1
/
5

ノーコードアプリ開発SaaSのapplimoは「周りの人をいつの間にか豊かにするプロダクト」! 福岡在住ドコドアエンジニアにインタビュー!


今回は11月にドコドアにジョインされたエンジニア、竹下雅さんをご紹介します!

福岡在住の竹下さんがなぜドコドアを選んでくれたのか、どんな働き方をしているのか、どんな業務を担当しているのか、様々なお話を聞いてみたので、ちょっとドコドアのことが気になっている・・という方!是非ご一読ください!


竹下 雅(たけした まさし)
▼プロフィール
佐賀出身/福岡在住
麻生情報ビジネス専門学校卒業後、SES案件を主とした福岡のIT企業に5年在籍。
その後、教育機関向け(大学)パッケージ製品の開発を行っているベンチャー企業に転職。
主に学生のPC利用シーンの解析ソフトウェア開発やUSB取り忘れ防止アプリ開発などをメインに2年ほどシステムエンジニアを担当。
より多くの人たちに対して貢献できるサービスを提供し、直にユーザーの声が聞けるモノづくりがしたいと感じ、2019年01月に歯科向け予約簿SaaSを展開しているスタートアップベンチャーへジョイン。
患者向け診察券・PHRアプリ「myDental」の開発をプロダクトオーナーとして担当。患者向けアプリの開発の他に、歯科医院DXプロジェクトのプロダクトマネージャーとしてUX/UI検証やプロダクト設計の経験を経て、2021年11月にドコドアへジョイン!

ー竹下さんが、ドコドアへ入社したきっかけ、理由を教えてください。

私はエンジニアとして「家族やご近所さんの人生がいつの間にか豊かになるようなプロダクトを作り、様々な人に伝播して幸せになってもらう」というミッションを掲げています。

「applimo(アプリモ)」は、ノーコードでネイティブアプリが作れるアプリ版CMSのSaaSプロダクトで、身近な人から世界中の人たち誰でもモバイルアプリを作ることができます!そこを一番の魅力に感じ、「applimo」のプロダクト成長に貢献していきたい!と考え入社を決意しました。

また、前職でFlutterを用いたプロダクト開発を行なっていたのでそれを最大限に活かしたい!と思ったのも理由の一つです。

ードコドアの魅力はどんなことだと思いますか?

「applimo」は多言語対応しており、本社のある新潟や私が住んでいる福岡といった地方から世界に通用するプロダクトを発信していく試みが魅力的だと感じました!

ー現在どんな仕事をしていますか?

リードエンジニアとして「applimo」のネイティブアプリとフロントエンドのエンジニアリングをやっています。プロダクト内製化とSaaSプロダクトの成長を目指して業務に取り組んでいます。

ー実際にドコドアに入社してみて印象は変わりましたか?

ベンチャーはどの会社でも緩い一面があるという印象でしたが、
ジョインしてみるとドコドアは業務におけるガイドラインがしっかり整備されています。
作業の効率化やフォーマット化を徹底していて、Web制作におけるデザインテンプレートなども豊富にあることに驚きました。
アイデアにしっかり時間を割き、手を動かす部分を自動化し極力減らすことで他社とは違う魅力あるアウトプットが生み出せるところが印象的でした。

ー今竹下さんは福岡在住だと思うのですが、チーム間でのコミュニケーションはどうですか?

入社後2週間は新潟に行き、業務のキャッチアップとメンバーとの交流をしました。
現在は、博多駅前のコワーキングスペースにドコドア福岡オフィスを構え、基本的に日々そちらで業務にあたっています。

メンバーは本社と新潟オフィスにいて、基本コミュニケーションはchatworkとzoomを使用しています。
雑談も交えながら、「applimo」の改善に向けたMTGなどを適宜行っているので、特に不便はありませんね!

ー竹下さんが仕事をする上で大事にしていることはどんなことですか?

「ユーザーが触れるインターフェースは特に大事に設計する」です!

ー今後の目標はどんなことですか?

まずはしっかりプロダクト開発を内製化し、エンジニアを増やして自社だけで自走できる状態に持っていきたいです。
ただそれはスタート地点であり、私の目標である「家族やご近所さんの人生がいつの間にか豊かになるようなプロダクト」の提供というゴールはまだまだ先です!
中小企業や大企業はもちろんのこと、小学生や高齢者もスムーズにアプリが作れ、皆さんにとって特別なアプリとなるようなプロダクトを作っていきたいです。

ー最後に竹下さんの「実は、○○なんです(笑)」を教えていただけますか?

実はこう見えてアウトドア派です!!
小学生の頃から親と一緒に釣りに行ってたことがきっかけで、社会人になってから釣りを再開して妻と一緒に夜中オールで釣りに行ったりしてます。
最近は友人にキャンプ好きが多いので一緒にキャンプに行ったりと、わりとアクティブに動いてますね(笑)

ドコドアのことを少し気になってくださっている方へ

ドコドアは現状SaaSプロダクトの作り方に則ったやり方でなく、SaaSプロダクトの開発におけるルールがまだ整備されていない状態にあります。ただプログラミングができればいいというような人ではなく、チームづくりや今後のプロダクト開発における開発の進め方も考えながらプログラミングでき、チームでPDCAを楽しめる方に入ってきてもらいたいです。
土台を作っていくフェーズなのでなかなか体験できないことも多いと思います!
ぜひ一緒に楽しみながら開発しましょう!

ドコドア株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings