、消してほしいだけどネットってなんで消えないんだろ、訴えられたら終わりだよね(笑)。


少し脱線してしまいましたが、最後に元起さんの野望を教えてもらえますか?

IT業界って言ってもいろいろありますが、その中の1個でEDIっていう小っちゃい、にっちな分野のSIで、ナンバーワンになってやろうと思ってやっています。その延長でたとえば上場とか、自社ビルとかあると思いますが、今は実際、ナンバーワンになるチャンスがけっこうあって、今ほんとうに毎日のように商談して、構築もやって、、、でも飲みに行く!みたいな(笑)。

デジタルトランスコミュニケーションズ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings