1
/
5

会計士→税理士→鑑定士→LBPへの道!

1.LBP入社前のキャリア

はじめまして、呉我(ごが)春彦と申します。
LBPの再生アドバイザー3年目です。

僕は大学卒業後公認会計士の資格を取得し監査法人で6年間会計監査を実施しておりました。
監査法人在籍中に不動産鑑定士の資格を取得した後、不動産SPCに強い会計事務所で
税理士・不動産鑑定士として3年間働いておりました。

資格をたくさん取得したのは、働く場所、一緒に働く人、
働く環境を自分で選べるようにしたかったためです。

2.LBPに入ったきっかけ

前職で初めて事業再生という仕事に携わりました。
具体的には監督委員の弁護士の財務面のサポートをする業務です。

法的整理案件でしたので、裁判所に持ち込んだ翌日には全従業員へ通達し、
取引先への支払もCOD(キャッシュ・オン・デリバリー)という即時払いの契約に
切り替わったのを記憶しております。
明日の資金にも窮する状況の中、代理人弁護士は会社がなんとか存続するために
必死に奮闘されていました。

現場がこのような状況の中、窮地に追い込まれた人々の力になりたいと思い
自分なりに頑張りましたが、あくまで僕たちは弁護士の補助者。
仕事内容が限られており、なかなか会社の再建を手助けするような業務はできませんでした。

そんな折、別の再生案件で再生コンサルタントが作成した再生計画をレビューする機会がありました。

計画では数値をもって会社の再生可能性を訴え、経営改善に向けた方向性が示されていました。
これこそが財務を扱う最高峰の資格である会計士としての醍醐味がつまった業務だと思い、
同様のコンサルティングをやっているLBPの門をたたきました。

3.入社前と入社後のギャップ

面接ではハードワークであること、全国を出張で飛び回る生活になることについて説明を受け、
納得の上で入社しました。
それでも東京のオフィス勤務を中心とした生活が大きく変化したため最初は戸惑いました。
平日はほぼ出張先のホテルで過ごし、土日も業務が繁忙になると家に帰れない生活です。
火曜日と金曜日の燃えるゴミはいつ出せばいいのだろう、
僕は一生水曜日の資源ゴミを捨てることができないのか、
そんな一見くだらないけれども現実的な心配をしたりもしました。

ですがLBPの先輩方はこのような生活を何年もやって慣れており、
色々なアドバイスをくださいました。

また、業務のハードさやクライアントとのやり取りで落ち込んでも気軽に声をかけてくださり、
金曜の週末にはよく飲みにつれてくださりました(コロナ前)。

再生の現場で働いてきた歴戦の先輩方のお話はとても面白く、そのお話を聞くたびに
先輩たちも乗り越えてきたんだから自分も頑張ろうという気持ちになりました。



4.LBPで働いてよかったこと

このように、大変なことも多いLBPでの生活ですが、その分一つの業務が終わったときや
金融機関の同意が取れた時の達成感はひとしおです。

多くの再生企業は赤字転落や投資の失敗等をきっかけに
金融機関との関係が悪化していることが多いです。

しかし、僕たちが仲介役となることにより少しずつ両者が対話できるようになり、
多くの金融機関が最終的には会社の背中を押してくれます。

ときには自主再生ではなく事業を売却することになる案件もありますが、
会社としては(もちろんLBPとしても)精一杯やった上で結論を出すことが多いので
社長の納得感も高いように感じられます。

僕が初めてプロジェクトマネージャーを担当した案件では、
計画完成後にクライアントの社長から
「LBPさんにお願いして本当に良かったです。ありがとうございました」
とおっしゃっていただきました。

自分でプロジェクト会議を主導し、意見が対立する部長さんたちと何度も何度も議論を重ね
作り上げた計画でしたので、社長からそのようなお言葉をいただいたときは
涙が出るかと思うほど嬉しかったです。

この仕事をやってきて本当に良かったと思いました。

5.入社を検討されている方へ

長い人生のうちいつかは「わき目を振る暇もないほど一生懸命働き、人のためになる仕事がしたい」
と思われたことはないでしょうか。もしそれが今なら、LBPへの入社を考えるベストタイミングです。

やる気があれば現在の能力はそこまで問われないはず。何かわからないことがあっても
周りの方々がサポートし、時には愚痴を聞いてくださいます。
LBPにはやる気次第でどこまでも成長できる環境が用意されておりますので、
熱い思いを持ったアドバイザーのご入社お待ちしております!




事業再生アドバイザー
事業再生アドバイザー募集!中堅・中小企業の経営改善に取り組んでみませんか?
私たちロングブラックパートナーズ株式会社は、地域に根ざし企業に密着して成果をだすことを誇りに展開する、独立系の事業再生・経営改善コンサルティングファームです。 「クライアントの長期的(ロング)な黒字(ブラック)を確保するパートナーでありたい」との想いが社名の由来です。 【主な事業内容】 ■事業再生アドバイザリー 中堅・中小企業が抱えるさまざまな経営課題に対し、「専属のプロジェクトチーム」が、「一定期間クライアントに常駐」し、「ファクトベース」のアドバイザリーサービスを提供することで、主に財務面の早期健全化を達成するための各種サポートを行っています。 ■成長支援コンサルティング 「成長スピードが鈍化している」「損益が安定しない」「生産性を向上させたい」「コスト削減に本格的に取り組みたい」このような経営課題を抱える企業に対するアドバイザリーを提供しています。 ■事業承継コンサルティング 円滑な事業承継のために必要と考える事業の「磨き上げ」と財務体質の改善、そして次世代の経営者候補も巻き込んだ事業の将来設計までを一貫して支援します。 ■M&Aアドバイザリー 単なる仲介業務にとどまらない、「オーナー」と「企業」の双方にとってメリットのある事業継承をご支援します。 ■ファンド事業 北海道・岡山県にてハンズオン型の「事業再生/活性化、事業承継ファンド」を運営しています。 また、広域復興支援ファンドを九州全域・西日本(中四国地方)で運営しています。 さらには、事業承継対応の「継承ジャパンファンド」を新たに立ち上げるなど、サービス展開地域、規模を毎年拡大しています。 【ユニークな特徵】 ■クライアント現場常駐型スタイル 私たちの主なサービスである事業再生アドバイザリーでは、創業以来、「クライアント現場常駐スタイル」を続けている点にあります。クライアント先へ常駐し、現場に眠る様々な経営データを丁寧に紡ぎあげ、「ファクト」の積み上げをもってクライアントの経営課題を明らかにするアプローチを重視しています。 ■地域再生ファンドも、「地域常住」 私たちが運営に関与している地域再生・活性化ファンドでも、展開地域に私たちのスタッフを「常住」させ、各地域における投資先企業の業績向上までコミットするスタイルを貫いています。クライアントの近くで、ハンズオンで経営改善に取り組む。そんな価値観の元、ファンド事業を運営しています。 【これからの展望やビジョン】 私たちはこれからも独立系アドバイザリーファームとして、現在の60名規模から、5年後には100名規模を目指しています。中堅・中小企業様に対して、事業再生・経営改善の分野はもとより、事業承継、成長支援、M&Aアドバイザリーなどについて高品質のサービスを提供しつつ、同時に地域再生・活性化ファンドではこれからもハンズオンの経営改善支援に取り組んでいきます。 アドバイザリー事業とファンド事業の両方を併せ持つユニークなコンサルティングファームとして、全国の中堅・中小企業様の役に立ちたいと願っています。この想いに共感し、私たちのチームに参画いただける方を求めています。
ロングブラックパートナーズ株式会社



事業再生アドバイザー
北海道にて事業再生アドバイザー募集!経営改善に取り組んでみませんか?
私たちロングブラックパートナーズ株式会社は、地域に根ざし企業に密着して成果をだすことを誇りに展開する、独立系の事業再生・経営改善コンサルティングファームです。 「クライアントの長期的(ロング)な黒字(ブラック)を確保するパートナーでありたい」との想いが社名の由来です。 【主な事業内容】 ■事業再生アドバイザリー 中堅・中小企業が抱えるさまざまな経営課題に対し、「専属のプロジェクトチーム」が、「一定期間クライアントに常駐」し、「ファクトベース」のアドバイザリーサービスを提供することで、主に財務面の早期健全化を達成するための各種サポートを行っています。 ■成長支援コンサルティング 「成長スピードが鈍化している」「損益が安定しない」「生産性を向上させたい」「コスト削減に本格的に取り組みたい」このような経営課題を抱える企業に対するアドバイザリーを提供しています。 ■事業承継コンサルティング 円滑な事業承継のために必要と考える事業の「磨き上げ」と財務体質の改善、そして次世代の経営者候補も巻き込んだ事業の将来設計までを一貫して支援します。 ■M&Aアドバイザリー 単なる仲介業務にとどまらない、「オーナー」と「企業」の双方にとってメリットのある事業継承をご支援します。 ■ファンド事業 北海道・岡山県にてハンズオン型の「事業再生/活性化、事業承継ファンド」を運営しています。 また、広域復興支援ファンドを九州全域・西日本(中四国地方)で運営しています。 さらには、事業承継対応の「継承ジャパンファンド」を新たに立ち上げるなど、サービス展開地域、規模を毎年拡大しています。 【ユニークな特徵】 ■クライアント現場常駐型スタイル 私たちの主なサービスである事業再生アドバイザリーでは、創業以来、「クライアント現場常駐スタイル」を続けている点にあります。クライアント先へ常駐し、現場に眠る様々な経営データを丁寧に紡ぎあげ、「ファクト」の積み上げをもってクライアントの経営課題を明らかにするアプローチを重視しています。 ■地域再生ファンドも、「地域常住」 私たちが運営に関与している地域再生・活性化ファンドでも、展開地域に私たちのスタッフを「常住」させ、各地域における投資先企業の業績向上までコミットするスタイルを貫いています。クライアントの近くで、ハンズオンで経営改善に取り組む。そんな価値観の元、ファンド事業を運営しています。 【これからの展望やビジョン】 私たちはこれからも独立系アドバイザリーファームとして、現在の60名規模から、5年後には100名規模を目指しています。中堅・中小企業様に対して、事業再生・経営改善の分野はもとより、事業承継、成長支援、M&Aアドバイザリーなどについて高品質のサービスを提供しつつ、同時に地域再生・活性化ファンドではこれからもハンズオンの経営改善支援に取り組んでいきます。 アドバイザリー事業とファンド事業の両方を併せ持つユニークなコンサルティングファームとして、全国の中堅・中小企業様の役に立ちたいと願っています。この想いに共感し、私たちのチームに参画いただける方を求めています。
ロングブラックパートナーズ株式会社
ロングブラックパートナーズ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more