1
/
5

大学DXの起爆剤に。全国の教育機関でRESERVA予約システム導入が急速に進んだ理由とは

新型コロナウイルス感染症の流行により、大学生にとって過ごしづらい学生生活が続いています。

感染が拡大した当時、全国の大学も対面授業などの体制見直しを余儀なくされていましたが、
多くの大学は、学生の安全を守りながら授業を再開すべく、DXを推進し始めました。
これまで対面で行っていた授業をオンライン授業に変更し、多くの人数が集まる学事や図書館の利用、就職相談などの対面窓口には事前予約で人数制限を設けます。

人々の密集を避けて人数制限をするために事前予約は重要になりましたが、多数の学生の予約を受け付けられるソリューションが普及していないのが当時の大学の実状でした。低コストで無料から始められるRESERVA予約は、導入のハードルが低く、シンプルで使いやすい操作性からクチコミが広がり始めました。
難しい大学運営を背景に、RESERVA予約システムへの注目が集まり、全国の教育機関からの問い合わせが急増しました。

RESERVA予約システムは大学にDX推進のためのソリューションを提供し、図書館などの施設利用や、就活生を支える就職課の面談予約がスムーズに行われ、季節が進むとさまざまなガイダンスや学事にもRESERVA予約システムが利用されるなど、ニューノーマルな大学運営に寄与しました。

RESERVA予約システムは350業種、20万社以上で導入されている実績からもわかるように、幅広い業種にとって使いやすいシステムを展開しています。
「どんな方にも使いやすい予約システムを」をモットーに、飽くなき追求のもとシステム開発、リニューアルを今も繰り返しています。
もっと多くの場面で活用いただける機能を、そこから生まれる新たなシステムニーズに対応するために、日々新機能開発に努めています。

本年度も全国の教育機関からの相談やお問い合わせを多くいただき、今後もますますRESERVA予約システムの導入が加速すると考えています。
「大学生活」という長い人生の中でもさらに貴重な一瞬を、楽しく安全に、そして快適に過ごせるように今後もRESERVA予約システムは貢献していきます。

コントロールテクノロジー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more