1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Donuts【新卒入社 社員に聞いてみた!就活生が本当に知りたいこと】#05[エンジニア職]

入社2年目、医療事業部でエンジニアとして活躍するO.Tさんに就活生の目線からインタビューしました。

■プロフィール
O・T
東京デザインテクノロジーセンター専門学校
入社年月 2019年4月
担当部署|職種:医療事業部|エンジニア

どのような就職活動ををしていたか教えてください

IT系の専門学生時代から、フリーランスや業務委託でスタートアップやベンチャー企業など様々な会社でエンジニアとして既に活動していました。この経験の中で、「その会社に合うかどうかは、実際に入社してみないと分からないな」と思っていました。
そこで「とりあえず面接を受けてみる」ことを重要視し、エージェントサービスを利用して就職活動をしていました。その企業のサービスを「作りたい」と思えるか否かを1つの軸としており、実際に面接を受けたのは4~5社でしたが、面接だけで辞退した企業もありました。

また、面接で人事以外の部署で働いている方にもなるべくお話をさせてもらうようにしていました。その時に感じた雰囲気や感触というのも、重要な軸だったと思います。

Donutsの印象と入社の決め手

会社の中に「しがらみ」がないという印象を抱いたのが大きかったです。
ジョブカンに配属されるとのことでしたので、ジョブカンの方と何度も話をさせていただき、楽しく仕事が出来そうだなと入社前に感じていました。結局、直前で配属先は医療事業部に変更になったのですが(笑)
社長との最終面接では少しだけ「どんな風に働きたいか」という話をしましたが、あとは地元が同じだったので、その話をしていたら終わってしまったという印象です。
でもその何気ない会話の中でも、すごく人となりを見られているなと感じました。これだけ社員一人ひとりをじっくり見ようとしている人が社長なら、きっと会社も成長するんだろうなと感じたのも決め手になりましたね。

現在の仕事内容

電子カルテ「CLIUS」に付随している予約機能に関わっており、その機能追加や、改修・改善をメインでやっています。その他、時期や状況によって担当する業務はたくさんあります。

医療事業部はどんな人が多いですか?

気さくな方や相手に敬意を持って接している方が多いです。医療事業部は他の事業部に比べて平均年齢が高めで、入社2年目の私が最年少なのですが、皆さんしっかりと向き合ってくださる人が多いです。

どんなことに挑戦していきたいですか?

医療事業部では医療業界を変えようと、毎日が挑戦の連続です。「CLIUS」のようなクリニック向けのサービスを提供している企業はベンチャー企業も多く、新しいサービスが続々と発表されています。
技術的に「安心できる、安定している、安全なもの」を選択することは最優先ですが、その範囲内で最新の優れた技術を使っています。「やりたい」と思ったことを実現できる環境ですので、ずっと挑戦し続けることができます。
和やかでありつつも、課題に向き合ってシビアにやっていこうという雰囲気が、自分にはすごく合っていますね。

スピード感を感じることはありますか?

常に感じています。社長もいらっしゃる医療事業部の定例会議に出席していることもあり、意思決定や「アイデアを出して練って、固めて」という部分には特にスピードを感じます。また、そのサイクルを早くしていこうという意識を常に全員が持っているので、意思決定からリリースまでが早いですね。「やれること、やるべきこと、優先するべきこと」を明確に意識して業務に向き合わないと、取り残されてしまうという危機感を毎日持って仕事をしています。

Donutsに向いている人

医療事業部の新卒入社は現時点では私だけで、他は業務委託の方と中途入社の方で構成されています。いろんなキャリアの人が集まったチームなので、今まで経験したコードの書き方なども様々です。そのため、そこにぶつかっていくことができたり、自分が持っているものを全部出して、チームに貢献しようと思える人が向いていると思います。言い換えると「コミュニケーション能力」かもしれないですね。

自分でちゃんと吸収して、それをチームに還元するという意識がないと、ただ作業するだけの人になってしまうので、Donutsで働いているメリットを享受できずもったいないと思います。

就活生へのアドバイス

面接官がどのような思いで日々働いているのかなど、個人的に気になることは積極的に質問するのもいいと思います。なるべくいろんな方から話を聞いて、会社や社員の雰囲気が自分に合うかどうかを考えることで、入社後のギャップは減ると思います。
Donutsの人事の方とは雑談やサービスのことなどいろんな話をしたのですが、質問の奥にある私が本当に知りたいことを見極めて、「入社後のギャップがないように」丁寧に答えてくださっていたんだろうな、というのも感じました。
中途入社の営業の方には前職のことなども質問しましたね。「なぜ、Donutsに転職したのか」「入社してみてどうだったか」など面接の際に遠慮なく聞いてみるのもいいと思います。


O・Tさんありがとうございました!

入社後のギャップをなくすために、就活中にできることはたくさんありそうですね。Donutsに入社して、楽しく、自分らしく働けそうだなとイメージできた方は、是非ご応募ください!

株式会社Donuts's job postings

Weekly ranking

Show other rankings