This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

本来あるべき金融の姿を実現したい。東大女子がメガバンクからクラウドクレジットに転職した理由

今回ご紹介するのはクラウドクレジットで人事を担当する阿部愛珠さん。彼女はもともとメガバンクの法人営業部で融資を担当していました。しかし次第に、資金ニーズのある先ではなく必ずしもお金を必要としない財務的に良好な企業にお金を貸そうとする銀行の現状に疑問を感じ、転職を決意したとのこと。なぜ阿部さんは数ある企業の中からクラウドクレジットを選んだのでしょうか。転職して感じたことや、今後の展望とあわせて人事の村松が話を聞きました。

預ける人、借りる人双方がWin-Winになる世界を

村松:そもそも何故、メガバンクに入社したのですか?

阿部:もともと組織論や企業経営に興味があったので、経営戦略に直接関わることができる銀行の仕事内容に魅力を感じました。大学3年生の時にインターンに参加し、内容が非常に面白く、社員の方も素晴らしい人が多かったので、銀行に入ることを決めました。

村松:メガバンクではどんな業務を?

阿部:私が入行した時には、全員が最初1ヵ月間は新人研修に参加し、その後は3年目になるまでOJTが続くという教育プランでした。OJTでは銀行の基本的な業務内容を学ぶ為、1年目の冬までは全員が全国の支店に配属され、個人のお客様を相手に窓口業務を行います。その後は、法人をお客様とする部署に全員が異動するのですが、私は比較的大きい企業をお客様とする法人営業部に配属となりました。配属店の規模によって、自分のお客様を持てる、持てないが変わるのですが、幸運なことに私は自分のお客様を持つことができたので、先輩の稟議補助に加えて、自分のお客様に対するお借入見直し等の融資業務や与信方針策定等に従事しておりました。

村松:なぜ転職しようと思ったのでしょうか?

阿部:転職しようと思っていたわけではありません。たまたま、金融業界の問題点の解決方法について調べるうちに、クラウドクレジット株式会社を発見。ビジネスモデルや貸付先が非常に面白いと感じたので、軽い気持ちで話を聞きに行きました。現在の金融が抱える問題点から目を逸らさず、その解決に奮闘している社長と社員の皆さんを見て、自分ももう見て見ぬふりはやめよう!と思ったので、転職することに決めました。

村松:金融業界の問題点とは?

阿部:現在の銀行の国内融資って、銀行内格付けと担保ありきに陥りがちです。世界的な規制の流れがあるのでやむを得ないのですが、土地とか資産の評価範囲内じゃないと貸付が難しいんです。「1億円の土地がある方には1億円を貸せます」みたいなイメージです。それだと結局、既に資産がある人たちにしかお貸出しができなくて。「もう少しリスクをとって貸すことはできないのかな」と思っていたんです。加えて、そもそも日本という国自体が人口減少に直面していてそんなに経済成長していない。つまり「日本の中小企業にはそこまで儲ける機会がないのに、お金を貸すって変だな」という違和感がありました。

それでお金を貸す人も、お金を借りる人もメリットが得られるようなビジネスモデルについて調べるようになりました。そんなとき、「お金を必要とする人に、お金に余裕がある人がお金を貸し出す」ソーシャルレンディングという仕組みを知ったんです。そこから「伝統的資本市場・銀行融資に次ぐ、世界でお金の流れをつくる第三の柱を打ち立てる」ことをミッションとして掲げるクラウドクレジットにたどり着きました。

プレッシャーはあるけど、気分は快晴

村松:クラウドクレジットに転職してどう感じましたか?

毎日がすごく楽しいです。前職では「このまま60歳まで働くのか」というどんよりした気持ちだったんですけど、いまは晴れやかな気持ちです。たしかに前職の方が安定性はありましたが、いまは業務の幅も広がったのでキャリアの選択肢も増えたと思います。

村松:一緒に働く人たちについてはどうですか?

魅力的な人たちばかりなので圧倒されています。スキルも経験も超一流のプロが集まっているので、「この人たちと一緒に働ける事自体が価値だな」と感じていて、毎日がすごく楽しいです。尊敬できる人に囲まれる環境に身を置けるって本当に素敵です。

いま私は人事という立場で、社員の魅力を引き出して応募者に伝えながら採用活動をしていて。魅力的なメンバーばかりなので、「私も“この人と一緒に働きたい”と思われる人にならなきゃ」と思っています。自分はまだ「すごい人」になりきれていない。だから毎日必死です。

例えば、いまは採用業務に加えて貸付先の情報整理や契約関連書類の作成も一部担当しているんですけど、これまで日本語で書かれた書類しか扱ってこなかったので、英語の書類を読むのにも一苦労。加えて、英語のミーティングに出席して正確に内容を理解して適切な対応をするにはもっと語学力を身につける必要があると感じています。それに、前職で担当していた企業といま自分が担当している企業はまるで違うので、海外の貸付先情報も常にキャッチアップするようにしています。

人事が起点となって、文化や価値観を醸成していく

村松:最後に、今後の展望について教えてください。

まずやるべきは視座を高めること。採用に関して、経営陣は私より長期的な目線で会社のことを考えています。現場ニーズを優先しすぎると、どうしても長期的な採用戦略がズレてしまうことがあるんですね。事業戦略と採用戦略を紐付けて考える視点がいまの私には欠けているので、もっと「このミッション・ビジョンを達成するために、どんな人材が必要か」を考えられるようになりたいです。

その上で、30歳までに「絶対にこの分野では誰にも負けない」という強みを確立したい。それが金融領域なのか、人事領域なのかはまだ分かりません。けれど、何かしらのプロには絶対なっていたい。

ただ、私はクラウドクレジットのビジネスモデルや理念に惹かれて入社しているので、「これがやりたい」というのはあまり限定していなくて。どちらかというと、この会社の成長を見届けたいし、会社をつくっていくことに興味があります。それは自分一人でできることではないので、自分自身や会社の魅力を高めてすごい人を呼べるようにしたいなと。

あとは、ミッション・ビジョン・バリューを改めて社内に浸透させるお手伝いもしたいです。人事起点で、クラウドクレジットが目指す「第三の金融の柱になる」ことについて考える機会を増やしていけたらなと。単に求められる人を採用するだけではなくて、「自分たちが目指す目標は高く、達成するまでの道のりはかなーり長いけど、それでも皆で力を合わせて頑張ろう!」と思えるような風土をつくっていけたらいいな、と思います。

written by CASTER BIZ recruiting

クラウドクレジット株式会社's job postings
本来あるべき金融の姿を実現したい。東大女子がメガバンクからクラウドクレジットに転職した理由
Keisuke Muramatsu
クラウドクレジット株式会社 / 人事部兼 内部監査室
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more