1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

化学の高校教師だった私が、Webディレクターへ!新しいこと好きな私の過去・現在・未来

cooboo's Family Storyとは

コーボーの仲間一人一人のキャリアへの考え方・築き方、コーボーに入社した理由、未来への展望を過去・現在・未来の時間軸で語ってもらうコンテンツです。

初めまして。株式会社コーボー クリエイティブグループに所属しております、Webディレクターの原田と申します。

2020年2月よりジョインしました。

今回、cooboo's Family Storyの記念すべき第10弾として、入社早々で取り上げていただいて恥ずかしい気持ちもありますが、セールス、高校教師、動画ディレクターの経験を経て、どんな想いをもち転職をしたのか。そしてこれからコーボーで実現していきたいことをお話させて頂ければと思います。これから特に30代という年代を、どういうキャリア・働き方をしていくのがいいのか悩んでいる方に、コーボーの良さもアピールしつつ、何か少しでも得られるものがありましたら嬉しく思います。

過去

セールス→教師(化学)→動画編集。夢と興味で築いてきたキャリア

自身のキャリアを振り返るうえで、まず家業についてお話させてください。

私の両親は、子供向けのスポーツクラブを運営しています。高校時代から度々クラブに顔を出すこともあり、特に大学時代は、帰省した際には子供と触れ合う機会が多くあったんです。

子供のころから科学者になりたいという漠然とした夢があったため、大学は理学部に進みました。その中で自身の就職を考えたときに両親の影響もあり、「教育」というものに興味を持ち始めました。

教師になろうとは思っていたので教員免許は取りましたが、「自分は一生教師という職業をやるんだ!」とも決めてはいなかったため、社会を知るためにまずはなるべく厳しい会社で社会勉強をしてから教師になろうと決意。新卒の際には、大手のIT系企業に入社をしました。

IT企業に入社をしたのも、「これからこの業界はくる!」と漠然とした可能性を感じたのと、新しいものに触れることが好きだということ。さらにせっかく社会の荒波に出るならブラックと言われるくらいの企業のほうが揉まれがいがあるなというので選んでいきました。

入社した企業で、当初はエンジニアとしての選考だったのが、3次面談の際に偉い方が出てこられて、話をしているときに「君、なんでエンジニア志望なの?」という話から「エンジニアより、営業の方が向いてそうだから営業いきなよ!それで話進めておくね!」と話が勝手に進んでいっていて。笑。

自分としても、そう言ってくれるなら、営業としてやってみるか!と流れに乗ってしまったんです。笑。

そして、3年が経過し、一通り、ビジネスマナーから始まり、IT業界というものや、営業として課題解決型のソリューション営業というものをやれたなという感覚を持ち始めました。

今後、この会社で成長できることや吸収できることってなんだろう?とその時考えたときに、「ストレス耐性は確実につくだろうけど、教師になるなら今が変わり時なんじゃないか?」と感じ、地元に戻り高校教師として働くことを決意しました。

これを言うと、キャリアに対してちゃんと考えてないんじゃないか?と思われるかもしれないのですが、それを覚悟で伝えます。

高校教師になって3か月くらいで「教師はやめよう」と思ったんです。笑。
それでも丸2年間は教師を続けましたが。。

その思った理由は、「人に物を教える事は教師である必要性を全く感じなかった」から。むしろ学校で物を教えることには制限が多いことに気づいたのです。

実際に働いてみると、子供たちと触れ合う時間が大切なはずなのに、それ以外の時間が圧倒的に多い実態がありました。

(実際に教師をしていた頃の毎日のスケジュール。先生って本当に忙しい。。)

地方というのもあったと思いますが、業務の効率化なども進んでおらず、例えば

勤怠についてはタイムカードもないので、自身で毎日Excelで打刻を打って帰る
毎日の自身の行動内容を報告資料としてまとめないといけない
印刷機が本当にポンコツで資料の印刷に途方もなく時間がかかる
当時バレーボール部の顧問をやっていましたが、そのほかにも分掌と呼ばれる、PTAや生徒会の活動などの役割もある

など、とにかく雑務が多く、子供たちのためになることを思考したり、実際に行動に起こす時間がなかなかとれないもどかしさを感じました。

多くの教師は、それでも子供たちと接することが好きで続けていらっしゃる方もいるのだと思いますが、私にとってはそれが「教師」である必要性はないと感じたんです。これも両親の影響もあり子供への関わり方の選択肢が他にもあることを知っていたのでそう思えたのかもしれません。

そして、私はまた新たなキャリア形成を考え始めます。

それが動画ディレクターのキャリアでした。教師をやっている時代からも、プライベートで動画作成をしていたということもあり、またその時もYouTubeが出始めたくらいで、動画が流行りはじめ「これからは動画が来るぞ!」と思ったんです。そして未経験ながらも動画制作会社の門戸をたたきました。

制作会社では、ディレクション、デザイン、撮影、編集と何でもやりました。最初は編集をやりたかったのですが、小さな会社だったのでリソースも足りず色々とやってみました。

その中で気付いたことは

制作する事よりも顧客との折衝や企画部分が自身のやりがいにつながっているんだなということ。

もちろんいいものが出来たときは面白さややりがいを感じますが、決められたやり方に沿って動画を制作していくという工程よりも、顧客や仲間たちと「こんなことしたい!」「もっとこうしたらより良いのでは?」と皆でモノを作っている時が一番ワクワクしたんです。

今までのキャリアの結集のようですが、新卒営業時代の課題解決のやりがいとクリエイティブというスキルが一緒になり、困ったものを解決出来たときのお互いが笑顔で「ありがとう!」って握手出来るのが自分にとって楽しさを感じる部分なんだと感じました。

(コーボー社、随一、いや、唯一のイケボ!原田さんの声は信頼と安心を感じさせます)

現在

道中一緒に楽しめる仲間と共に、Webディレクターとしてのキャリアを

動画制作や、CDのジャケット制作をしている中で、マーケティングやWeb系の方々ともお会いする機会があり、進化も早いWebの業界についての知見を高めていきたいと思い始めました。

そして、自身がWeb業界でのキャリアを作っていくなら、顧客と会うことを大切にしながらWebディレクターとしての経験を積みたいと思ったんです。

前職が柔軟な会社だったので、そのような話をすると「うちでは、Web系はうけてないから、フリーランスとしてやってみたら?」という話になり、そこからは企業に所属はしているものの半ばフリーランスとして広島の制作会社のWebディレクターとしても活動を行うようになりました。

動画とWebで二足の草鞋を履いていた私ですが、今までかっちりとWeb業界でやってきたことがなかったので、顧客と対峙していても説得力のある提案が出来ていない部分にもどかしさを感じていました。

もっと本格的に、体系的にWebディレクションを学び、Webディレクターとしてのキャリアを築きたいと2019年11月くらいから本格的に転職活動を始めました。

転職活動を始めてからは、なるべく色々な所に話を聞きに行こうと思い積極的に面談に行きました。

その中でコーボーと出会い、面談をさせて頂いたのですが、一番印象的だったのは、

クリエイティブ長の加藤さんの笑顔がとても眩しかったこと。

話をしていて、仕事を楽しんでいるんだろうなぁというのが滲みでていて、会社の良さも伝わってきました。

色々な面談に行っていたからこそ、人事の方はどの会社も笑っているんですが、現場の方と会うと笑ってないことが結構多くて。笑。だからこそ、コーボーの現場の方が笑っている、楽しそうだったというのはとても印象的でした。

また、事象のフェーズとしても色々なことが出来そうだという可能性や、チャレンジに対しても肯定的な部分もとてもいいなと思いました。

最終的に、いくつか内定を頂き、迷った会社も正直あったのですが、この先のキャリアを築く上で大切にしていた指標の一つに「仲間と道中楽しみたい」というものがあり、それを考えると、この少年のような笑顔の加藤さんと仲間たちと一緒に道中楽しみたいと思えたことが決め手となりました。

(たまにデスクでも、こうやって仕事しています。笑。この体制が安定するらしいです)

未来

選ばれる存在への自己成長と面白いことへのチャレンジ

個人としては、「原田さんに頼みたい」「原田さんに頼んだら大丈夫」というような人になりたいと思っています。

これからの時代、何か一つのことが出来るだけでは駄目だと思っていて、顧客のもつ様々なニーズに応えていけるようなそんな人になっていきたいです。そのために、まずはWebディレクションやマーケディングなどの知識や経験を積んでいきたいです。

また、ビジネスや経営という部分での学びも深め、レベルアップをしていきたいとも思っています。

そして、事業としては、まずはクリエイティブの数字を作りたいと思います。

実績を作りながら、クリエイティブ事業やコーボーが更に発展するには何ができるか?何をしたいか?を思考し、見つけたいです。多数事業をやっているからこそ、そこから新しいことや面白いことへのチャレンジをしていきたいと思っています!

これからのコーボーを、共に!

現在、システムエンジニアリングサービス事業のこれからを一緒に作る仲間を募集しています!=========================================

自身の中長期のキャリアも見据えてスキルアップをしていきたい

事業創造や組織創造など今しか味わえないフェーズでエンジニアのスキル以外の部分も磨いていきたい

SESエンジニアとしてのキャリアだけではなく、自社メディア開発にもポジションチェンジが出来る環境のある会社で働きたい

=========================================

そんな想いを持っている方、これからのテックチームを是非一緒に作っていきましょう!

過去のフィード

コーボーの仲間たちを深く知れる「cooboo's Family STORY」はこちら

株式会社コーボー's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more