Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【インタビュー】入社1ヶ月のエンジニア荒さん。指示なし組織で、最初の仕事をどう見つけたの?

今回は、入社1ヶ月のエンジニア 荒 圭亮(あら けいすけ)さんのインタビューです。「上司部下がなく、誰からも指示が来ない」というダイヤモンドメディアで、荒さんが最初の仕事をどう見つけたのか聞いてみました!

新卒では営業職になるつもりだった

ーー荒さん、今日はよろしくお願いします。「荒さんは前の会社(2番目の会社)を1ヶ月で辞めてダイヤモンドメディアに来た」と聞いたのですが、ダイヤモンドメディアにくる前は何をしていたんですか?


:よろしくお願いします。最初の転職先は1ヶ月で辞めました(笑)。

企業文化が合わなくて、、、。その前の新卒で入った会社では、エンジニアとして働いていました。でも、実はその会社には営業職のつもりで入社したんです。就活のときは、「文系だと営業かな」くらいの考えだったので。

褒められたのが、嬉しくて。

ーーあれ、でもいまはエンジニアですよね?

そうなんです。じつは、エンジニアになったのは新卒で入った会社の研修がきっかけなんです。

その会社では、新人全員が研修としてシステムを作ります。研修後に「開発」「コンサル」「営業」などの職種から志望を出すのですが、研修では、みんなプログラミングをするんです。だいたい2ヶ月で1つのシステムをつくるのですが、途中で先輩社員にレビューをもらいにいきます。

そのときレビューをもらいにいった先輩に、「どこの部署志望なの?」と聞かれ、「いまのところ営業志望です」と答えたら、「開発の才能あるから、開発に来てくれたら嬉しいな」と言われたんです。嬉しくなっちゃいました。その言葉がきっかけで開発を希望しました。


ーー嬉しくなっちゃってエンジニアになった。(笑)

はい。配属後は会計ソフトの開発をやりました。でも、会計とか全然わからなくて、ちょっとくじけそうになりました。それでも、仕事としてプログラムを書けていたのは良かったです。

だけど、途中で会社の方針が変わってしまったんです。それまでは企画から実装、運用までしていたのですが、新しい方針では実装は日本の部署ではなく、海外の関連会社に担当してもうらことになりました。プログラミングの仕事がぐっと減ってしまいました。

自分としては、いっぱいプログラミングしてエンジニアとしてのスキルをつけたかったので、転職することにしました。

それで転職したはいいのですが、最初の転職先は企業文化がぜんぜん合いませんでした。完全にトップダウンなマネジメントで…。


ーーへ〜。トップダウンなマネジメントって、ダイヤモンドメディアとは逆ですね。

そうなんです。ダイヤモンドメディアでは、皆さん社長の武井さんの扱いが雑でびっくりしました(笑)。

良くないと思うことは社長にでもガンガン言いますし。

あとこれは面接のときに聞いたんですけど、武井さんは、採用面接で「がんばる!」って言った人は誰でも合格にしちゃうから採用に武井さんを関わらせないようにしているって(笑)。


ーー「がんばる!」って言ったら採用しちゃうって、武井さんらしいですね(笑)。

入社して実際に接するようになった今はなんとなくそれも理解できます(笑)。

転職に話を戻すと、最初の転職先が合わないと分かってから、すぐに切り替えて次の転職先を探しました。そのとき転職サイトでダイヤモンドメディアのことを見つけたんです。

事業内容的に、企画から開発、運用までを経験できそうでしたし、サイトに載っていた社員インタビューの内容も良かったので、応募してみました。

そして、何回かの面接を経て、入社することになりました。

最初の仕事はどう決まったの?

ーー入社後、最初の仕事をどう見つけたか教えてください。面接の時点で仕事内容はだいたい決まっていましたか?

面接では、自社サービスのOwnerBoxCentrl LMSのどちらかの開発に関わってほしいと言われました。あと、サービスの開発にはRuby on Railsというフレームワークが使われているのですが、僕はRailsは未経験だったので、最初はRailsの基礎を勉強してから実務に入っていくということも伝えられました。

実際、入社すると面接で言われていた通り、最初はweb教材でRailsの勉強をしました。4日間くらいでRailsの基礎を理解した後は、面接のときからお世話になっていたエンジニアの方に最初の仕事を相談しました。

すると、まずはOwnerBoxとCentrl LMSのどっちのチームに入りたいか自分で決めてねと言われたので、どちらにするか悩んだのですが、溜まっていた作業が多そうなOwnerBoxを選びました。

そしてOwnerBoxの定例ミーティングなどに参加するようになり、まずは自分ができそうな小さな作業を担当してみました。少しすると小さな作業は終わってしまい、OwnerBoxは大きな作業だけになってしまったので、もう一度その人に相談にいきました。

そしたら、「OwnerBox側ではなくCentl LMS側に手伝えることがないか聞いてみたら」とアドバイスをもらったので、Centrl LMSのチームに聞いてみました。ちょうど自分の勉強になるような作業があったので、それに取り組みました。

現在はまたOwnerBoxの作業に取り組んでいます。


ーーなるほど、いまは相談しながら仕事をしているかんじですね。

そうですね。いまは現場のメンバーと相談しながら仕事を進めています。

これからもっと自分で仕事を見つけられるようになっていきたいですね。もちろん、エンジニアとしてもスキルアップしていきたいです。


ーー今日のお話から、貪欲にエンジニアとしての実力をつけようとしている印象を受けました。最後に、荒さんの長期的な目標について教えてください。

長期的な目標、ですか…。なんだろ。


ーー例えば起業とか。

いや、起業は考えていません。ただ将来的には、自分で新規サービスやプロダクトを1から企画して、開発、運用まで一貫してやりたいです。世の中の煩雑な業務を少しでも改善できたらと思っています。

あと、将来はあったかい所に住みたいです(笑)東北出身なんですが、寒いの苦手で、、、。

将来は沖縄か南国で仕事をしていたいですね。


ーー沖縄か南国ですか(笑)いいですね〜。荒さん、今日はありがとうございました!

こちらこそ、ありがとうございました!


インタビューを終えて・・・

「自分の仕事は自分で見つけないと」って言われる会社で、最初の仕事をどう見つけるんだろう。そんな視点で今回のインタビューをしてみました。

結果としては、「自分の仕事は自分で見つける」というより、「チーム内で、自分からコミュニケーションを取って仕事を見つけにいく」の方が実情に合っていると感じました。

僕が今回のインタビューで改めて気づいたのは、ダイヤモンドメディアには上司部下はないけどチームはあるってことです。チームごとに、今後のサービスの展開や補充したい役割を考えて、採用活動を行うわけです。ですから、基本的に、入社時点ではどのチームでどんな仕事をするか(エンジニアなのか、デザイナーなのか)は決まっています。また、入社したらチームの定例ミーティングやチャットグループに参加することになります。メンバーになる人には、それらのコミュニケーションの場を通じて、自分で最初の仕事を見いだすことが求められていると感じました。


最後に・・・

今回インタビューした荒さん。とっても優しくて、素敵な方です。

荒さんと働きたい人、WANTED !!

ダイヤモンドメディア株式会社's job postings
Anonymous
Anonymous
6ab8a22e 2b5c 47c7 86fc dcae63094130?1518237071
10888951 751727021574508 6647524209779833548 n
1618651 10203165558644184 959963002 n
18221957 1656258774387459 4036528422757302759 n
18 Likes
Anonymous
Anonymous
6ab8a22e 2b5c 47c7 86fc dcae63094130?1518237071
10888951 751727021574508 6647524209779833548 n
1618651 10203165558644184 959963002 n
18221957 1656258774387459 4036528422757302759 n
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon