1
/
5

What we do

創業者
株式会社イントリニティーは2005年に再スタートを切ったインターネットサービス、プログラムコンテンツを手掛ける会社です。 元々はホテル向けの内装デザインやビジネスコンサルティングを手掛ける会社として昭和57年に始まりましたが、創業者の引退とともに社名と業務内容を一新しました。 IoTを使ったシステム構築や、企業内のIT化を推し進めたいという企業様の悩みを解決するシステムコンサルタント業務、様々なプロジェクトを経験した社内スタッフによる受託開発、さらに社内での独自サービスの開発など、システム開発を通して様々な挑戦を行っています。 言われたものをただ制作するだけの機械的な業務でなく、 社外のお客様と連携したり、社内でブレストを重ねてサービスの案を出し合ったりと、 技術力の上に、"人間力"が乗ったエンジニアが多く在籍しています。 お客様とビジネス、そして弊社の優秀な技術力を組み合わせて さらにスケールさせられるような、そんなエンジニア集団です。

Why we do

働くメンバー
仕事の風景
今はテクノロジーと ビジネスは切っても切り離せない関係になりました。 どんな業種、業態であってもテクノロジーの導入は急務であり、ビジネスを効率化するには欠かません。しかしその一方で、なかなかIT化へ舵を切ることができず、旧態依然としてしまっているところがあるのも事実です。私たちはそんな企業様のビジネスを変革し、業務をデジタル化する"デジタル変革"に貢献することを大きな目標にしています。また、社内でも独自のサービスを立ち上げ、「自分の力だけでビジネスを運営する」という風土が出来上がっています。そこで培った主体性、積極性、問題解決能力を持って、お客様の開発受託も請け負っています。開発やお客様とのコミュニケーションなど、経験を積める場がたくさん整っているので 日々成長を実感しながら働くことができます。 お客様のビジネスに貢献しながら、同時に社内メンバーのやりがいや充実感を生む。 それこそが、私たちがビジネスをする理由です。

How we do

私たちはただ言われたことをやるだけの技術屋ではなく、各々が自立して考え、常にベストな動きをするように努めています。 「売上を最大化するにはどうしたらいいか?」 「お客様に喜んで頂くにはどうしたらいいのか?」 そうした日々の自問自答が、大きな結果を生むと信じているからです。 お客様の開発やコンサルティングはもちろんですが、社内での自社サービスの開発も推奨しているので、社内にいながら経営者のようなマインドで仕事をしています。 一度話し始めると、ブレストの中で次々とアイディアを生み出したり、新しい案件をどんどん提案してくれるメンバーがいたりと、 「自分が主体となって運営している」「会社の重要な部分を任されている」という充実感があります。 ただ、一度案件が始まるとメンバー全員が協力し合って、最大限の成果を生み出そうと一致団結する文化がありますので、「自分一人で頑張らなければならない」なんてことはありません。 自分で事業を生み出し、仲間と一緒にそれを達成する。 そんな働き方を実現するべく、メンバー全員が全力で仕事に向き合っています。