1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Connect×FX→ゲーム分析/『将来は地元沖縄に貢献したい』地方でも地理的不利にならない業種・職種選択と「お客様第一」のマインド

採用広報の西村です。 ConnectOM(コネクトム)の人と雰囲気を伝えていく社員インタビュー『Connect× 』第17回です!今回のインタビューは・・・

高良 宏太(たから こうた)さん☆

プロダクトソリューション部

趣味:EDM聴くこと/作曲。自宅で一人DJ。投資本(+ブログ)チェック。ブログは自分でも書いたり。 ボーリングや卓球も大好きで素人界(笑)では常に上位をキープ。・・・などなど非常に多趣味!

プロダクトソリューション部データアナリストの高良さんに今回はインタビューさせていただきました!

まずは現在担当されている仕事についてお聞かせいただけますか?

今年に入ってから正式に「リードナーチャリング」を担当することになりました。

「リードナーチャリング」とは、一言でいうと見込み顧客育成のことです。メルマガやWebコンテンツなどの有益な情報を、中長期にわたって適切なタイミングで提供することで、結果として自社のサービスへの購買意欲を高めていくための手法やプロセスのことを指します。

具体的な仕事内容としては、主にメルマガの作成・配信に取り組んでいます。社内で眠っている名刺を集めたり、何千件とある業種を紐づけたり代理店経由を省いたり・・・と先日やっと配信リストを作り終えたところです。地道な作業が続いたので大変は大変なのですが、個人的にこういう細かい作業は嫌いじゃないので楽しく取り組めました(笑)

コネクトムの提供するtoSTOREに関する資料ダウンロード・直接の問い合わせをゴールとしており、今月から2週に1回ほどのペースでメルマガ配信予定です。(インタビュー後、メルマガの初回配信がされましたが、今回の内容はtoSTOREプロダクトサイトに掲載されたブログ記事のためそちらのサイトでも確認できます。WANTEDLYにも掲載予定です!)


リードナーチャリングの前は何を担当されていたのですか?

昨年(2019年)秋にデータアナリストとして入社して以降、データアナリスト兼プロダクトオーナーの奥冨さんとともにtoSTORE Analysis.の製品研磨に携わりました。

クライアントへの提案資料作成のサポートをしたり、セールスの方と一緒にクライアントのもとへ行き「Analysis.にこういう機能があったらどうでしょうか?」というような新機能開発のご提案などを行いました。Analysis.は顧客に自店舗と競合店舗の比較や商圏分析を行い、今後の打ち手について示唆するコメントなども出すのですが、その機能のブラッシュアップなども一部担当しました。


なぜこのタイミングでリードナーチャリング担当へ任命されたのですか?

昨年(2019)年末に今後の方針が発表された際に、「これまでは製品開発に重きを置いていたが、徐々に製品ラインナップも揃ってきたので、カスタマーサクセスに力を入れる」という話があり、成果を出しやすいカスタマーサクセスを行うためには、ターゲットを絞ってリードを獲得育成するというのが定石だということで、リードナーチャリングに任命されました。

これまで、失注案件や商談化できなかった案件はそれっきりで活用できていなかったのでそのリードをナーチャリングすることで、セールスが訪問できる案件を増やしたいという思いや、単純に案件を増やすのではなく優先度をつけて会社のターゲットに近いリードを増やしたいという思いもあってのことでした。


これまでのご経験を評価されてデータアナリスト枠での採用やリードナーチャリング担当着任となったと思うのですが、コネクトム入社前の仕事についても教えていただけますか?

FX会社とデータ分析会社に勤めていました。

大学は商学部会計学科に入り、最初は会計士を目指していたのですが勉強してみて何かやりたいことと違うなと思い企業へ就職することにしました。私は沖縄出身で、将来的には地元に貢献したいという思いがあったので、それなら、経済圏が小さくて地理的に本土と離れている沖縄でも不利にならない業界に入るのが良いと考え、金融業を選びました。…大学時代に自分でFXをやっていたので、FX会社なら儲かる方法がわかりそうという下心も若干ありましたが(笑)

FX関連セミナーの企画、運営や、お客様の売買データ分析をし、「お客様を儲からせたい」という思いから、上手くいっているお客様へのインタビューとインタビュー内容のメルマガ配信などを行いました。

このように儲かっている人の傾向やお客様が何を求めているか意見をもらえる立場であったことから、自社の自動売買システムを有効活用した売買戦略の提案を行おうというプロジェクトのメンバーにも選ばれたりもしました。


お話を聞いていて楽しく充実していたのだろうと感じたのですが、なぜ転職することにしたのですか?

たしかに楽しくはあったのですが、働いていて様々な葛藤が生まれてきました。

お客様を儲からせたいという思いでFX会社で働いているのに、業界内の自主規制のようなものがあり自分自身はFXをできなかったり、様々な知識を取り入れる中で、FXよりも株式投資の方が長期的に利益を上げるのに適しているのではないかと考え始めた、等々です。

そこで転職を決意し、データ分析に特化したコンサル会社に転職しました。その会社を選んだ理由は、専門性を身につけたかったのと、課題解決力を身につけることで、将来の地元への貢献に活かせると考えたからです。何千万とダウンロードされているようなゲームアプリの分析をしました。

例えば、「ゲームアプリをはじめてから1週間、継続する人と、やめる人の違いは何か」というような、継続率を高めるための分析・提案などをしていました。「継続する人の多くはある特定のアイテムを強化している。なぜそのアイテムを強化している人は継続しやすいのか?どのタイミングでそのアイテムの良さに気づいたのか? それを多くのユーザーに気付かせられれば継続率を高められるかも」といったことを分析から考えていきます。

他にも、課金する人としない人の傾向の違いを調べて課金する人と似たような行動をさせることで課金率を上げるような分析や、チュートリアルの突破率やどこでチュートリアル離脱が多いかを調べてわかりにくいところの改善を提案したりしました。

改善提案したことが実装されたり、それによって結果が出たときは楽しかったのですが、10回提案して1回でも良い結果がでれば・・・という状態だったのと、1週間のうちほとんどは、データ分析から資料作成を一人で黙々作業し、そして1週間に1回顧客のところへ報告に行くというような感じだったので、大変さと孤独を感じることも多い仕事でした。


その後コネクトムへ転職ということですが、きっかけや入社の決め手は何でしたか?

今お話ししたような環境だったので複数のメンバーで働きたいという思いが沸々と出てきました。単純に大変で孤独だったからというわけではなく、チームとして働くことでもっといいものを世の中に提供したいと考えました。

今までの経験を踏まえて、データアナリストで職を探していたのですが、コネクトムにした決め手は「人」「お客様第一」「親和性の高さ」です。

まずは面接を担当してくださったデータアナリストの方が、本当に楽しそうに仕事のことや、将来の自由な夢や思いを語っていたのが印象深かったです。また、コネクトムは生活者に”気持ちの良いお買い物体験"を提供し、笑顔にすることを掲げていて、BtoBだけれど企業の先にいるお客様のことを大事にしようとしているのがいいなと思いました。将来的に自分のできることで地元に貢献したいという思いがあるので、それとも一致していると思いました。

あとは、コネクトムの行う来店者の行動分析と今まで自分が行ってきたゲームでの課金者の行動分析に親和性があり、これまでの自分の経験が生かせそうだったからです。今は前々職でのメルマガの経験が図らずも役に立っています(笑)


今後、コネクトムでやっていきたいことや、今後のご自身のキャリアについてはどのように考えていますか?

今後コネクトムでやっていきたいこととしては、メルマガなどのリードナーチャリングによって有望リードの安定的な供給を確立したいです。リードナーチャリングだけでなく、ゆくゆくはリード獲得にも力を入れないといけないとも考えています。

キャリアとしては、予想できない変化が多く今後どうするか考えていない・・・というのが正直なところですが、お客様のことを知り、課題解決をサポートするような働き方を今後もしたいとは思っています。ちなみに今後「も」というのは、データ分析やコンサルだけでなく、メルマガもある意味お客様を知り、課題解決をサポートしていると考えているからです。

課題解決力を身につけていって、将来的には地元沖縄の発展に貢献するのが目標です!


個人として大切にしている考え方はありますか?

「疑う」「偏った考えにならないように意識する」ことを大切にしています。

お薦めされたことや「こういう結果が出ました」と言われてもすぐ真に受けないようにしています。FXでも儲かる話というのは噂ベースではたくさんありますが、検証すると違うことも多いです。そのときはそうだったけど今は違う、というのはたくさんあると思います。データ分析会社時代も、ほぼ自分一人で、データ分析から資料作成まで行う状況だったので、本当に正しいかどうか注意深く見る癖がつきました。

偏った考えにならないように意識するのは、沖縄での生活が影響していますね。ちょっと重い話なのですが、米軍基地に関して賛成意見・反対意見など様々聞いて育ってきて、どちらの意見も理解した上で自分の考えを持つことが大切だと思いました。

ただ、足踏みをして前になかなか進めないこともあるので、大切にしつつも今後は上手くバランスを取っていきたいですね。


では最後に。高良さんから見てコネクトムはどんな会社であり、どんな方が向いていると思いますか?

今の生活になくてはならない、そしてこれからも益々重要度が高まっていく位置情報を扱っている会社で働けるというのは魅力のひとつだと思います。
また、フレックス制を取り入れていて働きやすい環境なのも魅力ですね。

コネクトムは今、謙虚で調和のある人が多いと感じるのですが、だからこそ逆に自分の意見をはっきり言える人や「とりあえずやってみよう」の人も必要だと感じています。

なので、リーダー気質な人に是非来てもらえたらと思います!

===

高良さん、ありがとうございました!

↓コネクトムについてもっと知りたい方はこちらもご覧ください!

「toSTORE(トストア)」プロダクトサイト

■求職者向け「会社説明資料」

株式会社コネクトム's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more