1
/
5

What we do

倉庫内荷役
輸出入事務
ロジスティックスオペレーションサービス(略称:ロジオス)は貨物取り扱いの専門会社として、2006年9月1日に大手家電メーカーの機能子会社として設立しました。 2015年4月1日より三井倉庫サプライチェーンソリューション株式会社(70%)とMan to Manホールディングス株式会社(30%)を株主に三井倉庫グループの一員として新たなスタートを切りました。 ロジオスは全国39拠点で、大手家電メーカーをはじめとした様々な物流ネットワークを支えるサービスを展開している会社です。 物流といえばトラックなどでモノを運ぶというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。 しかし、それは物流の一部の過程に過ぎません。 ロジオスは自社で倉庫、トラックを持っていません。 私たちの業務は人による倉庫のオペレーションです。 在庫管理などの事務や、貿易事務、モノを送り出すための作業などを 高い専門性を持った“人”が行っております。 “必要なものを必要な時に必要な場所へ最高の状態で送り出す” これをモットーに毎日の作業効率の改善に努め、 機械にはできない高品質なサービスを提供しています。 最近では派遣紹介事業も発足し、新しい領域への挑戦も行っております。

Why we do

日々改善活動に取り組んでいます
お客様に最適な物流サービスを提供します
当社は大手電機メーカーの機能子会社として誕生しました。現在は三井倉庫グループとして倉庫内荷役や構内物流、輸出入関連の事務業務などを受託しております。 物流会社としてやることは、ただモノを運ぶだけではありません。企業において「物流コスト」は非常に膨大で、ここをコストカットは利益に直結してくるのです。 我々は、いかに安いコストでサービスを提供しお客様の経営に寄与していくことがミッションとなります。 またそこに加えて「品質」も大切です。物流効率の向上と、物流品質の付加価値のあるサービスの提供し、我々を通してお客様のブランディングを行っていくことが我々の使命です。

How we do

ベトナム国籍の方でメンターとして働いている社員です
設立当初は社員200人での船出でした。全国の物流会社が集まってできたのが我々ロジオスです。さまざまな社員がいるので当然意見も異なりますが、ヘテロジニアスな意見の衝突と多様性の尊重の融合により引き起こされるダイナミズムによって、飛躍・発展していったのです。 現在では社員は1,000名以上にもなり、ますます多様性が目立つ会社となりました。 ・男女比率は半々 ・年代は10~60代 ・障がい者雇用率は3% ・外国籍の社員は70名 さまざまな特色を持つ社員の活躍によって ロジオスの品質は保たれております。