1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

"仕様通り"ではなく"仕様以上"を目指して(フロントエンドエンジニア)

フロントエンドの技術者だからといって、コーディングだけを考えるわけにはいかない

WebサイトのコーディングやCMS構築がメイン

お客さまの顔であるWebサイトのコーディング(HTML / CSS / JavaScript)やCMS(Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム)の構築などを業務として行っています。

制作の過程ではお客さまとの打ち合わせに参加したり、同チームのメンバーはもちろん、プランナーやアプリ開発チームなど他のセクションのメンバーとも密に意見交換しながらお客さまの事業がより円滑になるよう、サイトを見た目をはじめ、内容やユーザー導線などをブラッシュアップするようにしています。

Webサイトは情報を伝える顔だからこそ...

WEBサイトはお客様の情報を丁寧に伝える顔です。そこで伝える情報は、シンプルでありながらも的確に伝えられなければなりませんので、お客さまからの情報は丁寧に扱うように意識しています。

また、WEBを扱うデジタル業界全般的にいえることですが、情報のトレンドやスタンダードの移り変わりの早い業界でもあります。半年前の情報が急に古くなっていたりすることも日常茶飯事ですので、最新のトレンドをいち早く取り入れるようにするよう情報収集を心がけています。

スマートフォンの登場以降、あらゆるデバイス(端末)に対応する必要がありますし、

見た目としても、HTML5やCSS3、JavaScriptを駆使したアニメーションや細かな演出で見た目としても華やかなサイトや、クールなサイトなどを演出できるよう技術習得にも励んでいます。

フラットな関係で活発な意見交換を

20代から40代の6名が制作業務に取り組んでおりますが、年代は変われど上下関係があるわけではなく、常にお客さまの結果や成果に結びつけるための意見交換をできるフラットな関係を意識していますし、構築するようにしています。

業務以外の話は年代が邪魔をして、疎通をとることが難しいこともありますが...笑

他チームとは『べき論』で語る

WEB制作チームのフロントエンドエンジニアは、ただHTMLやCSS、コーディングの技術があるだけではなく、よりクライアント様の要望に沿うにはどうするべきか、という「べき論」を語れるようにしています。

それは、お客さまのお客さま、つまりエンドユーザーが満足するにはどうしたらいいのかを考えられることが最低条件ですし、それをきちんと専門家としての意見を持った上で、デザインなど、他チームへ目的の確認や軌道修正を依頼するような関わり方をしています。

仕様通りではなく、仕様以上を目指して

みんな個々に得意とする技術や分野、コーディングセンスを持っており、専門家としての技量を備えているため、魅力や得意な分野が異なります。

唯一、共通しているのは情熱を持って『楽しみ』ながらプロジェクトを手がけているということ。それがシーエスレポーターズで仕事をすることであり、意義であると考えています。

仕様通りに作るオペレーターは世の中にはすでにたくさんいますが、自分で考え、どんどん新しいことに挑戦し、お客様が次の新商品におけるWEBプロモーションもシーエスレポーターズにお願いしたい!と思っていただけるよう意識していますし、そうなるべく一つ一つの案件に対して真剣に楽しみながら取り組んでいます。

私たちのお客さまは映画、ゲーム、飲食、美容、学校など多種多様ですが、それぞれの世界観を大切にしつつ、裏側にある想いを感じとった上でデザインや動きで具体化させていきますので、ぜひ、共にお仕事をさせていただける機会を楽しみにしております!

シーエスレポーターズWebサイト

株式会社シーエスレポーターズ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more