1
/
5

AI型教材Qubena (キュビナ) の小中学校向け5教科対応版の提供を開始〜今年度全国の小中学校1,200校、約30万人の利用を予定〜

株式会社COMPASSは、公教育を対象とするAI型教材Qubenaの小中学校向け5教科対応版の提供を本年4月より開始しました。既に多くの自治体及び学校での採用が決定しており、今年度は全国の小中学校1,200校、約30万人の利用を予定しています。

Qubenaはこれまで、算数/数学・英語の2教科で、個別最適化学習を実現してまいりましたが、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」の実現に寄与するため、国語・理科・社会の3教科を加え、小学校・中学校の主要5教科に対応したアダプティブラーニング教材へと大幅アップデートいたしました。

今回提供を開始したQubena小中5教科対応版では、従来から採用している一人ひとりの習熟度に応じた個別最適化機能に加えて、新たに一人ひとりの定着度を加味した出題により効果的な復習を可能とする個別最適化機能「スマートワークブック(特許出願中)」を搭載しました。本機能による復習を行うことによって、これまでAIドリルでは弱いとされてきた、知識の定着についても効果的に行うことが可能となります。

当社は昨年度、算数/数学、英語に対応したQubenaを全国750校、約20万人に対して提供してまいりましたが、Qubena小中5教科対応版については、既に多くの自治体・学校での採用が決定しており本年度全国1,200校、約30万人の利用を予定しております。

今後、さらに多くの自治体・学校でQubenaをご利用いただくため、現在AIドリルを含むICT教材の導入を検討されている自治体や学校の担当者の皆さま向けに、Qubena小中5教科対応版に関するオンラインでの説明会を開催いたしますので、お気軽に参加ご検討ください。

COMPASSはこれからもQubenaの提供を通して、すべての子どもたちを取り残すことなく「公正に個別最適化された教育」を届けるリーディングカンパニーとして、さらなる公教育へのICT普及に貢献できるよう邁進してまいります。

株式会社COMPASS's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more