Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ゲーム系AI開発の第一人者 森川幸人さんが代表を勤めるモリカトロン株式会社によるメディア「モリカトロンAIラボ」の第一弾記事で、Connectomeをご紹介いただきました!

バーチャル・ヒューマン・エージェントやコネクトームとは?

クーガーは、ゲームAIをARやディスプレイを介してリアルワールドとつなぐことで、人と協調するバーチャル・ヒューマン・エージェント(VHA)を展開しています。
ゲームAIで制御されたエージェントをリアルワールドに持ち出した時、どのような社会実装が考えられるのでしょうか?

ぜひ一度ご覧ください!



クーガーでは、エンジニア領域のメンバーを大募集しています!


AIエンジニア
CVPRのコンペティションでトップ10入りしたAIチームと一緒に開発しよう
世界は、自動車・家電・住宅など無数のあらゆるモノや空間がIoT化し、AIが搭載される「AI Everywhere」の未来へと向かいつつあります。人間が無数のAIと快適にコミュニケーションするには、現在のスマートフォンやスマートスピーカーに代わる、新しいインターフェースが必要になると、私たちは考えています。 その究極のインターフェースが、人型のAIアシスタント「バーチャルヒューマンエージェント(VHA)」だと考えています。VHAを可能にするのが、AI・ブロックチェーン・ARといった先端技術を融合した技術「コネクトーム(Connectome)」です。 映画で例えるなら、『アイアンマン』のジャーヴィス、『ブレードランナー2049』のJoiがいるような世界を目指しています。 私たちは、言語(Verbal)コミュニケーションではなく、非言語(Non-Verbal)コミュニケーションに着目しています。 VHAは言葉だけでなく、表情やジェスチャーも使って表現をし、こちらの表情やイントネーション等から感情を理解できるのが、他のAIアシスタントとの大きな違いです。 言語・非言語両方のコミュニケーションができることで、人とAIがより自然に対話ができ、人間が人間を信頼するように、AIを信頼することができると考えています。 ●開発中のVHA「Rachel」のデモ動画: 1:Chat with Virtual Human “Rachel” https://youtu.be/vX_Q1SMRvu8 2:If driving with Virtual Human Agent… https://www.youtube.com/watch?v=zmWgJ8z239o 3:Virtual Human Agents on complex computer vision https://www.youtube.com/watch?v=0Ys3Z2EYxS4 今年3月には、NHK番組「人間ってナンだ?超AI入門」に、弊社にて開発中のVHA「Rachel」とCEO石井敦が出演しました。 Rachelと司会のチュートリアル・徳井さんが実際に会話をし、大きな反響がありました。 【予告編や番組情報はこちらでご覧になれます】 https://www4.nhk.or.jp/aibeginner/x/2019-03-28/31/30318/1723024/
クーガー株式会社


人型AIアシスタントコア開発
映画やゲームの中のバーチャルヒューマンを現実世界で動かすアプリ開発者!
世界は、自動車・家電・住宅など無数のあらゆるモノや空間がIoT化し、AIが搭載される「AI Everywhere」の未来へと向かいつつあります。人間が無数のAIと快適にコミュニケーションするには、現在のスマートフォンやスマートスピーカーに代わる、新しいインターフェースが必要になると、私たちは考えています。 その究極のインターフェースが、人型のAIアシスタント「バーチャルヒューマンエージェント(VHA)」だと考えています。VHAを可能にするのが、AI・ブロックチェーン・ARといった先端技術を融合した技術「コネクトーム(Connectome)」です。 映画で例えるなら、『アイアンマン』のジャーヴィス、『ブレードランナー2049』のJoiがいるような世界を目指しています。 私たちは、言語(Verbal)コミュニケーションではなく、非言語(Non-Verbal)コミュニケーションに着目しています。 VHAは言葉だけでなく、表情やジェスチャーも使って表現をし、こちらの表情やイントネーション等から感情を理解できるのが、他のAIアシスタントとの大きな違いです。 言語・非言語両方のコミュニケーションができることで、人とAIがより自然に対話ができ、人間が人間を信頼するように、AIを信頼することができると考えています。 ●開発中のVHA「Rachel」のデモ動画: 1:Chat with Virtual Human “Rachel” https://youtu.be/vX_Q1SMRvu8 2:If driving with Virtual Human Agent… https://www.youtube.com/watch?v=zmWgJ8z239o 3:Virtual Human Agents on complex computer vision https://www.youtube.com/watch?v=0Ys3Z2EYxS4 今年3月には、NHK番組「人間ってナンだ?超AI入門」に、弊社にて開発中のVHA「Rachel」とCEO石井敦が出演しました。 Rachelと司会のチュートリアル・徳井さんが実際に会話をし、大きな反響がありました。 【予告編や番組情報はこちらでご覧になれます】 https://www4.nhk.or.jp/aibeginner/x/2019-03-28/31/30318/1723024/
クーガー株式会社


人型AIアシスタントSDK開発
誰でも自由にバーチャルヒューマンを開発できる世界を作るSDKエンジニア
世界は、自動車・家電・住宅など無数のあらゆるモノや空間がIoT化し、AIが搭載される「AI Everywhere」の未来へと向かいつつあります。人間が無数のAIと快適にコミュニケーションするには、現在のスマートフォンやスマートスピーカーに代わる、新しいインターフェースが必要になると、私たちは考えています。 その究極のインターフェースが、人型のAIアシスタント「バーチャルヒューマンエージェント(VHA)」だと考えています。VHAを可能にするのが、AI・ブロックチェーン・ARといった先端技術を融合した技術「コネクトーム(Connectome)」です。 映画で例えるなら、『アイアンマン』のジャーヴィス、『ブレードランナー2049』のJoiがいるような世界を目指しています。 私たちは、言語(Verbal)コミュニケーションではなく、非言語(Non-Verbal)コミュニケーションに着目しています。 VHAは言葉だけでなく、表情やジェスチャーも使って表現をし、こちらの表情やイントネーション等から感情を理解できるのが、他のAIアシスタントとの大きな違いです。 言語・非言語両方のコミュニケーションができることで、人とAIがより自然に対話ができ、人間が人間を信頼するように、AIを信頼することができると考えています。 ●開発中のVHA「Rachel」のデモ動画: 1:Chat with Virtual Human “Rachel” https://youtu.be/vX_Q1SMRvu8 2:If driving with Virtual Human Agent… https://www.youtube.com/watch?v=zmWgJ8z239o 3:Virtual Human Agents on complex computer vision https://www.youtube.com/watch?v=0Ys3Z2EYxS4 今年3月には、NHK番組「人間ってナンだ?超AI入門」に、弊社にて開発中のVHA「Rachel」とCEO石井敦が出演しました。 Rachelと司会のチュートリアル・徳井さんが実際に会話をし、大きな反響がありました。 【予告編や番組情報はこちらでご覧になれます】 https://www4.nhk.or.jp/aibeginner/x/2019-03-28/31/30318/1723024/
クーガー株式会社


VHAシステムアーキテクト
ゲーム企画者必見!未来の人型AIアシスタントのキャラクターAIアーキテクト
世界は、自動車・家電・住宅など無数のあらゆるモノや空間がIoT化し、AIが搭載される「AI Everywhere」の未来へと向かいつつあります。人間が無数のAIと快適にコミュニケーションするには、現在のスマートフォンやスマートスピーカーに代わる、新しいインターフェースが必要になると、私たちは考えています。 その究極のインターフェースが、人型のAIアシスタント「バーチャルヒューマンエージェント(VHA)」だと考えています。VHAを可能にするのが、AI・ブロックチェーン・ARといった先端技術を融合した技術「コネクトーム(Connectome)」です。 映画で例えるなら、『アイアンマン』のジャーヴィス、『ブレードランナー2049』のJoiがいるような世界を目指しています。 私たちは、言語(Verbal)コミュニケーションではなく、非言語(Non-Verbal)コミュニケーションに着目しています。 VHAは言葉だけでなく、表情やジェスチャーも使って表現をし、こちらの表情やイントネーション等から感情を理解できるのが、他のAIアシスタントとの大きな違いです。 言語・非言語両方のコミュニケーションができることで、人とAIがより自然に対話ができ、人間が人間を信頼するように、AIを信頼することができると考えています。 ●開発中のVHA「Rachel」のデモ動画: 1:Chat with Virtual Human “Rachel” https://youtu.be/vX_Q1SMRvu8 2:If driving with Virtual Human Agent… https://www.youtube.com/watch?v=zmWgJ8z239o 3:Virtual Human Agents on complex computer vision https://www.youtube.com/watch?v=0Ys3Z2EYxS4 今年3月には、NHK番組「人間ってナンだ?超AI入門」に、弊社にて開発中のVHA「Rachel」とCEO石井敦が出演しました。 Rachelと司会のチュートリアル・徳井さんが実際に会話をし、大きな反響がありました。 【予告編や番組情報はこちらでご覧になれます】 https://www4.nhk.or.jp/aibeginner/x/2019-03-28/31/30318/1723024/
クーガー株式会社


ブロックチェーンエンジニア
スマートコントラクトを使ったサービスを開発したいエンジニア募集!
世界は、自動車・家電・住宅など無数のあらゆるモノや空間がIoT化し、AIが搭載される「AI Everywhere」の未来へと向かいつつあります。人間が無数のAIと快適にコミュニケーションするには、現在のスマートフォンやスマートスピーカーに代わる、新しいインターフェースが必要になると、私たちは考えています。 その究極のインターフェースが、人型のAIアシスタント「バーチャルヒューマンエージェント(VHA)」だと考えています。VHAを可能にするのが、AI・ブロックチェーン・ARといった先端技術を融合した技術「コネクトーム(Connectome)」です。 映画で例えるなら、『アイアンマン』のジャーヴィス、『ブレードランナー2049』のJoiがいるような世界を目指しています。 私たちは、言語(Verbal)コミュニケーションではなく、非言語(Non-Verbal)コミュニケーションに着目しています。 VHAは言葉だけでなく、表情やジェスチャーも使って表現をし、こちらの表情やイントネーション等から感情を理解できるのが、他のAIアシスタントとの大きな違いです。 言語・非言語両方のコミュニケーションができることで、人とAIがより自然に対話ができ、人間が人間を信頼するように、AIを信頼することができると考えています。 ●開発中のVHA「Rachel」のデモ動画: 1:Chat with Virtual Human “Rachel” https://youtu.be/vX_Q1SMRvu8 2:If driving with Virtual Human Agent… https://www.youtube.com/watch?v=zmWgJ8z239o 3:Virtual Human Agents on complex computer vision https://www.youtube.com/watch?v=0Ys3Z2EYxS4 今年3月には、NHK番組「人間ってナンだ?超AI入門」に、弊社にて開発中のVHA「Rachel」とCEO石井敦が出演しました。 Rachelと司会のチュートリアル・徳井さんが実際に会話をし、大きな反響がありました。 【予告編や番組情報はこちらでご覧になれます】 https://www4.nhk.or.jp/aibeginner/x/2019-03-28/31/30318/1723024/
クーガー株式会社
1 Likes
1 Likes

AI

Weekly ranking

Show other rankings