1
/
5

AI型教材「Qubena(キュビナ)」奈良県奈良市で正式採用 市内全小中学校で2月より利用開始~授業での活用に加えて端末の持ち帰りによる家庭学習でも活用~

COMPASSでは現在、全国約100自治体、公立・私立小中高合計で750校、約20万人に対して算数/数学、英語に対応したQubenaを提供しており、2021年度からは対応教科を大幅に拡大し、国語・理科・社会を加えた主要5教科対応となるため、多くの自治体で採用が進んでおります。

今回Qubenaを採用いただいた奈良市では、文部科学省が打ち出したGIGAスクール構想に基づき、児童生徒1人1台の学習者用端末が昨年9月にいち早く整備されました。さらに、ハードウェアの整備と並行して、市が目指すICT を活用した個別最適化学習の実現を図るため、市の教育の方向性に合致したソフトウェアの選定を行う中で、Qubenaの採用をご決定いただきました。今後奈良市では学校での活用に加えて、学習用端末の持ち帰りによる家庭学習でのQubenaの活用も予定しております。

COMPASSは、アダプティブラーニングを活用したQubenaの提供を通して、すべての子どもたちを取り残すことなく「公正に個別最適化された教育」を届けるリーディングカンパニーとして、さらなる公教育へのICT普及に貢献できるよう今後も邁進してまいります。

株式会社COMPASS's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more