1
/
5

高い景色を1人で見るの?絶対に仲間とでしょ。そして僕は全員で大号泣したい。

こんにちは!人事の蜂屋です!🐝

今回は、急成長のRoadグループの中でも、
大注目の新規エネルギー事業、子会社のResilientの久野翔太朗さんにインタビューをしたいと思います!

株式会社Resilientって?
・立ち上げ半年で1億達成!
・メンバー内は業界未経験6名、営業未経験1名!
・メンバー6人でRoad内でも話題の抜群のチーム力、目標達成意識!

👇中途採用も募集しております👇✨

ToC Sales
立ち上げ半年で1億達成!経験ゼロから、一緒に事業を創っていきませんか?
当社は2017年10月17日に創業し、現在5期目を迎えた企業になります。 我々は「令和を代表する企業」を目指し、”人財力(採用×育成)”を武器に圧倒的な成長速度で事業拡大をしております。 経営幹部は前職時代、某人材ベンチャー企業の創業期から携わり、 従業員100名・年商5億円ほどの企業を、僅か6年で従業員1300名・年商80億まで成長させた実績があります。 前職で培ってきた、人財力(採用力×育成力)が最大の強みになり、 社員数130名・パートナー企業も150社を越え、 現在は主に8つの事業領域(グループ会社2社含む)で事業展開をしております。 1期目:年商3,600万円 Crew10名 2期目:年商1.6億円 ※成長率 前年比:450%UP Crew25名 3期目:年商4.5億円 ※成長率 前年比:250%UP Crew80名 4期目:年商12億円 ※成長率 前年比:260%UP Crew100名 5期目:年商20億円達成! ※成長率 前年比:160%UP 約Crew150名 ◆HR領域 ・HRコンサルティング事業 当社最大の強みである、HR領域における総合的な支援を行い、各企業様の人材領域を成功に導く事業 ・ライフキャリアコンサルティング事業 人生における総合的なコンサルティングによる人生設計・計画から各種アドバイスを行い、キャリア支援を通して人の人生を変えていくきっかけを作る事業 ◆IT領域 ・ITソリューション事業 人や企業の課題をITでソリューション/解決していくことを目的に、戦略/企画/開発/制作/提案/分析など各種サービスを展開していく事業 ・SES事業 一般的なSES企業との差別化を図った独自モデルを構築することによって、 短期間で着実にステップアップを踏んでいくこと出来るモデルを構築することによるスケールアップに成功している事業 ◆セールス領域 ・セールスエージェント事業 一般家庭/店舗/企業など各お客様に向けて"人の魅力"を武器とした高い営業力と高品質を武器に 国内有数の各種メーカー/キャリア/ベンダー様から依頼を受け様々なサービスを提供 ・アライアンスパートナー事業 当社内で成功したモデルをベースに、150社を超えるパートナー企業様に向けて各種商材・ノウハウ等々を提供。 立ち上げから事業成立、事業運営までをワンストップでコンサルティング支援していく事業 ◆Webマーケティング領域 マーケティングソリューション事業 Webプッシュアドネットワークを活用した新たな広告手法! Webプッシュ通知で広告効果の最大化、PV・CVRを改善! 様々な方法でクライアント様の課題を解決へ導く事業 ◆エネルギー領域 エネルギーセールス事業 2022年より【卒FIT】を迎える多くのご家庭に 「太陽光」「蓄電池」の導入により新たな生活の提案をしていきます。
株式会社RUH

代表である、平井さんは
RoadのCrewに認めてもらうには有無を言わず、まずは数字で認めてもらう、
とにかくやり切るしかなかった。
と総会で熱く語っており、全Crewの胸にも刻まれています。

立ち上げから2ヶ月目でジョインした、久野さんに
何を大事に志事しているのか、チームとしてどんな意識を持っているのか
未経験ってどうなの?
新規事業の立ち上げってどうなの..?
営業ってガツガツしていて大変なんじゃないの?
ベンチャー企業のリアルを味わっていただきたいので、是非最後までご覧ください✨

蜂屋:久野さん、本日はよろしくお願いいたします!
まず初めに、実際の業務内容を教えてください!

久野:現在、Resilientのフィールドセールスとして、
一般家庭に向けて、太陽光発電、蓄電池、エコキュートの設備設置の
ご提案を行っております。
お客様のニーズを汲み取り、最適なご提案をさせて頂いております。

蜂屋:ありがとうございます!久野さんはどのような経緯で、Resilientのメンバーになったのですか?

久野:実はRoadには、知人の紹介で1月に入社しました。
それまでは、法人営業、不動産業界に特化したITの会社
その前は現場監督という全く違うことをしていたんですね笑

そしてRoadにジョインしてから
初めはセールスエージェント事業部のCX課で事務を行い、フィールドセールス課に移動し
今回のResilientの配属になりました!

蜂屋:現場に、toBに、今回はtoCで...幅広くいろんなご経験をされていますね..!
   最終的にRoadに入社するまではどんなストーリーがあったんですか!?

久野:現場監督は正直なりゆきみたいなものでして..
高校は工業高校だったので、一番倍率が高いところという目標を掲げ
就活がゴールでした。

本気で汗水垂らして、一生懸命仕事していく中で、自分でいうのもおかしな話ですが
人に恵まれていて、なぜか可愛がられるタイプだったんですね笑
そのうちに「誰かを助けれるような存在になりたい..」
今思えば、誰かのためにという矢印でずっと動いていましたね。

そして、上京したらビックになれるんじゃ!?もっとスキルや営業力が必要じゃない?!
と考えるようになり、前職の不動産業界に特化したITの会社に入社しました。

そうして、飛び込んだ会社でしたが、
簡単にいうと、成果が出ませんでした。
もちろんモチベーションは下がっていき、
経営陣も自分が憧れるような存在ではなかったので、
自然と愚痴や不満が多く出るようになりました。

そんな時に出会ったのが、友人の友人でRoadで働いている人だったんです!

今思うとあの時に飲み会で出会ったことが奇跡だし、本当に運がよかったなと思っています。
彼は、本当に生き生きとしていて、仕事を熱く語って
自分の理想に向かってとにかく一生懸命頑張っている..
比べて、成果が出ない、経営陣が合わない、不満を吐いている自分。
それは同じ「頑張っている」のフィールドではあるかもしれないのですが、
雲泥の差を感じました。

子供っぽい言葉で恐縮ですが、
本気でキラキラ輝いて、働いているカッコイイ大人に見えたんですね。
自分の人生の選択は全て自分の責任、しっかり踏み出そう。
そう決意し、Roadに入社を決めました。


蜂屋:冗談抜きで綺麗事ではなく、RoadCrewは1人1人が熱量持って志事していますよね!
ビジョナリーで、情熱がメラメラしています。
そして、人と人との繋がりって本当に一生の宝物です。
きっと久野さんの努力と人柄が引き寄せたものでもあると思います!
深いストーリーです。
蜂屋:様々なお仕事を経験され、いろんな思いがあったと思いますが、
新規事業立ち上げど真ん中で、Resilientに抜擢された際はいかがでしたか?

率直にノウハウが何もなく、
未完成」ってこのことを表すんだと初めての経験でした。
営業トークもなければ、知識もない。
社会問題に直結しているものなので
情報のキャッチアップのスピード感も求められる。

そして私達は、押し売りは本当に一切しません。
営業会社ってそういうイメージも一定ありますが...
他社にはない徹底したアフターフォローと、豊富なラインナップで
お客様に寄り添います。なので、逆にお客様を考え、お断りすることもあります。。
人の魅力で勝つ営業を大事にしています。

0から1をつくるって途方のないものです。
きっと1人だったら絶対に無理です。
ただ、本当に「仲間」と1人1人の「思い」
そして、全員が目指す1つの「目標」があったからこそ、今の成果があります。

蜂屋:ストイックな反面、写真でも伝わってきますが、本当に仲良いですね!
チームワークが良い秘訣はなんだと思いますか?

答えになっているかがイマイチですが、
「仲間だから」だと思っています。

上司であっても部下であっても同じ1人間であることには変わりないです。
本気で人に向き合うっていうことは、お互いの良くないところを指摘できたり、
部下だから従うではなく、主張もする、上司も受け入れた上で返答する。
そうやって上下関係なく、ある意味で奪い合っていこう
というかそういう風通しの良さがResilientにはあります。
だからこそ士気が高まり、全員の意識が高いのだと思います。

そしてもちろん嬉しい時や楽しい時は、全員で感情を共有し合う
そんな最高なチームです!!!✨

蜂屋:ありがとうございます!!
一定の競争意識は大事ですよね、そして本当にメリハリもあり素晴らしいです!
最後に、久野さんの今後のビジョンを教えてください!!

ここまで様々いい面を言ってきましたが、
正直自分自身はまだまだです。

数字はもちろんですが、普段の会議でのアウトプット、要因分析、PDCAの速さ、
どこを取っても未熟です。
今後事業部で20億を達成するには、新たに入ってきたメンバー全員が育つように
再現性がある仕組みも作っていく必要もあります。

私自身、大切な人を大切にしたい、と心の底から思っていて
大切な人が大切にしているもの=このResilientを大きくしていくために
日々精進していきます。
全員で達成して、全員で号泣する未来を必ず実現したいです。

そして、事業部のビジョンでもある唯一無二のライフパートナーになること
自分自身も関わった全ての人を幸せにできる、唯一無二の存在であり続けたいです。

久野さん、ありがとうございました!!

誰かのために、というベクトルは自分のために、だけよりも
圧倒的に大きな成果を発揮します。
そして言葉では綺麗ですが、もちろん泥臭く、大変なこともたくさん伴います。

それでも、仲間と一緒に、高い景色を見るために、全力で突き進む。
そんな熱い一生をRoadで過ごしませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました!

株式会社RUH's job postings
48 Likes
48 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社RUH
If this story triggered your interest, have a chat with the team?