1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

医療業界の課題やIT化に一石を投じたい!【医療事業部 エンジニアインタビュー】

■T・Oプロフィール
部署/職種:医療事業部/エンジニア
入社年月:2019年4月

ーフリーランスのエンジニアから

専門学校在学中からWEB関連で単発の仕事を受けたり、フリーランスのエンジニアとして業務委託契約で仕事をしていました。

フリーランスの時は、基本的にフロントエンドエンジニアとして画面を作ることがほとんどでした。
後半からはバックエンドエンジニアとして、Webサービスのシステム構築をやっていました。
Donutsは、まわりに『Tokyo 7th シスターズ』のユーザーの友人が居て、社名は知っていました。

また、就活中にエージェントからの紹介もあり、興味が湧いたので、選考を受け、新卒で入社させていただき現在に至ります。

ー現在の仕事内容は?

医療チームのエンジニアとして、フロントエンドがメインでコードを書いています。現在のプロジェクトでは、仕様を詰める部分にも関わりながら、バックエンドのコードを書いています、フロントエンドのコードも書く予定なので、幅広く関わっていますね。

フリーランスのときのクセなのか、薄くなっている部分を探して、自分が埋めようといつも動いています。いつもなんでも屋みたいになりがちな人生だったので、自分の性格のせいかもしれませんが(笑)

ー直感でDonutsに決めました

新卒採用で5社ほど採用試験を受け、他にも内定が出ていたのですが、面接担当の方や、お話させていただいた方が面白く、自分にはDonutsが合っているだろうという直感が走り、Donutsに決めました。

選考とは思えないほど皆さん面白かったですし、職場環境に関する質問を私がいくつかしたのですが、みなさん楽しそうにお話をされていたので明るい職場だと感じました。
また、周りにも楽しい方が沢山いることが話の節々から感じ取れたので「ここはいい会社なのだろう」と感じました。

最後の決め手は、最終面接の時に社長の西村と自分のやりたいことを話したことでした。
いや、ほとんどは地元が同じだったのでその話をしていましたが…
今も社長とはMTGなどで話すことがありますが、何が必要か、何をやるべきかを常に考えているストイックさを見習わなければならないと感じています。

ー1年弱経験してみて

本当に色々なことが出来て、新しい技術だったり、昔からある技術でも自分が触る機会が無かったものに触らせて貰うことが多かったので、この1年間はあっという間だった、という印象ですかね。楽しく過ごせた日々でした。

職場環境としては、雑談も仕事の話も気兼ねなく出来て、自分の思ったことや感じたことを言うのに抵抗を感じさせない良い環境だと思っています。



ー仕事のやりがい・苦労したこと

業務委託で一人でやっていた時のほうが辛かったし、苦労していたので、大変だと思うことはあまりないですね。様々なことに挑戦できるし、きちんと理由を持っていれば自分の提案が通ります。

そして、その仕事が自分のものになっていく実感があったので、とてもやりがいを感じています。

ー今後の目標について

自分でコードを書くのは好きなのですが、スペシャリストを目指す気持ちはあまりなく、リーダーやマネジメントを目指していきたいと思っています。
人と話すこと、調整すること、考えることは好きなので、そこに技術という付加価値を持ったマネジャー、リーダーになっていきたいと思っています。

ーDonutsを紹介するとしたら?

きちんと人を選んでから売り込むと思います。

具体的には、自分で考えて「これがやりたい」ということを言える人にしかオススメできないですね。
そういう人であれば、絶対に来るべき会社だと思います。
否定だけをされることはないし、駄目だったとしてもなぜ駄目なのかを教えてくれます。

また、Donutsには色んな人が居るからこそ、自分の知らないことや考え付かないようなことで、もっといいアイデア、考えを出してくれる人が絶対にいます。
当てはまる人が周りに居たら、「絶対入った方がいい!」と売り込むと思います(笑)

ーCLIUS(クリアス)のこれからについて

世に名前が出ているサービスとしては電子カルテしかないのですが、色々と付随するシステムやサービスを作ろうとしています。
それらを作る際に、カルテが根幹にあるわけではなくて、色々なWEBサービスやクラウドでのサービスを作ることを土台にして考えていきます。
今の電子カルテというのは、直接的にはドクターの為だと思います。

それが医療業界にとって直接的・間接的に利益が出ていることを問わず、医療としてサービスができるのであれば、ひいては医療業界のIT化を進めていくことに繋がるのであれば、CLIUSの医療チームはやってもいいだろうという意志でいます。

電子カルテに拘らず、医療業界の課題やIT化、DXにもどかしい想いを抱えた方には是非入って頂きたいと思います。また、色んな視点で医療問題を解決しようとしているのですが、もっと色んな視点が欲しいと思っています。

一石を投じたいと思っている人や「私だったらできるぞ!」という人がいたら、Donutsには技術のあるエンジニアやセンス抜群のデザイナーもいるし、アイデアを出せる人、支えてくれる人もいて、皆んな助けてくれます。なかなかこういう環境は世の中に無いと思っています。何かを変えたい、「これを作ったら、医療業界が明るくなる」そんな考えを持っている方が来てくれたら嬉しいですね。



ー転職を考えている方に一言!

仕事や職場は友達や趣味と同じで、自分に合わないと上手くやっていけないものだと思います。

自分で考えられる人・やりたいと思ったことに情熱を持てる人は、Donutsにいる人と上手くやっていける、楽しく仕事ができると思います。

この仕事は自分のものだ、という想いをDonutsで見つけて欲しいです!

株式会社Donuts's job postings
34 Likes
34 Likes

Weekly ranking

Show other rankings