1
/
5

人のためにめげずに行動し続ける!関わる人々に”幸せ”を与え続けたい。


今回はJPメンバーインタビュー第2回!
オフィスリーシング部コンサルタント松葉さんからお話を伺いました!

テーマは

『今の自分を創る〇〇』

です!
個人的に、いつも仲良くしてくれて尊敬している松葉さんへインタビューさせていただくのは
とても楽しみでした。

ぜひ、最後まで読んでいただけたら幸いです!


行動する理由は『Win-Win-Win』師匠から学んだ関わる人々を幸せにする方法。

「こんな物件ありますよ!」
「この内装業者がお客さんには合っているんじゃないですか?」

これは松葉さんからよく聞く言葉。
この言葉は仲介するお客様に言っているのではなく、会社の同じ営業に発している言葉なんです。

「自分の知っている情報は惜しみなく共有したいと思っていて、常に協力していきたい。
それで会社が良くなっていったら、みんなハッピーになれるし!」


松葉さんは私にも普段から、
良いものがあればその都度共有してくれます。

「知り合いの有名な飲食店経営者の『みんながWinになるように』という考え方が好き。
その方は普段から関わる人みんなに情報やチャンスをgiveしているんです。
また、その方はいるだけで空間が明るくなり、
まさしく『みんなをハッピーに』させることができる人なんです。」

松葉さんにとって、その方は人生における師匠だと言います。
師匠に出会ってから、仕事でもプライベートでも”誰かが少しでも幸せになるように”することが
行動する理由になったんだそう。

負けない、やり続ける!諦めない理由となった知人の言葉。

仕事を生き生きとこなしている松葉さん。
しかし、以前どうしてもうまくいかないことがあり、仕事に対して諦めていた時期があったそうです。

「自分の中では完全にもう無理かなってなっていました。
でも、知人に失敗したことを話したら
『じゃあまた次だね』って当たり前のように言われたんです。
当たり前にでてきたその言葉が当時の私には強く刺さりました。」


その方はあることに対して人生をかけている方だったらしく、
辛いことがあっても弱音は吐かず”我慢”をして乗り越えていくことが絶対なんだと言います。

「その人は『自分の人生は遊ぶためにあるわけじゃないから、目の前の課題に邁進し続けるんだ』
って言っていて、自分の”やるべきこと”だけをみて生きている姿がかっこいいなって思いました。


その方の生き様に、
松葉さんも嫌なことがあっても気持ちで負けずにやるべきことをやる、そう決意したんだと言います。


オフィスのことをもっと知りたい。自分の天職をこれからも追求し続ける。

松葉さんは以前、オフィス仲介ではなく、住宅の仲介をしていました。

「住宅の仲介だと、お客様とはほぼ一期一会の関係。
逆にオフィスの仲介は、移転が企業の事業計画に左右される一大イベントということもあり、
担当者や代表者と多くの会話をします。
だから数年後もまた移転のパートナーになりうることができるんです。
仕事で人間関係ができて、自分の知らないことを教えていただける機会が増えて本当に楽しい。」


JPに転職してから約1年が経過し、結果を多く残している松葉さん。
私からみて、本当に楽しそうに仕事をしているように見え、まさに天職なんだな...!と感じます。

「一度知りたいって思ったことはとことん追求したいって思うタイプで、
奥が深すぎる不動産は学ぶことがつきなく、永遠に追求し続けることができます。
毎日同じ日々じゃないってことも楽しいなって思うし、天職なのかなって思う。」


目標は、東京のすべてのビル名と坪単価を言えるようになることが、目標だといいます。

今回、オフィス・リーシング部コンサルタントの松葉さんにインタビューさせていただきました。
話を聞き、松葉さんの
”みんながWinになれる”ための行動力と”楽しみながら追求する”精神が
JPのオフィス・リーシング事業とマッチングしたのかなと思いました。

これからも、JPを引っ張っていくコンサルタントとして、
多くの企業の移転をサポートし、活躍していただきたいです!

ジャパン・プロパティーズ株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings