1
/
5

【部署紹介】V1開発部ってどんな人がいるの?業務内容とメンバーのご紹介|22年8月版

皆さんこんにちは。今月、沖縄では先祖を供養するために旧盆に集落の通りを練り歩く「道ジュネー」が3年ぶりに開催されました。うちなんちゅーにとっては夏の風物詩なので、ものすごく沖縄に帰りたくなった小嶺です。

今回は、現在メンバー募集中の東京本社 V1開発部の仕事内容と所属しているメンバーについてご紹介いたします。

▼V1開発部の使命と業務内容について

V1開発部の使命:スパイラル®️ ver.1の製品競争力を高め、開発生産性と品質を最大化する。
V1開発部では、スパイラル®️ver.1の新機能および機能拡張開発、開発したソフトウェアの動作検証やセキュリティ品質の担保などを行っています。責任者1名(男性)、メンバー12名(男性9名、女性3名)の構成です。

▼メンバーと担当業務のご紹介

初めに、V1開発部長の城詰大輔さんをご紹介します。

当社に入社した経緯
私は新卒入社で、他にもいくつかのIT系企業の面接を受けましたが、パイプドビッツに入社した一番の理由は当時の代表である佐谷CEO(現、パイプドHDグループCEO)との面接がきっかけです。他の会社は質問ばかりだった中で、会社の将来のビジョンを丁寧に話してくれて、「この人の下で働きたい」と思い、入社を決めました。

現在担当している業務
現在はPaaS型ローコード開発プラットフォームである「スパイラル®️ver.1」の開発部門の部長として、新プロジェクトの企画やスケジュール管理、他部署との調整などのマネジメント業務をメインで担当しています。開発やシステム障害発生時の調査対応を担当することもあります。

仕事に対する想い、これまで頑張ってきたこと
V1開発部は若手メンバーが多いため、新人育成に力を入れています。プロジェクトを組む際には、ベテランと若手を組み合わせることで、若手の成長だけではなくベテランも若手を育成することで良い影響を受けられるようにしています。また、重要なタスクについてはベテランメンバーに仕事が集中してしまいますが、少しでも若手メンバーにも関わってもらいながら、学んでもらえるような環境づくりを意識しています。

休日の過ごし方
休日は家族でFPSゲームをしたり、買い物に出かけていることが多いです。ゲームはあまり上手くないのですが、息子も私も外で遊ぶのが好きではないので、大体ゲームをしています。以前はディズニーランドやディズニーシーによく行っていたのですが、コロナ禍以降は行く回数も随分減りました。

小嶺comment
部門長として城詰さんがどのように業務に取り組まれているのかを知ることができました!いつか城詰さんと一緒にお仕事をする機会があると嬉しいです。

以上、城詰さんでした。

次は、メンバーの中で1番社歴が長い柴田直紀さんです。

当社に入社した経緯
2006年に新卒としてパイプドビッツに入社し、17年目になります。大学時代からIT系の開発業務に携わりたいと思い、インターンシップとして参加したのがパイプドビッツでした。当時は軽い気持ちで参加しましたが、アプリケーション開発の楽しさを知り、インターンシップ終了後もアルバイトとして仕事に携わるようになりました。その後は新卒社員として入社し、開発部に配属されてからも開発一筋です。

現在担当している業務
V1開発部内ではリーダーのポジションで、スパイラル®️ver.1の仕様レビューやコードレビューをしながら、各プロジェクトに幅広く関わっています。元々教えることが好きで、最近はメンバーを育てることにやりがいを感じるようになりました。これまでに培ってきた知見や開発手法を活かして、開発効率の改善や高品質なサービスの提供を目指しています。

仕事に対する想い、これまで頑張ってきたこと
スパイラル®️ver.1は様々な業界の幅広い業務を支えるサービスです。昨今では某予約システムにも採用され、社会に貢献できたことを誇らしく感じています。

より自由度の高いプラットフォームとしてスパイラル®️ ver.2がリリースされ、今後はスパイラル®️ ver.2が主流になっていきますが、スパイラル®️ver.1もまだまだ成長するサービスです。現在も多くのお客様からご支持いただいており、これからもスパイラル®️ver.2に負けないよう様々な機能改善と貢献をしていきたいと考えています。

休日の過ごし方
コーヒーが好きで、平日は仕事の合間に、休日は映画や読書のお供に欠かさず飲んでいます。道具を揃えることも楽しみの一つで、まだ数は少ないですが美味しいコーヒーを淹れるために、いろいろ取り揃えていきたいと考えています。

小嶺comment
私も業務でスパイラル®️ver.1を使う機会があるので、今後も使い続けられると嬉しいです!私もたまにブラックコーヒーを飲むので、柴田さんにおすすめのコーヒーを教えてもらいたいと思います。

以上、柴田さんでした。

続いて、ご紹介するのは入社12年目の石井啓子さんです。

当社に入社した経緯
前職ではSI企業にてCRMパッケージやECサイト等のスクラッチ開発、機能追加開発の要件定義、設計、開発、検証、運用/保守、リリース作業やPM等を経験してきました。パイプドビッツへは前職でお世話になった方々のご紹介で入社しました。アパレル特化型ECプラットフォーム「スパイラルEC®️」(現在は、グループ会社のフレンディットにて提供)の開発を経てテスト部門に配属されてからは、部署はその時々で変わりつつも一貫してテスト業務を専門で行っています。

現在担当している業務
主にスパイラル®️ver.1のバージョンアップ時のテストを担当しています。
リリース後は最も不具合発生確率の高い期間です。稼動中のシステムに不具合が発生すると、その規模や頻度に比例して時間とコストを掛けて不具合収束作業に追われることになります。お客様の信用を失い、多大な損失を被りかねず、進行中の開発業務にも遅延が生じます。テスト業務は、不具合を最小限に抑えることで利益の確保に貢献していくことのできる業務です。

仕事に対する想い、これまで頑張ってきたこと
「この人に任せれば安心」「いてよかった」等々、そんな風に思ってもらえることを目指してきましたが、検証対象のシステムを知らずして精度の高い検証を実施することは不可能であることを痛感し、時間をかけてインフラ面も含めてスパイラル®️ver.1の理解を深めているところです。

一般的なテストスキルや知識だけでなく、不具合の事前検知に生かせるようなシステム独自の知識を開発者や他部署の方々の力を借りて一層深めていきたいと考えています。

休日の過ごし方
ごはんの作り置き、子供の習い事のサポート、親子で楽しめる場所へお出掛けしています。
時間を見つけては子供と一緒に楽器の練習をしたり、ミシンで裁縫したり、SwitchのFitBoxing2やマリオパーティーで体力&筋力維持を図ったりもしています。昔好きだったミュージカル熱が昨年から再燃しており、1年先の予約も済ませ、今から楽しみにしています。

今は遠のいてしまっているテニスや登山もいつの日か再開したいです。

小嶺comment
お仕事でご一緒する機会が無かったのですが、石井さんがどのような業務を担当されているかを知ることができました。また、学生の頃少しだけソフトテニスをしていたので、親しみがわきました!

以上、石井さんでした。

最後にご紹介するのは、新卒入社2年目の渡邊聖さんです。

当社に入社した経緯
大学では情報通信を専攻し、学んでいました。元々、高校時代にゲームを作成したことがあり、ソフトウェアについてもっと知りたいという思いから情報通信を専攻していました。その中で、お客様が使用するソフトウェア製品をより良いものに変えていきたいという想いが強くなり、自社製品を持つ企業を中心に就職活動し、2021年にパイプドビッツへ新卒で入社しました。入社後は、4ヶ月間の研修を経てV1開発部に配属され、今に至ります。

現在担当している業務
パイプドビッツが持つローコード開発プラットフォームスパイラル®️ver.1の不具合改修や小規模改善担当しています。また、時々ではありますが、スパイラル®️ver.1に関連する調査業務も担当しています。開発業務では、V1開発部内や他の部署と相談しつつ、少しでも良い形で改修してお客様に提供できるよう努めています。

仕事に対する想い、これまで頑張ってきたこと
少しでも効率良く進めることと同時に、今の私ができる最大の成果を発揮できるように意識しています。入社2年目なこともあり、未だに様々な分野で技術不足を痛感する毎日を過ごしています。ですが、今の時点で出せる最大の成果を積み重ねていけば、少しずつ先に進むことができるのではないかと思っています。気が付いたら開発生産賞を受賞していましたが、満足はしていませんので、引き続き邁進してまいります。

休日の過ごし方
1人で黙々と進めるタイプのゲームが趣味です。休日はほぼそれらのゲームに時間を費やしています。具体的には音楽ゲームやパズルゲームをプレイしています。例えば、2人の少女が失われた世界で交錯する音楽ゲームや、ルールを書き換えるパズルゲーム、最近は一筆書きで数式を組み立ててターゲットの数字を作り出すパズルゲームをプレイしています。本当は技術書も漁りたいのですが、欲に勝てない日々が続いています。

小嶺comment
V1開発部内では若手の渡邊さんですが、開発生産賞を受賞し実績を残されています。現状に満足せず目標に向かい突き進んでいくという熱い思いを知ることができました。今後も応援しています!

以上、渡邊さんでした。

今回はV1開発部の業務とメンバーの紹介をさせていただきました。V1開発部では、QAエンジニア、プラットフォームエンジニアを積極採用中です!
その他パイプドビッツではクラウドインテグレーション、人事の中途採用も引き続き行っています。少しでもご興味をお持ちいただきましたらぜひご応募ください。

以上、採用・労務担当小嶺からお送りしました。

株式会社パイプドビッツ's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings