1
/
5

【社員インタビュー】自分の裁量で創りたいものを創れる。歯科矯正スタートアップでの開発の面白さとは

こんにちは、philduct広報です。

今回からストーリーでは、4人の社員と弊社代表金子へのインタビューを連載いたします!
トップバッターは、エンジニアとして働いている長谷部洋弥さんです。

-まずは自己紹介をお願いします!

長谷部洋弥です。よろしくお願いします。
フィルダクトではシステムエンジニアとして働いています。基本インドア派で、YouTubeをひたすら見るのが大好きです!


-YouTuberにすごく詳しいですもんね(笑)フィルダクトではどのようなお仕事をされているんですか?

LINEを使ったサポートアプリの開発をメインでやっていて、あとは顧客のデータを管理するCRMの構築を行っています。
他にはGASを使って煩雑なデータ整理を簡単にするなど、カスタマーサポートの人たちが使っているアプリケーションの開発や改善などを行っています。
まとめると、患者さん、社員両方に向けたサービスの開発をしています。

-なるほど。患者さんのことも社員のことも、陰ながら支えているのですね。ちなみにどうしてこの会社に入ろうと思われたんですか?

実は代表の金子とは、高校時代の同級生なんですよね。
もともと4年間ほど都内のSlerで働いていたんですが、去年の秋ごろ、金子に一緒に仕事しようと誘われて。当時は転職もあまり考えていなかったんですが、年末くらいに前の会社から転職する事を決意して、フィルダクトに入社しました。

-転職されたんですね!なにが転職の決め手になったんでしょうか。

前の会社でもSIerをやっていたのですが、スキルアップやより自由度を持って仕事をしたいと考えたからですね。

-これまで働かれてきた中で印象に残っていることはありますか?

もうすぐ入社して1年くらい経つんですが、最初の頃は人数がもっと少なかったんです。正直第一印象では、この会社大丈夫かなって思っていました(笑)
だけどだんだん事業が成り立っていく姿を見たり、メンバーが集まるのを見てすごいなって感じたのは印象に残っていますね。
あと、自分のやっていることが、形になって世に出ていく。そのスピードも速くて、会社の成長を間近で見れるのが楽しいです。

-会社の雰囲気はどうですか?

若い人が多いからこそ、全体的にフラットに接しやすいなと思います。まあ自分が27で最年長っていうのもあるんですけど(笑)
僕は職業上、もちろんコミュニケーションも取りますが、実は黙々と開発作業がしたいときもあって。そういう際のバランスも取りやすいですね。集中したい時はリモートで作業できますし、誰かと議論しながら詰めたい時はオフィスに出社して、というふうにメリハリを持って仕事ができていると思います。


-エンジニアにも働きやすい環境なんですね。では、この会社で働くことの魅力はなんでしょうか?

1つ目は、先ほどお話した若い人が多くフラットなところですね。
2つ目は、技術的な点で、業務委託の方が開発チームのリードとして入ってくれていることです。開発上で困ったとき相談に乗ってもらえたり、的確なアドバイスがもらえたりするので、安心して開発を進めることができます。
3つ目は、「こんなものを作りたい」と思ったものがあれば自分の裁量で決められることですね。使う技術に縛りもないですし、開発に必要なサービスがあればどんどん取り入れることができるんです。

-自分に裁量権がありつつ、頼りにできる方もいて、開発を進めやすいということですね。最後に今後この会社をどうしていきたいですか?

今いくつか開発したいプロダクトがあるのですが、それぞれに対してリーダーがいて、全員が柱になれるようなチームを作っていきたいですね。その柱になれるメンバーを育てていくことを今目指しています。
最終的には、作ろうと思ったものをすぐ実現できていくようなチームを整えたいですね!


-ありがとうございました!

株式会社フィルダクト 's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more