This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「ご回答ありがとうございました」で終わらせない。アンケートの真価を引き出し、業界の常識にメスを入れる!

今回のインタビューは、セールス&マーケティング部のマネージャーである、新村 成世(にいむら なるせ)さんです。

新村さんは、企業向けアンケートツール『CREATIVE SURVEY』の立ち上げから関わっているひとり。大学時代にアルバイトとして参画し、以来ビジネスサイドでサービスの成長を支えています。

そんな新村さんに、アンケートツールに秘められた可能性、そして、今後の展望についてお聞きしました。

立ち上げフェーズから、経営陣に次ぐ3人目のメンバーとしてジョイン

ーー改めて、これまでのキャリアについて教えてください。

もともと大学時代にアプリ開発に携わっていたことから、IT関連の新サービス開発を仕事にしたいという想いがありました。就職活動では大手企業から内定をいただいていたのですが、新規事業の立ち上げから程遠い仕事内容だったので、最終的には辞退したんです。そんなとき、偶然出会ったのがまさに立ち上がったばかりの『CREATIVE SURVEY』。前代表の田口、CTOの細川に次ぐ、3人目のメンバーとして参画しました。

新サービスの開発に関われるとあって勢いづいていたものの、実際の仕事内容は、電話対応やテレアポ営業、市場調査やコンセプト検証など。正直、最初はギャップを感じていました(笑)。でも、売上をつくる、お客様が何を求めているのかを把握するといった営業活動は、サービスづくりの要なんですよね。今だからこそはっきり言えるのですが、入社当時からビジネスサイドのキャリアを積めて本当によかったです。


ーー現在のお仕事を詳しく教えてもらえますか。

現在、セールス&マーケティング部の営業マネージャーを務めています。具体的には、現場の営業活動や受注した案件の各種支援、アンケート調査・分析の支援など。また、新しいメンバーの加入に備えて、自分の中で培ってきたノウハウの可視化や、セールスの仕組みづくりにも取り組んでいます。

ーー事業拡大を担う上で、社内のコミュニケーションも重要になりそうですね。

そうですね、本当に重要です。普段から社内でのコミュニケーションにはチャットツールを使っているのですが、その中では小さなディスカッションが頻繁に起こっています。例えば、「お客様に提案したけれど上手くいかなかった」と相談してみると、「こういう仕組みがあれば解決すると思う」とエンジニアからアドバイスが返ってきたり。オフィス内には部署の垣根を超えた一体感があり、全員で『CREATIVE SURVEY』の開発に取り組めていますね。

ミッションは、アンケートの真価を引き出すこと

ーーセールス担当には、どのようなことが求められるのでしょうか。

アンケートは、データを集めて終わりではありません。データを分析して、次の行動に反映させてこそ、初めて価値が生まれます。しかし、ほとんどのお客様は、アンケートに回答してもらうことが目的化してしまっている。何らかの形でアンケートをおこなっていても、形骸化していることが多いんです。その場合、単純に今やっているアンケートを『CREATIVE SURVEY』に置き換えれば済む話ではないですよね。アンケートを「どう使うのか」を一緒に考えていく必要があるんです。

だからまず第一にセールスに求められるのは、「お客様の課題をしっかりと聞き出すこと」。ツールの機能ばかりを紹介していても、お客様の共感は得られませんし、そもそもそれだけでは解決できないんです。

商談でお話をうかがう機会が多いのは経営陣の方が多いため、長年の経験から顧客の声を聞くことの大事さを実感されているんですね。なので、アンケートの改善に対するニーズはとても高いんです。そこで現状の課題や要望の本質がヒアリングできて初めて、『CREATIVE SURVEY』で何を実現できるのか、可能性を提案できます。

また、「ITやマーケティング領域の動向にアンテナを張ること」も大切。お客様はマーケティングの全体像を描いた上で、課題解決の手段のひとつとしてアンケートの活用を検討されてしています。そのため、解決策を提案する側である私たちが、マーケティング業界の現状を理解しておかないと話を進められません。そのほかのツールと連携しやすい『CREATIVE SURVEY』の強みを最大限に活かすためにも、最新情報のキャッチアップは重要です。


「アンケートは対話である」新しい常識の浸透に向けて、挑戦中!

ーー新村さんが描いている今後の展望について教えてもらえますか。

お客様の業種や目的によって違いはありますが、当社はすべてのアンケートを「対話」だと捉えています。この観点がなくなると、企業側が知りたいことを一方的に聞くような、独りよがりなアンケートになってしまいます。単なる「調査」「分析」の手段にとどめるのではなく、アンケートを通じてお客様との関係性をより良いものにしていく。業界の在り方にメスをいれて、『CREATIVE SURVEY』の「コミュニケーションとしてのアンケート」というコンセプトを普及させたいと考えています。

アンケートを活かしきれていないことによる機会損失を解消しつつ、自社のコンセプトを浸透させ、国内No.1のアンケートツールを目指していきます。将来的には上場も視野に入れ、挑戦していきたいですね。

ーー最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

大学時代から現在まで、リサーチ、マーケティング、カスタマーサポート、法人セールスなど、当社のビジネスサイドのあらゆる業務に真摯に向き合ってきました。『CREATIVE SURVEY』の成長は自分自身の成長ともつながっています。資金調達を経て大きな拡大期を迎えた当社で、今後も新しいことにどんどん挑みながら、業務と真摯に向き合える方と一緒に『CREATIVE SURVEY』を成長させていきたいと思います。


――新村さん、ありがとうございました!


クリエイティブサーベイ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

ソリューションセールス
マーケやカスタマーサクセス等幅広い活躍の可能性!日本の市場を開拓する営業!
わたしたちは、次世代アンケートツール「CREATIVE SURVEY」の開発運用・販売を行なうベンチャー企業です。 先進的なシステムと秀逸なUIデザインを両立させ、 高いユーザビリティ、柔軟な顧客ニーズへの対応等々、toB・toCともに高い評価を受け成長を続けています。 ブラウザがあれば誰もが数分で作成できる、楽しく使いやすいコミュニケーションツールの開発を実現しました。単なるアンケートツールではなく、顧客とのコミュニケーションを重ね、その情報を反映させながら開発・改善することを強みとしています。 具体的には、CRMとの連携・配信システムとの連携・メディアに合わせた結果公開の仕組み・データ形式のカスタマイズなどを提供。企業のオペレーションに合わせ、アンケートをフル活用できるシステムになっています。機能性の高さを特に高く評価いただいております。 ◆資金調達完了!未踏領域を開拓、5年以内の上場を目指す 将来性を見込まれ、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanから2億円の資金調達を完了しています。https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163740 また、アンケートコミュニケーションにおけるデータ取得・活用の領域は、海外では大きな市場が生まれています。日本では市場がこれから作られる段階のため、発展性が見込まれる分野です。 今後は機能性の向上やSalesforceとの連携などを進め、第一人者として市場を開拓していきたい。そして80人まで仲間を増やし、5年以内の上場を目指しています。
クリエイティブサーベイ株式会社
ソリューションセールス
大型調達!&第2創業メンバー募集!売上とチームを引っ張るセールス
【大きな資金調達を発表しました】 詳細は以下をご覧ください。 https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163740 【TechCrunch様に掲載いただきました】 詳細は以下をご覧ください。 https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163741 私達クリエイティブサーベイは、4年前に設立した「次世代型WEBアンケート・コミュニケーション・プラットフォーム」の開発運用・販売をしています。先進的なシステム / 秀逸なUIデザイ ン / 高いユーザビリティ / 柔軟な顧客ニーズへの対応等々、BtoB BtoCともにリリース以来高い評価を受け成長を続けています。
クリエイティブサーベイ株式会社
クリエイティブサーベイ株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more