This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

始めたからには諦めない。困難な道を切り拓き続けるCREATIVE SURVEY、その挑戦の記録

こんにちは、企画開発・サポート部 取締役CTOの細川 泰生(ほそかわ たいき)です。

2019年4月に第2創業期を迎え、たくさんのお客様にご利用いただくアンケートサービスに成長した『CREATIVE SURVEY』。しかし、その道のりは決して平坦ではありませんでした。今日は、『CREATIVE SURVEY』の立ち上げから企画・開発に携わってきた私から、当社が現在に至るまでの山あり谷ありな物語についてお話ししたいと思います。

デザインを調査・評価するために、必要なのは?

私が親会社『株式会社フォーデジット』と出会ったのは、映像研究に取り組んでいた学生時代のこと。当初はアルバイトとして参加し、入社後にはフロントエンドエンジニアとして様々なサイト構築を担当していました。

そんな私がデザイン・開発業務にひたむきに取り組んでいた2010年。1つの新規プロジェクト企画から『CREATIVE SURVEY』は始まりました。

このとき、クリエイティブサーベイ前代表の田口が中心になって企画を考えたのが「デザインを調査・評価するツール」でした。現在の『CREATIVE SURVEY』は、インサイト収集や満足度調査などの幅広い用途にご利用いただいていますが、実はもともと「アンケートツールが生まれた」のは結果であって、目的ではなかったのです。

この企画が提出された背景には、デザインの評価基準が言語化の難しい感性や経験値に頼られている状況への懸念がありました。意思決定の現場で、感性で判断されがちな「デザインの良し悪し」を裏付けるデータの不足を感じていたのです。また、この「感覚頼り」が原因でデザインのノウハウが正しく継承されず、若手が育ちにくいのも悩みでした。

ユーザー側の意見を正確に抽出できれば、デザイン会社とクライアントの意思決定の精度を高められるのでは?評価ポイントを可視化することで、若手デザイナーのデザイン理解も深まるのでは?ただ、ユーザーも「このデザインをどう思いますか」と漠然と聞かれても答えられない。それを解決するにはどんな調査項目・評価軸が必要になる?デザインの良し悪しを正当に評価するためには、どんな情報が必要なのか?

私たちは検討に検討を重ね、そこから現在のサービスにも継承されている、独自機能の原型が次々と考案されていきました。

例えば、「エリアマッピング」機能は、回答画面に表示された画像の気になる箇所を選択して、コメントを残すことができます。さらに、ユーザーの定性データが蓄積され、良い部分を赤色に、悪い部分を青色に、ヒートマップで分かりやすく可視化されるようにしました。その他にも、好きな箇所を自由に選択できる「クリッツポイント」や複数の画像を比較・評価する「スライドバー判別」などもあります。

この部分は注目される、ここは見ている人が少ないといった情報を蓄積し、「ユーザーがデザインを判断する基準」をデータ化する。そこで初めて、曖昧な予測からの意思決定がなくなると考え、デザインの調査が可能な機能を発案・実装していったのです。

立ちはだかる困難を乗り越え、アンケートツールのサービス開始!

外部の企業と協業しながらツールの開発に取り組み、やがて完成した『CREATIVE SURVEY』のα版。しかし、ここからが大変でした……。

自信を持って販売したのですが、購入していただけたのはパッケージデザインを手がける企業様など、決して多くはありませんでした。デザイン業界以外のお客様には、活用するイメージを具体的に描いてもらうのが難しかったのです。

独立したビジネスとして軌道に乗せることは、このままでは厳しいーーそう感じた私たちが次に目標にしたのが「とにかくたくさんのユーザーに使ってもらう」こと。ユーザーの対象を「toB仕様」から「toC仕様」に変更したのです。となると、もちろん大幅に機能も作り直さないといけない。

さらに、気持ち新たに動き出そうとした矢先、サーバーサイド協業企業と一緒に続けていくのが難しい状況になってしまって。一度は諦めかけたのですが、受託制作とは別ラインとして立ち上がった新規プロジェクトが頓挫してしまうと、あとに続く若手が前向きに挑戦できなくなってしまう。それだけは避けたい、と使命感を胸に事業の続行を決断しました。

とはいえ、「誰が開発を担当するの?」という話になりますよね。当時、社内の人間にお願いすることも考えましたが、既に担っている仕事との両立はやっぱり難しい。そこで、サーバーサイドの開発を全て私が引き継ぐことにしたんです。当時の私が担当していた業務の大半はフロントエンド側。サーバーサイドの開発経験や専門知識が足りないのではという不安もありましたが、とにかくやると決めたのだから、諦めるわけにはいかない。当時を振り返ると、技術的にも精神的にも大変な時期だったことを覚えています。

独学で勉強しながらシステム開発に取り組み、2013年7月にはベータ版をなんとか形にしました。さぁ、いよいよサービス開始だ!と勢いづいていたのですが、ここで立ちはだかったのが「決済システム」です。

たくさんの人たちに利用してもらうためにも、クレジットカードで決済できる仕組みは絶対に導入しないといけない。でも、国内のサービス提供会社のほとんどは、審査に2ヵ月以上もかかる見込みで、導入後の運用面にも不安がありました。そこで、目を付けたのが、オンライン決済処理システムを提供するアメリカの企業『Stripe』です。アメリカの銀行口座があれば、すぐにでもサービスを利用できることが分かり、前代表の田口が急いで渡米。現地に会社をつくり、法人アカウントで銀行口座を開設して、無事にクレジットカードの決済システムを搭載できました。今思うと無茶苦茶な機動力ですよね(笑)。

そして、ついに、2013年11月1日、アンケートツール『CREATIVE SURVEY』のサービス提供が本格的に始動したのです。

独自のポジションを確立し、エンタープライズ版を発売

新たに生まれ変わった『CREATIVE SURVEY』は、「ユーザーヒアリングシステム」として幅広いお客様にご利用いただくことを想定しました。デザインの調査・評価ツールの時に開発した機能の他にも、テキスト選択やフリーアンサーといった通常の質問タイプも追加。また、自由度高く、美しいアンケート画面を作れるデザイン機能も実装。適した形、適したタイミングでアンケートを提示し、ユーザーから質の高い意見を集めることを可能にしました。

でも、ユーザーの数は増えたのですが、なかなか収益化に結びつけることができなかったんです。問題点を回収しては改善を繰り返す状況に疲弊も感じていたなか、ここからは収益をベースに乗せるべきだと考えました。

そこで、ビジネスモデルを「法人向けのアンケートサービス」中心にチェンジ。2015年には、機能を大幅に拡張した「エンタープライズ版」を発売しました。さらに、価格テーブルを見直し、営業活動も本格化。大手企業のソリューションツールとしてもご活用いただけるようになり、ここから『CREATIVE SURVEY』が一気に成長していきます。

時代の追い風を受け、次の飛躍を目指す

2014年に親会社から分社化して創業したクリエイティブサーベイ株式会社は、エンタープライズ版リリースを経て、2017年3月には単月黒字化に成功。2018年には通年で黒字化を達成しました。また、「Webフォントデザインアワード 2013」で当社のアンケートツールが準グランプリを受賞、「2017 Red Herring Top 100 Global」ではアジアの将来有望企業TOP100にも選出されました。

世の中に『CREATIVE SURVEY』が認知され始めたタイミングで、2019年4月にはSansanからの資金調達が決定。同時にIT業界でのtoBセールスとマネジメント経験を豊富に持つ菊地氏を代表取締役に迎え、エンタープライズ版の最適化と機能拡張のために、さらなる拡大を目指している真っ最中です。

現在、当社は大きな成長フェーズに突入しています。そのなかで感じているのは、時代の流れに乗っている確かな手応えです。現在、商品やサービスが売れるためには、価格やスペックだけでなく、コト消費や顧客体験といった「素晴らしい体験」を提供することが重要になっています。CEMやカスタマーサクセスといったキーワードに注目が集まっているのも、その流れの1つと言えます。「顧客とのコミュニケーション/関係性構築」が事業成長のキーワードになってきている今、顧客エンゲージメントを高める当社のアンケートシステムが真価を発揮する場面の増加は、昨対比170%見込という大幅な売上増にも現れているのではないかと思います。

苦難を乗り越えて、第2創業期を迎えた当社。各種Sales Techツールとの連携、さらなる機能の整備や問題点の改善を1つひとつ乗り越えた先には、時代の風を受けた大きな成長が待ち受けていることでしょう。私たちの本当の躍進は、ここから始まります。


クリエイティブサーベイ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

エンジニア
第二創業期を支えるRubyエンジニア!チームでサービスを育てていきませんか
わたしたちは、次世代アンケートツール「CREATIVE SURVEY」の開発運用・販売を行なうベンチャー企業です。 先進的なシステムと秀逸なUIデザインを両立させ、 高いユーザビリティ、柔軟な顧客ニーズへの対応等々、toB・toCともに高い評価を受け成長を続けています。 ブラウザがあれば誰もが数分で作成できる、楽しく使いやすいコミュニケーションツールの開発を実現しました。単なるアンケートツールではなく、顧客とのコミュニケーションを重ね、その情報を反映させながら開発・改善することを強みとしています。 具体的には、CRMとの連携・配信システムとの連携・メディアに合わせた結果公開の仕組み・データ形式のカスタマイズなどを提供。企業のオペレーションに合わせ、アンケートをフル活用できるシステムになっています。機能性の高さを特に高く評価いただいております。 ◆資金調達完了!未踏領域を開拓、5年以内の上場を目指す 将来性を見込まれ、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanから2億円の資金調達を完了しています。https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163740 また、アンケートコミュニケーションにおけるデータ取得・活用の領域は、海外では大きな市場が生まれています。日本では市場がこれから作られる段階のため、発展性が見込まれる分野です。 今後は機能性の向上やSalesforceとの連携などを進め、第一人者として市場を開拓していきたい。そして80人まで仲間を増やし、5年以内の上場を目指しています。
クリエイティブサーベイ株式会社
ソリューションセールス
大型調達!&第2創業メンバー募集!売上とチームを引っ張るセールス
【大きな資金調達を発表しました】 詳細は以下をご覧ください。 https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163740 【TechCrunch様に掲載いただきました】 詳細は以下をご覧ください。 https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163741 私達クリエイティブサーベイは、4年前に設立した「次世代型WEBアンケート・コミュニケーション・プラットフォーム」の開発運用・販売をしています。先進的なシステム / 秀逸なUIデザイ ン / 高いユーザビリティ / 柔軟な顧客ニーズへの対応等々、BtoB BtoCともにリリース以来高い評価を受け成長を続けています。
クリエイティブサーベイ株式会社
UI/UX designer
顧客の要望を汲み取り、次世代アンケートツールを作成するUI/UXデザイナー
わたしたちは、次世代アンケートツール「CREATIVE SURVEY」の開発運用・販売を行なうベンチャー企業です。 先進的なシステムと秀逸なUIデザインを両立させ、 高いユーザビリティ、柔軟な顧客ニーズへの対応等々、toB・toCともに高い評価を受け成長を続けています。 ブラウザがあれば誰もが数分で作成できる、楽しく使いやすいコミュニケーションツールの開発を実現しました。単なるアンケートツールではなく、顧客とのコミュニケーションを重ね、その情報を反映させながら開発・改善することを強みとしています。 具体的には、CRMとの連携・配信システムとの連携・メディアに合わせた結果公開の仕組み・データ形式のカスタマイズなどを提供。企業のオペレーションに合わせ、アンケートをフル活用できるシステムになっています。機能性の高さを特に高く評価いただいております。 ◆資金調達完了!未踏領域を開拓、5年以内の上場を目指す 将来性を見込まれ、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanから2億円の資金調達を完了しています。https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163740 また、アンケートコミュニケーションにおけるデータ取得・活用の領域は、海外では大きな市場が生まれています。日本では市場がこれから作られる段階のため、発展性が見込まれる分野です。 今後は機能性の向上やSalesforceとの連携などを進め、第一人者として市場を開拓していきたい。そして80人まで仲間を増やし、5年以内の上場を目指しています。
クリエイティブサーベイ株式会社
プロジェクトマネージャー
これから大きく発展する市場で第二創業メンバーとして事業を支えるPM募集!
わたしたちは、次世代アンケートツール「CREATIVE SURVEY」の開発運用・販売を行なうベンチャー企業です。 先進的なシステムと秀逸なUIデザインを両立させ、 高いユーザビリティ、柔軟な顧客ニーズへの対応等々、toB・toCともに高い評価を受け成長を続けています。 ブラウザがあれば誰もが数分で作成できる、楽しく使いやすいコミュニケーションツールの開発を実現しました。単なるアンケートツールではなく、顧客とのコミュニケーションを重ね、その情報を反映させながら開発・改善することを強みとしています。 具体的には、CRMとの連携・配信システムとの連携・メディアに合わせた結果公開の仕組み・データ形式のカスタマイズなどを提供。企業のオペレーションに合わせ、アンケートをフル活用できるシステムになっています。機能性の高さを特に高く評価いただいております。 ◆資金調達完了!未踏領域を開拓、5年以内の上場を目指す 将来性を見込まれ、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanから2億円の資金調達を完了しています。https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163740 また、アンケートコミュニケーションにおけるデータ取得・活用の領域は、海外では大きな市場が生まれています。日本では市場がこれから作られる段階のため、発展性が見込まれる分野です。 今後は機能性の向上やSalesforceとの連携などを進め、第一人者として市場を開拓していきたい。そして80人まで仲間を増やし、5年以内の上場を目指しています。
クリエイティブサーベイ株式会社
ソリューションセールス
マーケやカスタマーサクセス等幅広い活躍の可能性!日本の市場を開拓する営業!
わたしたちは、次世代アンケートツール「CREATIVE SURVEY」の開発運用・販売を行なうベンチャー企業です。 先進的なシステムと秀逸なUIデザインを両立させ、 高いユーザビリティ、柔軟な顧客ニーズへの対応等々、toB・toCともに高い評価を受け成長を続けています。 ブラウザがあれば誰もが数分で作成できる、楽しく使いやすいコミュニケーションツールの開発を実現しました。単なるアンケートツールではなく、顧客とのコミュニケーションを重ね、その情報を反映させながら開発・改善することを強みとしています。 具体的には、CRMとの連携・配信システムとの連携・メディアに合わせた結果公開の仕組み・データ形式のカスタマイズなどを提供。企業のオペレーションに合わせ、アンケートをフル活用できるシステムになっています。機能性の高さを特に高く評価いただいております。 ◆資金調達完了!未踏領域を開拓、5年以内の上場を目指す 将来性を見込まれ、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanから2億円の資金調達を完了しています。https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163740 また、アンケートコミュニケーションにおけるデータ取得・活用の領域は、海外では大きな市場が生まれています。日本では市場がこれから作られる段階のため、発展性が見込まれる分野です。 今後は機能性の向上やSalesforceとの連携などを進め、第一人者として市場を開拓していきたい。そして80人まで仲間を増やし、5年以内の上場を目指しています。
クリエイティブサーベイ株式会社
なんでもインターン(有償長期)
大型調達!新規サービス立ち上げ!第2創業メンバー!学年や年齢不問!
私達クリエイティブサーベイは、5年前に設立した「次世代ヒアリングツール」の開発・販売をしています。高い機能性・きれいなデザイン・感覚的なユーザビリティなど、顧客ニーズへの対応を果たし、主にBtoBのマーケティング・セールス・カスタマーサクセス領域において高い評価を受け成長を続けています。 また新製品の開発を続けており、今後の新たな成長に向けて準備を進めています。 【大きな資金調達を発表しました】 詳細は以下をご覧ください https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163740 【TechCrunch様に掲載いただきました】 詳細は以下をご覧ください https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163741
クリエイティブサーベイ株式会社
クリエイティブサーベイ株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more