1
/
5

【なんで入社したの?社員ぶっちゃけ話】社員×社員対談 関美凜×松岡学

株式会社アーラリンク社員による個別対談企画。第3弾のゲストは、入社2年目の関美凜さんと新卒の松岡学さん。アーラリンクに入社したきっかけや、実際にアーラリンクで働いてみた感想、今後の目標をざっくばらんに語ってもらいました。

◆出演者プロフィール◆
株式会社アーラリンク 携帯電話事業本部
関美凜(せき みりん)

2021年4月入社。
携帯電話事業本部にてオペレーターとして顧客への案内を行ないつつ、採用業務などに参加。
現在は、サービスの責任者として活動を行っている。

株式会社アーラリンク 携帯電話事業本部
松岡学(まつおか まなぶ)

2022年4月入社。
携帯電話事業本部にてオペレーターとして顧客への案内を行なう。
現在は、コールセンター内のチームリーダーを兼任中。


最強のバディになるために。成長できる環境がここにはある。

――では、はじめに関さん、松岡さんの簡単な自己紹介と担当業務について教えてください。

(関)私は21年入社、新卒2年目の関美凜です。担当業務は、弊社が展開する携帯電話レンタルサービスのひとつ、「エイザス」の責任者とコールセンターの現場責任者をやらせていただいています。

私の担当する「エイザス」は個人で長期利用を希望されている方の向けの携帯電話レンタルサービスです。基本的には派遣さんやアルバイトさんに電話でお客様対応をお任せしていますが、ルールの判断が難しい場合や、どのようにご案内したらいいか分からない場面などがあった際に、サービスの責任者として判断をしています。

また、コールセンターの現場責任者として、サービスのルールの範疇を越えたところで、イレギュラー対応も実施しています。

(松岡)松岡学と申します。22年の4月に入社したばかりの新人です。現在は関さんと同じサービスに所属し、研修を受けています。その上でいくつかジョインしている業務があります。

まずは、「応対品質向上プロジェクト」。こちらは、電話応対の応対品質をあげよう、クオリティを高めようというプロジェクトです。電話応対の品質を採点してくれる外部機関に、会話のログを選定して送るという業務を担当しています。

もうひとつが「ナレッジアップデート」と言われる業務です。例えば社内でイレギュラーな対応が起きた時に、さまざまなデータが必要になるのですが、そのデータがあちらこちらに散らばっている状態にあるんです。そちらのデータを拾ってきて1箇所に集めるという作業です。簡単に言うと、業務知識を1箇所に集約したデーターベースを作るという仕事です。

――お2人の入社のきっかけ、決め手はどんなところでしたか?

(関)自分が将来なりたい姿を考えた時に、1番近いイメージが持てた、アーラリンクが自分に1番合っていると感じたことが最終的な決め手です。

私自身、誰かの挑戦の後ろ支えになれる人、背中を押せる人になりたいと思っていました。私はよくそれを、「最強バディになりたい」と表現したりします。ちょっとチャレンジングなことや、できるか不安で二の足を踏んでしまうようなことであっても、「関さんと一緒ならやってみようかな」と思ってもらえるような存在になりたいなというのが、就活時代も、今も目指している姿になります。

挑戦の後押しのためにも自分自身が挑戦していないと説得力がないなと思ったので、挑戦し続けられる環境に身を置きたいと考えていました。その点、アーラリンクは若いうちから任されることも多く、成長できる環境と感じます。

――挑戦できる、成長できる環境がアーラリンクにはあるのですね。

(関)そうですね。アーラリンクで実際に働いてみて、「誰かを巻き込んで何かを成し遂げる力」が1番身につくかなと思います。日々の仕事で身に染みて感じるのが、自分がその仕事を行なうよりも、人を動かしたりであるとか、誰かと一緒にやることの方が数十倍難しいということです。その分、たくさんの協力者がいるからこそ可能になることに出会うことができます。

自分がバディになるためには、誰かに影響を与えられる存在にならなくてはいけないと思っているので、最終的には相手をよく知る技術や自分のことをよく知ってもらう技術、自分が関わる人がゴールや目的に上手く着地できるようにマネジメントする技術が必要と思っています。

(松岡)僕が就活の軸としていたのが、「密度の濃い20代を過ごしたい」という思いです。

密度の濃いとは、具体的には「裁量権」。若手のうちから裁量を持って働ける職場であることが一番の決め手でした。同級生が経験ができないことを経験したいと思ったんです。

採用の段階で人事の方とは、毎週のように面談をしていて。「なんで毎週会ってくれるんだろう?」という疑問もあったのですが、面談の度に新しい発見や気づき、自分が持っていない考え方を提供してくださっていることに気がついて。面談から帰るたびに、「今日も成長した」と思って帰っていました。1週間に1回会っただけでも成長できるなら、入社したらとんでもないことになるんじゃないかと思い、すごくワクワクした状態で入社しました。

業務の改善スピード、任される仕事、全てが想像以上。

――本格的に腰を据えて業務に取り組んでからのギャップはありましたか?

(関)大きい点としては、こんなにチャンスがいっぱいあるんだなというのは想像以上で、ギャップとして感じました。

アーラリンクは挑戦できる環境ということだったので、入社を決める前からある程度、覚悟はしていました。ただ、当時は後輩が入ってきて2年目の後半くらいから、少しずつ任せてもらったり、リーダー的なところに立たせてもらうのかな?という漠然としたイメージでした。

実際は、入社してすぐにTwitterで会社のことを広げていく旗振り役をやらせていただいたり、9月ごろからは、お客様対応するだけでなく、アルバイトさん、派遣さんだったりに目を配るマネジメント部分も、自分の持つべきスキルとして課題が与えられていきました。

そして、12月頃からはサービスの中のチームを持たせてもらうようになりました。まさかこんなスピード感で進んでいくとは思っていなかったので、大きなギャップでした。「こういう機会あるけどやりますか?」という問いかけに「やります!」と答えたら、1年目、2年目関係なくやらせてもらえる環境で、自分が想像していたよりも遥かに機会があったことに対して、びっくりしましたね。

――チャンスが巡ってきたときの社内の雰囲気について。「この業務はあなたに」というのを社長が判断しているのですか?それとも、やりたいという意思表示をすれば誰にでも機会があるのでしょうか?

(関)案件にもよると思いますが、基本私がチームリーダーをやらせてもらったのは、「やりたいです!」と言ったことに対して、「最初は上手くいかないかもしれないけれど頑張って」という期待を込めて任命してもらった部分が大きいかなと思います。

チーム体制でやっていくのが初の試みだった中で「今度こういう形でやっていこうと思うんだけど」というのを聞かされていて、是非やりたいですと手を挙げました。私の体感としては、意思表示に対して応えてもらえたのかなと感じています。

――松岡さんはまだ研修中ということですが、ギャップを感じることはありますか?

(松岡)入社前から裁量権があるところがいいなと思っていましたが、入社前に想定していたよりももっとすごいんじゃないかと最近思い始めています。今は研修中ですが、8月にリーダーをやってみる?という話をいただいていて。

一時期は、正直ちょっと不安でした。「まだ研修しているし、先も見えないしな」と思っていて。そういった部分は、外部のメンターさんに相談させていただいていました。その中で、他の会社だとこんな話が来るの30代くらいだけどね、という話をしてくださって。他の会社だと30代くらいの人がやっている内容を7月からやらせてもらえる状態は、思っていたよりも数倍、数十倍くらい進みが早いというか、裁量権を持たせてくれる環境なんだなということを実感しました。

「カスタマーファースト」という強い行動指針が生む一体感

――今、お2人から見てアーラリンクのいいところを教えてください。

(関)矢印というか決定軸、決定する時の目線が他者に向いているというのが、会社の雰囲気としていいところと思っています。自分たちへの矢印ではなく、それが相手のためになるか、お客さんのためになるかを1番に考えるところがいいところです。

高橋さん(社長)が口癖のように「カスタマーファースト」というのを何度も言っています。私と面談する時も、「今後、この時のためにできるようになっていた方がいいよ」であるとか「私がこうなりたいのであれば、そこに向けて必要じゃない?」というコミュニケーションを取ってくれます。トップの考えが下の組織にも繋がっていますし、サービスもあくまでも他者軸なので、そこに誇りを持って仕事ができる点はすごくいいなと思っています。

(松岡)お互いに気持ちの良い社内コミュニケーションがあるところです。高橋さんは「カスタマーファースト」と呪文のように言っているんですけど(笑)。会社内ですごく雰囲気が悪かったらお客さんにもその雰囲気が伝わるし、働きがいもないし、負の連鎖が続いてしまうと思うんです。

「カスタマーファースト」をみんなが実現するという強い行動指針があるから、社内でも質問がきたら、ちゃんと手を止めてどうしました?という感じで、たらい回しをしない環境が醸成されています。行動指針が明確なおかげで、働きやすい環境ができていると思います。

――逆に、ここは改善すべきという部分はありますか?

(関)会社としてまだまだ発展途上のところがあるので、変化がとにかく目まぐるしいんですよ。まだまだ完璧ではないなと思っていて。

例えば「セキュリティって問題だよね」となった時に、徐々に変えながら1年後にセキュリティを強化するか、今の課題を解決するために明日から改善するのか、となった場合、後者をとる会社なので、渦中にいる時はすごく苦しくて、大変です。ただ、俯瞰してみると、譲れないところでの判断をしていると思います。ただ、混乱はつきものなので、伸び代だらけだなと思いますね。

――お2人の今後の目標を教えてください。

(松岡)1日でも早く本来の自分の目標としている、裁量権のある立場に立って、一人でも多くお客様が抱えているマイナスをプラスにしたいと思います。それらが、自己実現にもつながってくると思います。1日でも早く責任のある仕事を任せられるようになりたいです。

(関)私は現場責任者になりたてで、まだまだ現場を動かすことや現場を守るというレベルに達していないところがあります。ただその中でも、一番現場を知っているのは自分という自信を持ってみんなを導いていく存在でありたいですね。

経営の状況で決まったことに対して、現場との間にギャップが生じてしまわないように、その間を取り持てる、会社のミッションのために多くの人を動かせる、影響を与え巻き込める存在になっていきたいなと思います。

――ありがとうございました。

株式会社アーラリンク's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社アーラリンク
If this story triggered your interest, have a chat with the team?