1
/
5

【社員インタビュー】ハンガリー出身のデザイナーが、やっと見つけた働きたい場所。


-まずは自己紹介をお願いします!

ヴァルガ・エステルといいます。出身はハンガリーで、日本に来て7年目になります。フィルダクトには9月頃に入社して、デザイン業務をメインに担当しています。

-日本語もペラペラですね!趣味はなんですか?

ダイビングやヨガ、スイミングにスノボなどです。あとはSNSですね!

-めちゃくちゃアクティブですね(笑)Instagramの投稿など、たしかにオシャレですもんね。現在はどのようなお仕事をされているんですか?

職種としては、デザイナー兼イラストレーターになります。デザインに関することはほとんど扱っています!例えば、Webデザインやグラフィックデザインとか。UIUXデザインも行っています。


-デザインに関することをほとんど任されているんですね。フィルダクトに入ろうと思ったきっかけって何だったんでしょうか。

最初に興味を持ったのはWantedlyですね!
ちょうど新しくクリエイティブ系の仕事を探していたんですが、社員数が少なくて自分のスキルを活かせる場所がある会社を探していました。自分自身でもっと裁量権を持って、自らの考えを実行に移せる会社が良いと思っていたんです。その時たまたま見つけたのがフィルダクトでした。

-なるほど。ちなみに最終的な決め手はどこにありましたか?

メンバーがみんな優しくて、若いところですかね。実際に働いてみても、会社にいる人達はみんな優しくて面白い!(笑)でも仕事するときは仕事にフォーカスするし、メリハリがしっかりしていてバランスが良いんです。あと、会社の考え方も若くて、フレキシブルなところに惹かれました。

-人にも会社自体の理念にも若さと柔軟性を感じたんですね。

はい。考え方が古い会社って、新しいアイデアが出なかったり、取り込もうとせず思考停止してしまう特徴があると思うんです。けれどフィルダクトは、実際にwebサイトのブランドイメージやSNSの投稿を見れば、そういう会社ではないことは明らかでしたね。
自分のスキルも開発でき、自らが会社を作っていける環境に魅力を感じました。

-この会社はどんな人に向いていると思いますか?

自分がアイデアを出して、それを活かす事ができることがこの会社の魅力だと思っているので、逆にロボットみたいに言われた事を指示通りにやる人には向いていないかも。
全員が積極的にうまく力を合わせることができている会社で、いままで働いた日本の会社とは全然違って外国の会社みたいだなと思います。
あとは、スタートアップだから一緒に何かを創りたい人にはおすすめですね!この世界に何かを創りたい、インパクトを与えたい人にはぴったりの会社だと思います。

-主体性がある人におすすめの会社ということですね。最後に、エステルさん自身が持っている、今後のこの会社のビジョンを聞かせてください。

もちろん会社を大きくしたいという気持ちは前提として持っています。その上で、日本に史上初を残したいです。
というのも、マウスピース矯正は日本ではまだあんまり浸透しておらず、ブランドイメージや理念などを持っている会社が十分に出来上がってない現状があります。だからこそ、この業界やこの市場、そしてフィルダクトのプロダクトにはユニーク性(唯一性)があり、可能性をとても秘めているんです。
希望があるこの会社を大きくして、もっと多くの人の笑顔を創りたいですね!

-ありがとうございました!

株式会社フィルダクト 's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more