1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

働く場所は同じビルを1F上がっただけ!?採用コンサル→人事へ転身した私の過去・現在・未来

cooboo's Family Storyとは

コーボーの仲間一人一人のキャリアへの考え方・築き方、コーボーに入社した理由、未来への展望を過去・現在・未来の時間軸で語ってもらうコンテンツです。

初めまして。株式会社コーボー 人事・総務グループに所属しております、人事の大和田と申します。

2020年5月よりジョインしました。

今回、cooboo's Family Storyの第12弾として、入社早々で取り上げていただいて恥ずかしい気持ちもありますが、一貫して「Web」「人材」という業界にて経験を積んできた私が、どんな想いをもち転職をしたのか。そしてこれからコーボーで実現していきたいことをお話させて頂ければと思います。

これから特に20代後半という年代を、どういうキャリア・働き方をしていくのがいいのか悩んでいる方に、コーボーの良さもアピールしつつ、何か少しでも得られるものがありましたら嬉しく思います。

過去

Web・ITの業界の中で自身の成長を積み重ねる

私は高校までは地元福島で過ごしてきました。福島の中でも割と田舎の方で育ちました。

大学からは東京へ出てきたのですが、その意思決定は両親の影響を強く受けていると思います。

父は生まれも育ちもずっと福島でしたが、母は東京で洋服のデザイナーとして働いていました。母は父との結婚を機に福島へ。正直福島へ行ったばかりの時は、環境の違いに絶望したと言います。笑。

そんな母からは「東京で好きなことをしてきなさい」と幼少期から言われていました。父も"好きなことをする"ことにとても前向きだったため、大学からは東京に出ていくことは私にとっても家族にとってもごく自然な流れでした。
(地元福島県のことは全くネガティブに思っておらず、むしろ毎年何度も帰省するほど大好きです!)

働くということも念頭に置いて大学や学部を選びましたが、「福島に届くようなことが仕事が出来たらいいな」という想いと、それってなんとなく”メディアとか、マスコミとか、CMとかを作れたら叶うし、楽しそう♡”という理由で青山学院大学の総合文化政策学部に入学しました。

そして大学時代を謳歌し、就職活動の時期になります。当時は広告業界にぼんやり憧れており、「よくわからないけど楽しそう」という理由だけで広告業界を中心に就活を行いました。

結果、見事に惨敗。

「なんか楽しそう」というかなりふんわりした理由で就活をしていたので、そりゃそうだという感じなのですが。。業界研究や仕事理解も満足にできておらず、本当に熱意しかない状態でした。

内定は1社から頂いていたものの、その企業での入社には前向きではない状態でした。”そこで働くしかないのか…”と諦めかけていた大学4年生の秋頃、クリーク・アンド・リバー社というクリエイターに特化した人材派遣会社に出会いました。

今までは広告プロデューサーになりたいと思っていたのですが、Webという業界をクリエイターの就業支援という形で助けていくという仕事もあることを初めて知り、面白そうだと思いました。最終的には、業務内容もそうですが、倒産しないか?自分自身にしか出せない価値が出せるかどうか?というような観点も含めて、こちらの会社に新卒にて入社をすることに決めました。

1年目に配属されたのは、人材派遣と制作請負を任されている部署で、仕事としても制作のWebディレクターと派遣の営業を半分半分くらいでやっていました。そして2年目からは派遣営業を専任で行いました。しかも誰もが知る超大手広告代理店の担当をさせて頂けることになり、普段関われないような優秀なディレクターやプロデューサーの方々とお仕事をするという貴重な経験を積みました。

派遣営業の経験で、一番感慨深かったのは、名もなき企業の成長に寄与している!と実感できる仕事が出来た時でした。今、その企業は多くの方が知っている認知度も高い会社ですが、その会社の創業時に会社に問い合わせがあったんです。上司からは「会社規模も小さいし、担当につかなくてもいいのでは?」と言われたものの、私自身”このサービスが好きだし、面白そう!”と感じ、自ら「担当をしたい」と手を挙げたんです。

当時はマンションの1室に数人しかいない会社だったのですが、そこから企業成長のフェーズに入り、100名規模になった時に約30名が私のご紹介した方々が働いているという状態になったんです。企業成長を間近に感じながら、1/3が自身の紹介した方で企業運営がされているというのは本当にやりがいがありました。

一方で、仕事内容にはやりがいを感じていたものの、マネージャーになっても同じ仕事をし続けている先輩を見ていると、もっと多角的な成長をしたいという気持ちが芽生えてきました。その中で立場を変えて"人事"という仕事を経験したいという想いもあり、転職を決意。縁があった会社にて人事として採用を任されることとなりました。

しかし、実際に採用の業務をしていると自身の人事としての経験不足から、採用施策の効果の良し悪しが判断出来ないことや、自分の中で採用の知見が溜まっていかず、本当にこれでいいのかを迷うようになりました。より視野を広げ採用成功に対しての選択肢や経験を深めていきたいという気持ちが高まり、前職である、採用コンサルをやっているポテンシャライト社に転職をしました。

ポテンシャライト社はITWebベンチャーを基本に採用コンサルを行っている企業です。

1年半の間、代表を初め全員が情報へのアンテナが高く、情報共有や育成にも力を入れてくださっていた環境だったので、自身が思っていた経験を積んでいくことが出来ました。

また、まだまだ企業規模も小さかったので、自身の業務だけではなく経理や会社運営にも関わらせて頂き、それもとても楽しかったです。例えば、会社での立替精算の仕方や、Slackのガイドラインを作るなどについて取り組みましたが、このような業務+αに取り組むことも前職では当たり前で、改めて

社会人としての働き方

会社視点を持って働くということ

を教えて頂いたと思っています。

また新卒の会社では人数規模も大きく私自身も未熟だったこともあり、提案をしても受け入れてくれないことも多かったのですが、前職では新しいことを始めることにポジティブに捉えてくれていたのも楽しく進められた要因だと思っています。

(おっとりした見た目によらず、学生時代や社会人での経験から体育会系の対応をしてくれます!)

現在

入社後の活躍や会社の環境作りへの興味と、ずばぬけて高いCXを持った人事に心を打ちぬかれる

前職で採用コンサルとしての経験を1年半積んでいく中で、段々と以下のような想いが芽生えてきました。

1つ目は、採用コンサルとして入社決定までは向き合えるが、その後の活躍については自分は触れることが出来ないというもどかしさ。

2つ目は、会社の環境作りというものにもっと本格的に携わっていきたいという想いです。

1つ目については、ご入社決定まではコンサルの仕事で携われるのですが、"入社してすぐに辞めてしまったよ"というご報告を顧客から頂くこともありました。人事として、入社を目的にするのではなく、スムーズなオンボーディングの仕組み作りや、「出来るだけ長く就業したい」と思える、社員がパフォーマンスを最大限に発揮できるような環境作りの経験を積んでいきたいと思ったんです。

2つ目は、話は遡り、私が大学4年生のときに、ある企業での社員の過労死をニュースで見て、当時の私はものすごくショックを受けました。その当時の私にとって【働く】とは、生活の中の一部ではあるものの、自身の命にまで影響を及ぼすようなことではないと考えていたからです。どうにかして防げなかったのか。このようなことを二度と起こさないためにはどうすればいいのか。と考えるようになりました。もう絶対にこのような事件が起きてはいけないという強い気持ちが自身に芽生えました。

人事という仕事を通して、”働く環境や風土”というものに携わっていきたいと感じるようになりました。仲間にとって働きやすい環境作りや、長時間労働をしなくてもパフォーマンスが発揮できる効率的な働き方を作っていきたいと思いました。

このような想いから、今年の3月くらいから転職活動をスタートし、人事の業務や、特に組織作りに関われるような仕事を中心に探していました。

活動を始めたばかりの時、同じビルの6階であり、前職の代表との関わり合いで私自身もランチなどにも2回ほど言って頂いた梁瀬さんとエレベーターでばったりお会いしたんです。とりとめのない話から、コーボーで人事採用をしている話を聞き、私が一方的に梁瀬さんのファンだったのでもしよければ話を聞かせてくださいとお伝えしました。

転職活動の中で色々な会社との面談をしましたが、どの企業と比べても梁瀬さんのCX(Candidate Experience)の高さにやられました。笑。

人事として転職活動をしている中で、音信不通の会社もあれば応募して1週間後に連絡が来るような会社もあって。そのような会社にはあまり惹かれなかったですね。やはり一緒に働く人は尊敬できる人が良いと思っていました。コーボー社の場合、毎回の細やかな連絡もそうですが、面談のフィードバックなども「ここが良くて、ここは伸びしろだと感じている」など丁寧に伝えてくれていたんです。他にそんな企業は無く、感動したことを覚えています。

また、面談の中でコーボーの他の事業部の方々ともお話する機会も作って頂いたのですが、会う人みんな素敵な方々で!面談の前に読んだWantedlyフィードから、企業規模の割に福利厚生や制度が本当にしっかりしていて、社員が仕事もプライベートも充実しているという記載から、「もしかしてゆるい会社なのか?」という勝手なイメージがあったのですが、決してそんなことはなくって。そういう制度を活用して、仕事中はバリバリ集中して仕事をする職人の集まりなんだと感じました。

コーボーでは一人一人が信念や想いをもって仕事をしていています。その信念や想いがもし自分と異なるものであったとしても、決して否定をせず、尊重することができる人々です。

自身が企業で組織作りに関わるのであれば、そういう方々と一緒に仕事がしたいと感じました。組織作りは自分一人でできるものではないので、皆で意見を交わしながら組織を作っていけるイメージもわきました。

ただ、なんといっても一番の決め手は、梁瀬さんとの最後の電話面談でのお話でした。

大和田さんが入社をして、もしも、成果が出なかったら、私が大和田さんの目標をやり切るくらいの覚悟と責任をもって今回のオファーを出しているよ。もしもコーボーが倒産するってなった時に私の給与はなくてもいいから大和田さんの給与は出してくださいって成田さんに言える。そのくらいの覚悟を持って迎え入れたいと思っているから!こんなの告白かっていう感じで気持ち悪いと思うと思うんだけど。笑。ここまではもちろんいらないんだけど、大和田さんにもコーボーの会社で成果を出すことや会社や仲間たちにとってのよりよい環境を作るために人事として私と一緒に頑張りたい!っていう覚悟は持って、もし内定を受けてくれるのであれば受けてほしい。

こんな風に想いを伝えてくれる会社、情熱がある会社って他にはないんじゃないか。と思ったんです。本当は”自分に出来るのか?”とか不安な気持ちも正直あったのですが、この梁瀬さんとの話で一気に不安が吹き飛び、「コーボーに入社したい!一緒に頑張りたい!」という確固とした覚悟が私にも芽生えました。

(趣味は山登りです。夏はもちろん冬山にも登ります!山頂で食べるカップラーメンが大好きです♡)

未来

採用への成果と、「コーボーってめっちゃいい会社!」と一人でも多くの方に思ってもらえる世界を

ちょうど私が入社したのが新型コロナウィルスの緊急事態宣言真っただ中だったので、対面で皆さんとお会いできる状態ではなかったのですが、それでも入社日には、おかしいくらいに歓迎してくださって。笑。

入社早々この会社に入社をして良かったと思いました。

今後は、やはり私に求めてられている、SES事業のエンジニアの採用活動での成果と組織作りという部分で、エンジニアの方々にとっての理想を追求し実現していきたいと思っています。

直近は今までの経験や知見も活かして、まずは採用の部分で成果を出していきたいです。

中長期では、今はエンジニアの方々やこのSESという業界の中でも、コーボーを知っている人はあまりいないと思うのですが、コーボーの認知度をあげると共に、”コーボーってめっちゃいい会社!”と一人でも多くのエンジニアの方に思ってもらえるような活動をしていきたいと思います。特にこの想いはこの事業の営業の方も強く思っているので、二人三脚でその世界を作っていきたいです。

おまけ

クリーク、ポテンシャライトで得たことを活かして是非頑張ってください!

環境を変えて活躍できるかできないかは全て自分次第。

規模はそこまで大きくない企業様なので、組織は大和田さんの一声で変わるはず。

1人の社員としてではなく、Top Insightを持ち続けて当事者意識を持ってコーボー社は大和田さんがいたから成長したよね、と言われるくらい頑張りましょう!

これからのコーボーを、共に!

現在、システムエンジニアリングサービス事業のこれからを一緒に作る仲間を募集しています!=========================================

自身の中長期のキャリアも見据えてスキルアップをしていきたい

事業創造や組織創造など今しか味わえないフェーズでエンジニアのスキル以外の部分も磨いていきたい

SESエンジニアとしてのキャリアだけではなく、自社メディア開発にもポジションチェンジが出来る環境のある会社で働きたい

=========================================

そんな想いを持っている方、これからのテックチームを是非一緒に作っていきましょう!

過去のフィード

コーボーの仲間たちを深く知れる「cooboo's Family STORY」はこちら

株式会社コーボー's job postings
28 Likes
28 Likes

Weekly ranking

Show other rankings