1
/
5

学生インターン古林さんが見つけた、未来の扉を開く鍵「デザインファースト」

インタビューでの柔らかい雰囲気とは裏腹に、仕事に、自分にシビアで、常に成長するための努力を惜しまない古林さん。学生インターンの視点からデザインファーストの魅力を語っていただきました。

【プロフィール】
多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科所属
高校時からデザイン科で幅広く知識を学ぶ。その後大学に進学し、デザインの勉強を現在も継続。
大学2年時より、デザインファースト株式会社に参画。現在は、グラフィックやWebなどのデザイン業務に従事。

▷未来の扉は自分で開く、挑戦心から始めたインターン

~現在学生ということですが、どのように過ごされているのか教えてください。

現在大学3年生で、大学では舞台セットのデザインを学んでいます。基本的には週5日大学に通い、その合間にリモートワークで業務を行っています。授業の少ない日に、午前中に働いたり、授業が終わってから仕事をしたりと、うまく時間を使い両立しています。

~授業と仕事の両立をしっかりされているんですね!インターンを始めようと思ったきっかけと、なぜデザインファーストなのか、教えてください。

大学で勉強している舞台という分野は、私にとって憧れの仕事です。ただ、舞台関係で食べていくのは非常に狭き門と聞き、大学では学べないことを自分のスキルアップのためにやってみたいという気持ちでインターンを始めました。デザインファースト以前にもインターンを経験したことがありますが、自分の能力に見合った仕事をいただくことが多かったので、もっとやったことない仕事をやりたい、難しい仕事に挑戦したい!という気持ちが大きくなったんです。

大学が週5日あるので、リモートワークが可能で、更にグラフィックデザインができるということと、未経験でもOKという条件を元にWantedlyで次のインターン先を探していたところデザインファーストを見つけ、メンバーのインタビュー記事にたどり着きました。その方が、大学1年生~4年生までインターンをされていて、実務的な仕事をし、スキルアップをしていること。更に、長期でインターンを続けているということで、信頼できる会社だと感じ応募を決めました。

面談で代表の長堀さんとお話することになり、非常に緊張していたのですが、始まってみるととてもフランクで、会話を楽しめるくらいの余裕がありました(笑)。フランクな中でも、積極的にどういう仕事がやりたいかと真剣に話を聞いてくださったことが印象的でした。

▷今は頑張るしかない!自分のデザイン力の可能性を信じ、努力する日々

~面談での会社の雰囲気は大切ですよね。現在担当している業務を教えてください。

デザイナーとして、パンフレットやチラシ、名刺などのグラフィックデザインをしたり、コーポレートサイトやランニングページなどのWEBデザインを手掛けています。営業、ディレクター、デザイナーというチームで動き、営業の方が獲得した案件に対して、顧客とディレクターが打ち合わせ、デザインの方向性や具体性を固めます。

その内容がディレクターからデザイナーに伝えられ、デザイナーが作成、ディレクターの確認が入り、最終的に顧客確認で納品又は修正…という流れで仕事が進みます。チームは仲が良く、本音で意見を言える環境です!

~未経験での入社ということですが、仕事を大変だと感じたことはありますか?

ありますね…。これまでに経験したことない内容だと、やり方も分からないし、自分の技術も追いついてこないので締め切りに追われてしまうのは苦しかったです。時間がかかることで焦ってしまい、なかなかアウトプットを出せないこともありました。でも、ディレクターがあらかじめ締め切りを早めに設定してくれて、どうしても間に合わないとスケジュール調整をすることで助け舟を出してくれるので、私はただ、それに答えるために頑張るしかない!と必死でした。

~チームワークで乗り越えてきたんですね!苦しい経験を通して、学んだことを教えてください。

以前よりも難しい要望にも答えられるようになりました。仕事をする上で、自分のやりたいデザインとお客様のイメージされるデザインが異なることもありますが、その時に、双方が納得する形に治められるようコントロールができるようになってきたと思います。自分のデザイン力を上げるよう努力していくことで、今後は、先方がこうして欲しいというデザインにただ同調し妥協するのではなく、より一層いいデザインを提案し、お客様に納得いただきながら一緒に更に良いものを作り上げられるようになりたいです。

▷学生インターンが即戦力人財へと変貌を遂げる、デザインファーストという場所

~古林さんから見た、デザインファーストの魅力や強みを教えてください!

インターンでも、職場の第一線に立って仕事ができるということが最大の強みだと思います。やりたい仕事が自分の裁量で任せてもらえ、クライアントともやり取りができること。さらに、大学に週5日通いながらも、実務的なインターンと両立できるということは大きな魅力です。ディレクターがうまく調整してくれるので、授業と仕事をしっかり切り分けて対応することができるんです。

グラフィック系の仕事だとスパンが短いので、この半年でかなりの量をこなし、効率よく進めることができるようになりました。同じ業務内容であれば、胸を張って「できます!」と言えるくらいまでになったので、デザインファーストでの経験は今後も即戦力として活かせると思っています。

~インターンでそこまでの裁量があるとは驚きです!会社やメンバーはどのような雰囲気ですか?

長堀さんが物腰の柔らかい方なので、他の社員さんも柔らかく接してくださいます。今はインターンの中の取りまとめ役も担い、2名のインターンのメンター役として仕事の引継ぎをしていますが、その際に自分も話しやすい雰囲気を心がけて教えています。

メンバーは皆、仲が良く、1ヶ月に1回程出社し会議がありますが、その後飲みに行ったり、先日もBBQをしたりしました。そういった場では、普段話せないことも話せ、メンバー同士が分かり合える良い機会になっていると思います。

また、社長と社員の距離がとても近いと思います。普段の仕事ではもくもくとリモートで作業をしているため、あまり長堀さんと話す機会がありません。だからこそ、長堀さん自らあえて話す機会を作ってくださり、悩みや困っていることを聞いてくださいます。すごいところは、ただ聞くだけでなく、すぐ改善してくださるところです。とても社員想いで、精神面でのフォローをしていただいていると感じています。

~悩みや困っていることがスピード解決されると、さらに業務に専念できますね。それでは、デザインファーストに応募を検討されている方にメッセージをお願いします!

デザインファーストは社会を学ぶことができる会社です。経験者、未経験者、インターン、社員だということは関係なく皆同じように責任ある仕事を任せてもらえるので、やりたいことが明確にあり、やる気があれば、色々なことに挑戦でき確実に成長できる環境です!

確固たる目標があり、人と関わることが好きな方、ご応募お待ちしております!


デザインファースト株式会社's job postings
41 Likes
41 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from デザインファースト株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?