1
/
5

コロナ禍でも白熱!!念願の聖地甲子園!!

皆さん、はじめまして!

株式会社Cuolegaの山崎です。

2019年4月に新卒として入社し、同年12月に東京から関西支社立ち上げに来てから

はやいもので1年が経過しようとしています…

今年はコロナウイルスの影響で時間が止まったかのような1年でしたが

私たちクオレガの成長スピードは衰えることなく、加速しています!!

そして大学まで野球一筋だった私も、今では立派に営業マンやってます(笑)!

10月20日、関西支社の営業事務の岩根さん、21卒4期生インターンの峯﨑君と

阪神タイガースvs広島カープの1戦を甲子園へ観戦に行ってきました。

弊社代表からのプレゼントです!!!

今年のプロ野球はコロナウイルスの影響で開幕が大幅に遅れ、観客動員数も減らし、

声を出しての応援もなしと例年とは大きく違った形で行われていました。

甲子園と言ったら、なんと言っても阪神ファンの大声援が名物ですが今年はそれも見られません…

実は私、長野県の出身なのですが、モノ心ついた時から阪神タイガースの大ファンで

大学時代には阪神タイガースが関東で行う試合にはほとんど足を運び、

春の沖縄キャンプも観に行くくらいでした…

なので実を言うと関西へ来た1番の理由は仕事ではなく野球かんせ…(笑)失礼しました。

ただ先ほども書いたように今年のプロ野球は観客者数を大幅に減らしていたため

なかなかチケットも取れず、

ようやく、念願の甲子園!!

というテンションでその日を迎え、当日私は京都で商談、面接同行をしており

ハードなスケジュールと移動距離でしたがワクワクしながら甲子園へ向かいました。

甲子園はやっぱり特別ですよね…

あのゲートをくぐってグランドが見えたときの感覚は何回味わってもたまらないです。


私自身、高校生時代に目指した甲子園球場。

ここで1回はプレーしてみたかったなという気持ちや

今年は開催されなかった夏の甲子園大会、

高校球児の想いを重ねると更に特別感が増します。

私が到着した時には試合もはじまっていて阪神もぼろ負けムード…

ガクッときていると、そこへ阪神ファンなら誰しもが知る曲が流れ、

それまで静かだったスタンドから自然と起こる歓声、

スタンディングオベーションの中で登場したのは藤川投手でした。

今年限りで引退を表明していた藤川投手は私にとっては憧れのスーパースターでしたので

最後の勇姿を見れたのは感動モノ、涙、涙でした。

藤川投手の登場以降球場の雰囲気がかわり阪神タイガースの追い上げムードもありましたが

広島カープの勝利におわりました。

久しぶりに野球観戦をして、甲子園を目指していた頃も思い出しました。

あの頃の熱い想いを今度は会社に貢献するためにぶつけていきたい、

野球で学んだことを社会人人生に活かしていきたいと思います。

社会人にはゴールはありません、自分でどこに目標を見つけそこの努力できるかが大切です。

私の座右の銘は「全てのことにありがとう」

通っていた高校の部員心得にある1文です。

このような情勢になって余計に感じますが日常の当たり前は当たり前ではありません、

いつどこで何が起こるかわからないからこそ、

自分の目の前で起こること1つ1つに感謝をしていくことで学べること、

吸収できることは多くなります。

私は引き続きそういった想いで社会人生活を送っていきます。

学生の皆様へメッセージ

新卒の明るさ・元気さが今後のクオレガに必要なものとなります。

クオレガで何をしたいか、何を成し遂げたいか、

意志あるところに道は開けます!

今いる社員も現状に満足せず、常に成長、新メンバーと共に挑戦・進化し続けます!!

2020年クオレガはコロナ渦の中でも関西支社と新規事業を立ちあげました。

ここから本格的に日本全国に視野を広げ、社会貢献をしていきます。

「10年後の当たり前を作る」

これまで以上により多くの人や企業から愛される会社を目指していきます!

株式会社Cuolega's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more