1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【新卒採用特別コンテンツ×若手社員インタビューVol.1】

プロフィール 宮川千佳 2017年入社 Product事業部所属


ユニオンテックに就職をされた理由を教えてください。

はい。元々大学で建築関係を学んでおり、その経験を活かせる会社で働こうと思っていました。その中でも空間が出来上がっていく工程を体感したいと思い『空間事業部』を志望していました。


実際にご入社されていかがですか?

担当するプロジェクト・現場ごとに学び得るものがあり、そこで学んだことが次の現場で活かせたときには自身の成長を感じます。大学時代も建築を勉強していたのですが、実際に現場に出てみると人も違えば作るものも違います。全く同じ空間が二つとして無いので、良いものを作るために膨大な専門的知識をつけていく必要があるので必死に頭を追いつかせてます(笑)

似ているものはあっても、お客様にとってはただ1つで唯一の空間ですから、こだわられるところも違ったりするんでしょうね。

そうなんです。オフィスや店舗の移転の移転スケジュールやビルのテナント状況も現場によって違ったりするので確認する内容もプロジェクトによって異なったりします。当然失敗することもあるのですが、社内の先輩からは失敗を「責められる」ことは無いです。どうして失敗してしまったのか、どうすれば解決できるのかをアドバイスしてくれたり、一緒に考えてくれたり。経験が浅くても仕事を任せてくれたり、見守ってくれていたりするので少々の失敗は気にせずチャレンジすることができます!イチから勉強する場がユニオンテックで良かったなと思っています。

若手に仕事を任せるというのは事業部を問わず会社の文化として存在するような気がします。結果ももちろん大切ですが挑戦したことが後ろ向きな経験にならないことは大切ですね。


仕事を通じて大変なことはありますか?

現場をお客様に引き渡す直前ですね。直前の変更依頼や、トラブルがあった場合など納品の期限が佳境を迎えた時はいつもドキドキで心が折れそうになる時もあります(笑)

締め切り直前はどのお仕事でもそうですよね。

大変なこともあると思いますが、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

自社HPで完成したプロジェクトが実績として掲載されていくのですが、工事中は本当に苦労して作り上げた空間がカッコよく載っているのを見ると、自分に対しても「よく頑張った」「カッコいいものつくったな」と携わって良かったなと感じます。

新しいお客様が自分の携わったプロジェクトを見てくださって「こういうオフィスにしたいんだ」と仰って頂いた時には本当にやってて良かったなと思います。



今後はどのように成長されていきたいですか?

会社が成長するに連れて自身の担当するプロジェクトも大規模なものだったり、難易度が高くなってきたりするので、どんなプロジェクトであっても物怖じせずに対応できるようになりたいです。

最後にこれからユニオンテックの選考を受けて下さる方や入社して下さる方へのメッセージをお願いします。

知識はもちろん大切ですが、お客様、協力会社の方、職人さんなど一つのプロジェクトで関わる人がたくさんいらっしゃいます。コミュニケーションはとても大切になってくると思います。経験や知識がなくてもチャレンジしたいという気概のある方と一緒に働きたいと思っています。

ありがとうございました。

クラフトバンク株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more