1
/
5

文学部出身営業マンがIoT×SaaSのスタートアップにジョインしてからの2年間を振り返ってみた‼②ゼロスペックで働くということ

IoT×SaaSスタートアップ「ゼロスペック株式会社」

Sales managerとして勤務しているJINと申します。

具体的にはIoTデバイス「スマートオイルセンサー」とSaaS「GoNOW」を使って、

灯油配送市場の業務効率化のサービスを広げています。

決して華やかなキラキラ系スタートアップではなく、カバー画像にあるような

泥臭い現場が中心です。

ジョインしてからは、インフラを支える石油業界の方とたくさん対話をしてきました。

https://www.wantedly.com/portfolio/projects/64390

入社から2年、自身の振り返りを行うついでに、今後ジョインする方向けにストーリーを公開することにしてみました。

ご一読いただければ、とても嬉しいです。(今回が2回目の投稿です)

↓入社した経緯は前回のストーリーにUPしています!

https://www.wantedly.com/companies/company_9661342/post_articles/405061



ゼロスペックで働くことを自分はどう考えているのか?

このストーリーを読んでくださっている方は少なからず、弊社に関わることに興味があると思うので

参考までに書いてみました。

入社時から現在までこの会社で働くうえで常に頭にあることです。

正直ベースで書きます!

まず収入面について

きちんともらえます。北海道の平均年収よりはずっと貰えているので、

生活に不自由はありません。

でも僕のキャリアの中で一番高いわけではないです。なのでとにかく年収をあげたい!という方には合わない部分もあるかもしれません。

労働時間について

僕はほとんど残業もしていません。趣味でバレーボールサークルを運営していて

平日の練習にも参加し、土日のイベントも企画できるほどの時間があります。

その上で…

なぜここにいるのか

僕は若いころからめちゃくちゃやっていたので、たくさんの人に迷惑をかけてきました。

特に両親には心配をどれだけ掛けたかわかりません。

迷惑をかけた人生の中でも、特に底を見たことがあって、

その時に自分自身を変えたくて、いろいろ模索していました。

その中で出来上がった2つの考えがあります。


①自分が生きていくということで世の中に小さくても価値を作って、両親に僕を産んで良かったと心から感じてもらいたい。

僕がやったことがみんなのためになって、人々の生活に少しでも価値になっていれば、僕が北海道に生まれた意味となって両親に胸を張って過ごしてもらえると考えています。

ゼロスペックの成そうとしていることは人々の生活を支えることに繋がっています。

特に労働人口が減少していく地方では灯油配送の維持は喫緊の課題です。

全ての世帯がオール電化や再生可能エネルギーで賄うことはできませんし、その費用も負担することはできません。

今ある資源を効率的に活用していく必要があります。なので脱炭素社会だから灯油の使用を辞めればいいなんて簡単な話ではないと思っています。

何が言いたいかというと会社の目指していることの一つが、僕の人生の目標と一致しています。

だからここにいることの意味を感じながら毎日働くことができているとハッキリと言えます。


サービスをローンチして2年!それでもお客さんと一緒に灯油配達をすることもあります。

ゼロスペックは現場主義です。

②自分が底を見ていたときも支えてくれた人たちに恩返しがしたい

僕の人生がどうしようもなくなってしまった時に、それでもそばにいてくれた人が年齢問わず、たくさんいました。

だからこれからは、自分にできることは可能な限り力を尽くして、そばにいてくれる人たちすべてに

に少しでも幸せでいてもらえるように努めたいと思っています。

些細なことでも毎日の中で嫌だな、辛いなという感情を一つだけでも、僕自身が何かすることで

無くせるのであれば、無くしたい。そう心から思っています。

ただ僕一人にできることは実際はそんなには無くて、

自分らしく生きていくことの可能性を見せることや、辛いことがあっても腐らなければ必ず復活できると

いう姿を示していくことくらいですが…。

大好きな自分のバレーボールサークルのメンバー♡いつもそばにいてくれます。

今できること

ゼロスペックは個人の見た目やライフスタイルに制限が無くて、僕は自分が生きていきやすい格好や髪形

をして、普段働いています。(営業アポが無ければ私服勤務です)

固定観念に囚われて生きていく必要はないんだと、自分の姿を見て感じてもらえたら嬉しいです。

そしてゼロスペックの仕事を通してたくさんのお客さんに感謝してもらうことができます。

それは僕が毎日頑張っていることを周りの人に見てもらえる環境であるということの証明になります。

世間では賛否あることは認識していますが、男性の営業マンとしては髪の毛も長いですし、カラーもしています。

長くなってしまいましたが、

僕の生きる理由と会社の目標が合致しているので、この2年間色々なことがあったにもかかわらず、

前を向き続けて、働くことができたと思います。

そしてできればこれからも長くここで働けると幸せだなと感じます。

もし僕と同じような価値観をもっていて、働く場所に悩んでいる方はゼロスペックが

ぴったりかもしれません。最初はカジュアルな機会でもいいので、興味を持ってくださった方は

求人に気軽に応募してください。僕との面談も希望があればぜひ書いてください。

時間をつくります。

色々なことがあったのかはまた次回のストーリーに書いていこうと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

ゼロスペック株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings