1
/
5

【第三弾:社員紹介】ワーケーションを活用したリアルライフ!

社員紹介第三弾はPdMとしてご活躍の嘉永島 健司さん!
フルリモート環境を存分に活用して働かれている嘉永島さんのストーリー。

ぜひお楽しみください☆

◆今までの経歴を教えてください◆

今までフリーランスのバックエンドエンジニアとして、個人向けSNS開発から法人向け業務のシステム開発まで、さまざまなWebシステム開発を経験してきました。また、データ分析・機械学習エンジニアとしても、画像認識やレコメンデーションなどの案件を経験してきました。

そもそもエンジニアになろうと思ったきっかけは、エンジニアの前は、コールセンター、牛乳配達、コンビニ、フリーターなどいろいろな職を転々としていましたが、趣味でPCをいじったり、コードを書いたりしていました。そんな中、プログラマーとして一通りのことは出来るかもしれない!と思い仕事探しを始めたところ、契約が取れ始めたことがきっかけでした。

その後、一年半正社員のエンジニアとして働きフリーに転身。そこからDATAFLUCT(以下DFとします)に出会い現在にいたります。DFとは、新しい案件を探している際にエージェントさんからご紹介いただいたことがきっかけです。以前から、今後はデータビジネスがWebに次ぐ巨大なトレンドになるという直感があり、データをビジネスにするエキサイティングな開発現場を求めていたところ、多種多様なデータ分析プロダクトを開発しているDFに出会い参画しました。2020年11月に業務委託として参画し、1ヶ月後の12月に正社員として入社しました。

◆DFでのポジション・役割を教えてください◆

主に、PdM(Product Development Manager)として、自社プロダクトや受託案件でのWebアプリ開発管理をしています。具体的な働き方としては、まずPO(プロダクトオーナー)と協議し、要件定義をして、何を開発したいかを整理します。要件定義が出来たら開発進捗管理をして、無事リリース出来るまで開発管理をしています。

常に3、4つのプロジェクトを並行して管理しており、各チームは、リーダー、BizDev、PdM、データサイエンティスト、そしてデザイナーの5名を軸に構成されています。

◆DFでの働き方はどのような感じでしょうか◆

入社当初よりメンバーの人数が増えて行く中で、進め方、スピード感も速くなって来ています。その道のプロの方々がたくさん参画されて来ているので、自分では思いつかないことが知れて学びが多く、とても良い環境だと感じています。

そして、フルリモートの環境ですので、相手の時間を拘束しないような情報提供を常に心がけています。よく使う手法が動画を使って相手に伝えることです。文字では伝わらないことでも、動画だと伝わることがあります。会議も毎回録画をして、会議に参加出来ない人へ共有しています。

◆仕事上で嬉しかったこと、大変だったことなどエピソードがあれば教えてください◆

嬉しいことは、システムを作っていくにあたって、言われたことをやるだけではあまり面白さを感じないのですが、ユーザーさんからのフィードバックも徐々に集まり始めて来ており、良いご意見をいただけた時にはとてもやり甲斐を感じます。良いプロダクトを作ってユーザーさんが快適になることが醍醐味ですので、改善点をいただけることもとてもありがたいです。

逆に大変なこととしては、DFは常にプロダクトが並行しているので、状況の変化がとても速く、あるプロダクトはスピードアップが必要、別では安全性が第一だったり、他ではクオリティ重視であったり色々なニーズに対応する必要があります。その中で、委託会社さんが想定通りにやってくれない時があると、自分の意図がしっかり伝わってなかったかもしれないと考えます。先方と自分の認識のずれをなくすために、試しにサンプルを簡単に作ってフィードバックをもらってから進めるなど工夫をしています。ここでも動画のサンプルを使用するときもあります。

◆オフはどの様に過ごされているんですか◆

旅行が好きなので、大体ワーケーションをしています。DFではフルリモートで働け、ワーケーションも認められているので、今までも札幌、名古屋、大阪、京都、沖縄など日本各地で旅行をかねて働いています。

海外もよく行くのですが、お気に入りはオーストラリアです。オーストラリアの中でもパースがゆったりしていてオススメですね。

これからもこの生活が続けられたら良いなと思っています。もしワーケーションについて興味がある方は何でも聞いてください 笑

◆今後の目標、Visionなど教えていただけたら嬉しいです◆

自分が携わったサービスがより多くの人に使ってもらえることが目標です。そして代表的なサービスが出来、それも多くの方に使っていただきたいです。

個人的には、開発者として長年やって来ているので、これからもデータ分析を続けて行き、この分野でそれなりの実績を作って行けたらと思っています。

◆最後に読者様へメッセージをお願いします◆

誰もが知っているようなプロダクトを同僚と仕組みを作りながら、ぜひ一緒に作って行きましょう。

フルリモートで自立したメンバーと働き、プライベートでは自由にいろんなところに行ける。お互い満足のいく働き方が出来るので、そこを希望される方はぜひご連絡ください!

◇ライターから一言◇

インタビュー内で、相手の時間を拘束しないために会議を録画するというお話がありましたが、これは初回の社員総会の時に、嘉永島さんが全ての会議を録画した方が良いのではと提案し、代表の久米村さんが採用してくれてスタートそうです。

会議や動画を録画する文化が他社でも求められているので、DFのプロダクトにも繋がっているのだとか。

各地を旅しながら働かれている方のお話を初めて実際に伺うことが出来、旅行好きのライターはとっても楽しかったです。ワーケーションにご興味のある方は、ぜひ嘉永島さんにお話を聞いてみてくださいね!

株式会社DATAFLUCT's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings