1
/
5

【インターン生に聞くvol.1】8月のインターン生トップセールス!月間売上で一位を取れた意外な理由とは

株式会社Delightは平均年齢23歳、メンバー30名(インターン生含む)のアーリーベンチャーです!
若いメンバーで会社を大きくし、最終的には「21世紀を代表する会社を作る」ことを目標としています。

【メンバーインタビュー】ではそんな若い会社の中で会社を引っ張り、一緒に会社を作っていくDelightメンバーを紹介していきたいと思います。

今回は、長期インターンとして6月に入社し、現在インターン生のエースとして会社を引っ張ってくれている岡田くんのインタビュー記事をお届け。

この記事を読む方には、「アーリーベンチャーで就職するって大丈夫なの?」だったり「圧倒的な成長を実現するにはどんな環境に行けばいいの?」と思っている新卒の方、長期インターンを検討されている学生の方の少しでもヒントになれれば嬉しいです!



<プロフィール>
株式会社Delight 長期インターン生 岡田泰(おかだ ゆたか)
Delightの23卒向けの初めてのインターン説明会に参加し、6月に入社。
その後、店舗向け事業部での営業を経験したのち、現在はウォーターサーバー事業部に所属。
8月には長期インターン生の中でトップの営業成績を残し、インターン生を引っ張る存在として活躍中。

「初めてオファーをくれたのがDelightだった」

ーーー岡田君はどんな学生生活を送っていましたか?

剣道一筋って感じの学生生活でした(笑)。中学校から剣道を始めてから、中学時代と高校時代は両方で部長としてチームを率いていて。中学校の頃は団体戦で大会とかにも出たりして結構がっつりやってたっていう感じですね。

大学時代はとにかく剣道のサークルとアルバイトがメインの生活でした。サークルでは幹部をやったりしてて、メンバーと遊びに行ったりしていました。

ただ、そんな時にコロナ禍に突入してしまって。コロナが流行したのが3月で、それから10月ぐらいまでは剣道もできず、仲間とも会えなかったので関係が薄くなってしまったんですよね。そこからはオンラインで授業を受けて、バイトに行って、そんな生活を繰り返していましたね。


ーーーそんな中で長期インターンを始めようと思ったきっかけはなんだったんですか?

正直、長期インターンをやろうとかは当時全く思ってなかったですね。ただ、とりあえず逆求人型の求人広告に登録してて。そこで初めてオファーをくれたのがDelightでした。

それがきっかけでインターン説明会に参加しました。説明会を聞いて面白そうだなと思ったのと同時に、僕の性格上、あんまり考えて行動するタイプではなかったのでそのまま選考に進んでみようって。

Delightの長期インターンの選考は面接が1回あるんですけど、ありがたいことに合格させていただきました。ただ当時はそんなに意識も高くなかったので、とりあえずって感じでインターンを始めましたね。


インターンで売上一位になれた秘訣は「誰よりも働くこと」

ーーー最初はどのような業務をやっていましたか?

最初は店舗向けのテレアポから始めました。

インターン面接の時に「飛び込み営業か、テレアポか、テレマーケティングのどれがいい?」って希望を聞かれテレマーケティング(電話完結の営業手法)をやってみたいと伝えていました。

ただ、入社後に「まずは営業の基礎となるテレアポをやってみたらどう?」と代表に言われて。それもそうだなと思ってまずは店舗向けのテレアポから営業をスタートしました。

店舗向けの営業を始めて大体1ヶ月過ぎたくらいから、「ウォーターサーバーのテレマーケティングも並行してやってみないか?」という話が出てきて。

そこからは日中は店舗向けにテレアポをやって、夜はウォーターサーバーのテレマーケティングをやるみたいな生活をしていました。

今思うと結構ハードな生活でしたね(笑)。

そこから徐々にテレマーケティングに移行していって、今は完全にテレマーケティング一本でやってます。

ーーー実際にDelightの長期インターンで成長してるなと感じる部分はどこですか?

Delightで長期インターンして成長したと感じる部分は2つあります。

1つ目が「営業力」

最初は電話かけることにすら抵抗があったんですが、今はまったくなくなりました。加えて営業を始めた時の営業のトークを聞き直してみると自分でもびっくりするぐらい上手くなってて。そういった面で「営業力ついてきてるな」ってすごく実感します。

2つ目は「仕事に対する捉え方」ですね。

もともと僕が仕事に対して熱い思いを持っていたかっていうとそんなこと全然なくて。バイトとかは楽して稼げればラッキーぐらいの価値観でした。

でもDelightでは全力でやって当たり前という雰囲気がある。

たとえば、事業部が同じ社員の遠藤さんは休みの日を削ってまで売上を伸ばそうとしていて。

他の社員の方でも土日休みを自ら望んで出勤していたりします。それって他の会社ではない光景ですよね。目標に対して泥臭くいけど、ものすごい努力する姿を常に間近で見てる。

そういうのを見ると僕もやんなきゃって思います。それはDelightに入ってよかったことですね。


ーーー8月の月間売上ランキングではインターン生トップに輝きましたが秘訣はありますか?

単純に量をこなしたことだと思います。8月は月間で130時間以上働いていて、他のインターン生よりもダントツで多かった。

営業自体は3ヶ月目でしたが、テレマーケティングで言うと2ヶ月目の新人だったので、とにかく時間を投資しまくりました。それが結果につながったと思います。

ただ、それこそもっと実力やスキルがあればもっとやれたかなとは思っています。

8月は一位を取ることができて素直に嬉しかったです。ただ売上でみると全然まだまだなので、今月はもっと売上を上げられるように頑張ります!


Delightの魅力は「仕事に対して熱い人が多いこと」

ーーーインターン生からみてDelightの魅力はどこにありますか?

2つあります。

1つ目がインターン生でも社員と全く同じ業務をやれること

これはとても魅力的なところだと思います。社員の方がやっていることと同じ業務を同じ裁量権でやらせてもらえる。それは他の会社ではないことだと思うので。

2つ目は仕事に対して熱い人が多いところです。

仕事に対して熱心で、結果が出ない時でも前向きに努力する人しかいないのがDelightの特徴。

遠藤さんはこの間、テレマーケティングで一番営業の強い人のトークを録音して文字に起こして、トークを研究していた。文字を写すだけで30〜40分ぐらいはかかっていたと思います。

これは決して遠藤さんに限った話ではなくて、Delightのメンバー全員がそう。

僕は大手で働いたことはないですが、大手ではこんな熱心に仕事に取り組める環境はないだろうなと思っています。


ーーー共に働いている同期のインターン生の雰囲気はどうですか?

すごく仲はいいと思います!

ですが、ただ仲がいいだけじゃなくてお互いにライバル意識を持っている。

もう1人のインターン生の今月のコミット(営業目標)が契約を7件だったんですよ。それで僕が契約12件のコミットを掲げていると聞いて、そのメンバーが目標を13に上げるみたいな。ライバル心むき出しですよね(笑)。

直近では大阪のインターン生が増えてきて、大阪支社が盛り上がっています。そこに対してもライバル意識は強く持ってますね。

関西メンバーの受注報告で、誰がどのくらいの結果残しているのかをかなりチェックしてます。そのぐらいやっぱり負けられない。

大阪で売り上げが上がっている分、東京も盛り上げていきたいと思っています。


2ヶ月連続でインターンのトップセールスへ

ーーー今後の目標はありますか?

近い目標でいうとインターンの中で売上2ヶ月連続のトップセールスを目指してやってます。8月にインターン生で一位を取れたとはいえ、まだまだです。特に最近はインターン生も増えてきているので負けられない。

長期的な目標でいうとウォーターサーバー事業部をDelightで作りたいと思っています。

新井さん(代表)には「まだまだ実力が伴っていないから難しい」と言われているのですが、ちゃんと1日1受注できるようになれば可能性あると思うので頑張りたいです!


ーーー最後に長期インターンを考えている学生にメッセージをお願いします!

僕が参加したインターン説明会は23卒向けの初めての説明会だったんですよね。その時に一緒に説明を受けていた学生が他に5人か6人いて。

でも、結局入社したのは僕だけ。実際に入ってみて僕が思うのは「Delightで長期インターンをやって本当によかった」ということ。

その説明会見る限り周りはみんな優秀な人たちでやる気ありそうな人たちだったんですが、1つだけ違いがあって。その違いっていうのが一歩飛び込む勇気。

だから積極的に飛び込んで欲しい

特にDelightだとインターン生でも大きなやりがいを持って仕事ができる環境がある。

僕はもともと半年で辞める予定だったんですけど新井さん(代表)から「12月で辞めんの?」みたいなちょっと残念そうな感じで言ってもらって。そこで自分の存在価値をすごく感じられた。

そういった経験は他のインターンではできないと思っています。

今でいうと特に東京メンバー少ないので関東の人はぜひ入って欲しい。
お待ちしております!


株式会社Delightでは一緒に歴史を作ってくれる新卒、インターン生を募集しています!
Delightで共に歴史に名を刻みませんか?

興味がある方は下記からご連絡ください!

【新卒】

法人営業
Delightで共に歴史に名を刻みませんか?
Delightには、特定の事業や業界へのこだわりや想いはありません。
 「自分も相手も社会にも喜びを与えられるだろうか?」 私たちが意識しているのはこのキーワードのみ。 会社としてどれだけ利益が出るとしても、誰かが損をするのであれば絶対に参入しない。 逆に、この理念に反さなければ、どんな業界のどんな事業にでも積極的にチャレンジします。 現在の事業部は3事業部 ・代理店事業部 →デリバリーサービス、キャッシュレス決済、ライフライン 主に飲食店に向けてこれらを総合的に提案し、 お店の売り上げアップと、コストダウンに注力しています。 ・人材事業部 →チアキャリア、オファーボックス、wantedly 企業に向けてそれぞれの特徴にあった媒体を提案していきます。 さらに企業の採用の支援をお手伝いする採用コンサルティング事業も行っています。 ・メディア事業部 →自社メディア 9月からオウンドメディアの立ち上げが決まり、立ち上げの最中です! 今後はメディア事業にも力を入れスケールアップを目指します。 ↓さらに詳しくはこちら↓ https://www.wantedly.com/companies/delight21/post_articles/340942
株式会社Delight

【インターン】

法人営業
就活で無双しよう!超実践型の営業で圧倒的な営業力を身につけたい学生募集!
私たち株式会社Delightは、「世の中に影響を与え、常に喜びにあふれる会社にしたい」という思いから立ち上げた会社です。創業当初は電力自由化の販売代理事業からスタート。プロスポーツチームとのタイアップ事業やキャッシュレス事業、採用コンサルティングと事業ドメインを急速に拡大しています。 ・代理店事業 飲食店を中心に店舗・サービスを支援。その他、特定の業界に偏ることなく、多種多様な企業様のサポートを行います。 ・人材事業 ベンチャー企業をメインに、採用活動を包括的に支援。新卒~20代の若手層に強みをもち、採用戦略の設計から実施までワンストップでサポートします。 ■Delightのこれから■ 平均年齢23歳の20代だけの会社です。若い会社ながら新卒も積極的に採用し、事業・組織ともに順調に拡大中。短期的には既存事業の足元を固め、経営基盤の強化を図ります。 そしてゆくゆくは、新たにIT事業を立ち上げたり、自社プロダクト開発を行ったりして、さらなる飛躍を目指します。
株式会社Delight


話を聞くだけでもOKです!
仕事に熱い仲間と真剣に取り組みたい方、お待ちしております!

株式会社Delight's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings