1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【デパート:デザイナーインタビュー】クライアントの要望をデザインに落とし込むのは、難しいけれどやっぱり面白い

デパートで働いているメンバーを紹介します。

今回はデザイナーの岸さんへ、デザイナーを目指した理由や、在宅勤務の働き方などをお伺いしました。

                 2017年入社:岸さん


好きなお笑い芸人のファンサイトを作りたくて、Web制作やWebデザインを独自で学んだ

――自己紹介をお願いいたします

デザイナーの岸です。

デパートに入社して、約3年目になります。

高校生の時に、アルバイト先でマネキンを着せ替えたり、店内を装飾する機会が多かったのですが、それがきっかけでディスプレイデザインに興味を持ち始めるようになりました。アルバイト先の店長に、「デコレーターという仕事があるんだよ。」と教えてもらい、その道へ進もうと専門学校に入学しました。卒業後はマネキン会社に就職し、店舗装飾などを行う部署に勤めていました。

Webへ関心を持ち始めたのは、お笑い芸人さんがきっかけでした。

当時、好きなお笑い芸人さんがいたのですが、デビューまもなかった為検索してもWebに彼らの情報がほとんど出てきませんでした。そこで、それなら自分でファンサイトを作ってしまおう!と思い、ホームページ制作ができるソフトや本を購入して、一から独学で学びました。まだ公式サイトが出来る前だったので、自作したファンサイトはアクセス数も多く、反響が良かったです。実際に、掲示板サービスの会社からモデレーターのお声掛けを頂きました。ちなみに、その芸人さんは内緒です…(笑)

そのファンサイト制作をきっかけにWebデザインの面白さに気づき、Webデザインを職業にしたいと考えるようになりました。ただ、独学で知識も浅いため、まずは自身のポートフォリオを制作して、アルバイトからWeb業界に入りました。その後、数社勤めましたが、よりデザインに特化した環境で働きたいという想いが強くなり、転職を決断してデパートと出会いました。


ーーデパートとの出会いを教えてください

デザインに集中したかったので、デザインとコーディングが分業制の会社を探していました。そこでデパートを見つけて、応募した事がきっかけでした。

ホームページの制作案件を見てみると、どのデザインも素敵で、特に「The Way」という案件のデザインが心に刺さり、印象的でした。実際に面接に行くと、職種関わらず色々な方とお話させて頂き、選考中にも関わらず社内見学をさせて頂きました。

当時のデパートは「誰かを想って創る」というビジョンを掲げていたのですが、ホームページに掲載されているGUさんの対談などから、ただ請け負うだけではなく、クライアントと一緒に課題を解決しようという姿勢が唯一無二な感じがして、いいなと思いました。他にも選考が進んでいる会社はありましたが、そのような所に感銘を受けて、デパートへ入社を決めました。


クライアントの要望をデザインに落とし込むのは、難しいけどやっぱり面白い

ーー今の仕事の面白い所・難しい所を教えてください

クライアントさんの要望をデザインに落とし込むのが仕事ですが、そこが難しくも面白く感じます。普通は、ディレクターがクライアントさんの要望をヒアリングし、そこからデザイナーやエンジニアに落とし込むかと思うのですが、私はより上流工程から参加するように心掛けています。案件を詰めている段階からメールのCCに入ったり、クライアントさんとの打合せに参加する事で、お互いの認識にズレがないようにしています。

ただ、最近はWeb会議が主流なので、温度差が出てしまったり、ニュアンスを感じ取るのが難しいので、Web会議ではカメラをオンにして、クライアントさんと顔を合わせるよう意識しています。そうする事で、相手の雰囲気を伺えるので、その後文面のみでやり取りをしても、認識がズレないと感じています。


ラジオを聴いて、在宅勤務の生活リズムを整える

ーー仕事以外のプライベートの過ごし方を教えてください

ライブに行ったり、観劇が趣味です。最近のライブは、CG映像やセットへのこだわりが強いので、デザイナー目線で見てしまいます。気になったらデザイン会社やデザイナーを検索して、今後の業務に活かせないかネタの引き出しとして蓄えています。

ただ最近は、コロナ禍で難しく、無趣味になってしまいました…。

他は、基本的にインドアなので家で猫と遊んでいます。


ーー在宅勤務のメリットを教えてください

移動時間のロスが無くなった分、時間を有効に活用できるのが最大のメリットだと感じています。最近は、自身の勉強として本を読むようになりました。普段は帰ってきても疲れてしまい中々時間が取れなかったのですが、勉強する時間ができたのは嬉しい事ですね。

また、時間が出来た事により、提案書作成などデザイン以外の分野にも業務を広げられるようになりました。


ーー在宅勤務の工夫の仕方を教えてください

業務に没頭していると、どうしても時間の感覚が分からなくなりがちですが、ラジオを聞いて生活リズムを整えるように工夫しています。在宅勤務を始めた頃は、音楽を聞いたりテレビを付けて、無音にならないよう多少音を流していたのですが、気が散ってしまいました。そこで、前職でラジオを流していた事を思い出し聴いてみた所、ちょっとした人の話声や時報で、お昼休憩や仕事を終わらせるタイミングを掴め、上手く調整できるようになりました。


多くの課題があるからこそ、業務改善や効率化をメンバーで組み立てていくのがやりがいに繋がる

ーーどのような所にやりがいを感じていますか

昨年大きな体制変更があり、業務の幅が大きく広がりました。今までは決まった案件を担当する機会が多かったですが、現在は色々な案件に携わり、コンペに参加する機会が増えました。提案書は正解があるわけではないので、自分で調べて精度を上げられるよう努力していますが、難しくもあり、やりがいだと感じています。

また現在は、様々なメンバーと関わる機会が増えたので、たくさんの刺激をもらっています。週に1回、デザイナーミーティングを行っていますが、ワークフローの見直しや、新たなデザインソフトを導入する事でどのような課題点が出てくるのか、ディスカッションを行っています。多くの課題があるからこそ、業務改善や効率化をメンバーで組み立てていくのが、やりがいに繋がるのではないかと思っています。

株式会社デパート's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more