1
/
5

自身の行動力でキャリアを広げる、実直で真面目なSeibiiの若きホープ

津治 啓希(ソフトウェアエンジニア)

大学時代から学生インターンシップとしてスタートアップで活躍し、新卒で受託企業に就職。その後、Seibiiへジョイン。現Seibiiエンジニアチームにおいて最若手メンバーとして活躍中。入社半年にも関わらず、Cycle.js→Reactへのリプレイスのプロジェクトオーナーを務めるなど、獅子奮迅の活躍で、組織をボトムから盛り上げてくれています。

今回はそんな津治さんを紹介させていただきます。


入社に至るまでのご経験・ご経歴を教えてください。

Wantedlyでみつけたベンチャーのインターン求人をきっかけに、大学3年生頃からフロントエンドとバックエンドの開発に携わっていました。

新卒の就活ではエンジニアを志望しようと決めつつ、業界や規模だけでの判断ではなくご縁のあったベンチャーに就職させていただきました。
言語としては、RailsやVue.jsで開発を行っていましたね。

学生時代から、ベンチャー志向も高かったのですね。

そうですね。新卒で入った受託企業も、スピード感が早くやりがいを感じながら毎日を過ごしていました。ただ、業務としては誰かが書いたコードのレビューやテストなども多く、事業会社で自分がその事業を変えているという感覚を持ちながら働きたいという気持ちがだんだんと芽生えてきたことを機に、2021年夏頃から転職の情報収集を始めておりました。転職活動中に何社か事業会社を受けていたのですが、そんななかで業界における課題感の捉え方とその課題解決のために取り組んでいることの実現可能性に共鳴をしたことがきっかけで、Seibiiにジョインしました。

最終的な決め手となったのは、CEOの佐川さんとの最終面接でのことです。元商社マンでありながら、独学でRailsを学んでおられ開発への理解・関心・敬意をお持ちであったことが印象的でした。
また、今後の事業展開の方向性や上場を目指し社会価値を向上させるということも聞いて、佐川さんと一緒に高みを目指せたら他にはない経験ができると思い、入社を決めました。

Seibiiの第一印象はいかがでしたでしょうか?

プロダクトの名前の通り、なんとなく車が動かなくなったら助けてくれるサービスなんだろうな程度の印象からのスタートでした。車は実家にあったのでたまに乗ってはいたのですが、その先にある車のアフターマーケットのことはあまり詳しく存じ上げていませんでした。

開発面では、正直、整備業界がレガシーであるという印象もあり開発体制も若干古いのかなと思っていましたが、それは杞憂でした。

選考の過程で1日入社体験をさせていただいたのですが、テストのカバレッジを計測していたり、slackでコマンドを打てばレビュワー指定やデプロイができるため、想像以上に開発基盤が整っていて、好印象をもちワクワクしたのを覚えています。

エンジニア以外の方もIT系のツールを使いこなしており、そこからSeibiiに抱く印象が、がらりと変わりました。


Seibiiでは現在どんな仕事を担当しているのでしょうか?

サーバーサイド、フロントエンド等、境界なく開発をしています。いわゆるフルスタックエンジニアとして執務してます。それに加え、ユーザー環境を鑑み最近ではアプリの実装にも携わっています。

前職では、テストならびにテストの前準備や細かい確認を担当することが多かったのですが、Seibiiにジョインしてからは純粋な実装に関われる時間が増え経験を得られています。

前職は受託開発だったため実装したらそこでプロジェクトが終わりになることが通例です。それがSeibiiにおいては実装した後、実際に利用いただくユーザー様の状況が分かるため、自分の開発したプロダクトが世の中に根付き、使われているという実感が感じられるところは、個人的にとても嬉しい点でもあります。

また技術的な面において言うと、フロントエンドのcycle.jsという技術が初めての技術だったので、そこは経験値としても進化できた点でした。

技術といえば、Seibiiはこの2〜4月にかけてフロントエンドをReactにリプレイスしましたよね。

そのリプレイスのプロジェクトオーナーを最若手メンバーである津治さんが任されていたのは正直驚きもあったのですが、どのような経緯があったのでしょうか?

技術選定や時期はチーム内で相談の上で決めましたが、決定後のリプレイスについてはオーナーとして担当させていただきました。

実は、僕の中で元々使っていた言語は使いづらさを感じていたんです。笑

Reactに言語が決まった際に、技術的にも幅を広げたい、React触ってみたいという好奇心もあり、チームの開発定例の中で立候補しました。

うまく進められるかの不安もありましたが、皆様のご協力もあり結果的に遅延なく、無事にリプレイスを完了出来ました。新しい技術ということ自体にもワクワクしましたが、これまで複雑な処理で動いていたものが、Reactになると簡単に動いたりすることが目に見えて、とても楽しかったです。

React以外にも、Seibiiに入って印象的だった仕事はありますか?

入社してすぐに、整備士検索というビジネスインパクトがあるタスクを任せてもらえたのは良かったなと思います。

Seibiiでは、週1でAll HandsというBiz、Product、Corprateなど全職種のメンバーが集まる会議があるのですが、そこで実装した画面をみせながらデモをするのですが、そこで沢山の良いリアクションや意見をもらえたのは、実感値を感じるものでとても励みになりました。

それ以外にも、依頼フローのデザインを新しくするビルドや、アプリのBtoB向け依頼チェックボックスの表示など、Web/アプリ、技術も問わず、裁量をもって様々な経験をさせてもらっています。

実装以外にも、もうすぐ初めての外部セミナー登壇が待っており、それに向けての準備も鋭意進めております!

Seibiiに入って良かったなと思うところはありますか?

上記のAll Handsでは、デモ以外にも、会社の口座残高情報をつまびらかに公開していたり、各チームの良い発表やコラボレーションパートという職責の境界を外して話し合う場が設けられていたりと、それぞれが顧客に向き合うために意思決定できるしかけや、仲間が尊重しあえる様々な工夫がなされています。

会社全体でどういう方向に向けて走っているのかがオープンにされているので、勝手に会社が進んでいるというよりかは、一丸となって進んでいることを感じられることは、良いことだなと思います。

これからの抱負を教えてください。

人も増えて、大きく変わっていく時期だと思うので、どんどん良い方向に変えていけるような速度で開発をしていきたいです。

ぜひ年齢も在籍歴も飛び越えて、組織をガンガンつきあげて頂ければとおもいます!

おわりに

今回は、2021年9月からジョインしてくれている期待のホープ津治さんの紹介でした。

実直で丁寧で真面目。フロントエンドからサーバーサイドに幅もスキルも広げてくださっており、自分でキャリアを開拓できる方です。自分自身が社会や会社にどう貢献できるか?を考えて行動してくれる素敵な人材です。

いかがでしたでしょうか?

事業づくりに興味がある方も、個人のスキルを伸ばしたい方も、スタートアップで組織づくりに関わってみたい方も、Seibiiでは一緒にはたらく仲間を絶賛大募集です!

このフェーズでしか味わえない楽しみや難しさに対して、

ほんの少しでも興味をお持ちいただけたら、まずはカジュアルにでもお話させてください。

ここまで読んでくださったあなたからのお問い合わせを心よりお待ちしております!

株式会社Seibii's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings