This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

生物学者を目指していた僕がイチナナを選んだその訳とは・・・

こんにちは!17Media JapanのElenaです。
今回は経営企画チームのマネージャーとして、経営管理および事業推進のデータ分析を担当しているToshiさんにインタビューを実施しました。

是非ご覧ください!

◆今までの経歴を教えていただけますか?

大学・大学院と理化学研究所で研究をしていました。
将来自分で新しいモノを作って世の中に貢献して行きたいと思い、生物学者を目指してましたが、
その思いに疑問を感じるようになったのです。
なぜならば、研究は普通5年〜10年かかってやっと形になるものであり
その年数は20代で色々とチャレンジして目に見える結果を出したいと考えていた自分には長く感じました。

イチナナに出会ったきっかけは何ですか?

研究生時代にITベンチャー企業に興味を持ち、ボランティアスタッフとしてIVSに参加したことがきっかけです。

IVSは(Infinity Ventures Summit) の略で、ITスタートアップ経営者が集まる国内最大級のカンファレンスです。IVSカンファレンスへの参加を通してスタートアップ企業のスピード感を肌で感じ、目の前にいる人を幸せにできる業界に携わりたいと強く感じました。ちょうどその時に、同じ想いを持ったCEOの小野に声をかけてもらったことが縁で、日本法人の17 Media JapanにJoinしました。

◆今の業務内容について教えていただけますか?

今は主に、経営に関わる予実管理と、事業を推進するためのデータ分析業務をしています。

1つ目の経営に係る予実管理に関しては、弊社CEO、台湾本社のCEO、CFOと決めていきます。どれくらいの売上が必要で、そのためにはどれくらいの人数の17 ライバー必要か、各部署のコストが、どのくらいかかるのか数字を算出し、予算データを作成していきます。売上というKPIを因数分解していき、数字変化を分析をしてその分析結果を誰よりも早く知ることができます。自分が立てた売上予想が実際のデータと合致した時は嬉しいですし、ビジネスの流れを一番理解できるポジションでもあるのでとてもやりがいを感じますね。

2つ目は事業側で、 17 ライバーの配信分析を行っています。
17 ライバーの配信日数、獲得ポイント等、ライブ配信に関わる数字を細かく調べ分析していきます。ここでは、研究生時代の経験が生かされていると感じています。数字の分布をみて統計と誤差範囲を表面的な数字ではなく、全体の数字としてみる必要があります。分析についてはまだまだ未知な部分が多いので、最先端のデータに携われる事も魅力ですね。

常に『どのような未来の成長を描き実現させるか』を念頭に置き業務を行っています。


経営企画チームの魅力とは何でしょうか?

ライブ配信の最前線で生のデータやトレンドを知る事が出来ることですね。
17 ライバーが「これをこれくらいしたら伸びる」という法則を日本で唯一知っている気分になるのでとても優越感がありますね。(笑)
また、日本のローカライズをどう成功させるかチャレンジのしがいがありますし、
どんなビジネスにも通用する、ノウハウを学べる場所だと思います。



◆最後に一言お願いします


ライブ配信という日本で最先端のエンターテイメントで最新のビックデータを扱いたい方や、データ分析の基礎がない業界で、データ分析の法則を見つけたい方にはピッタリです。
未来でも闘えるノウハウを取得する事ができます。
一緒に最先端のエンターテイメントを創り上げて行きましょう。
ご応募お待ちしております。


データアナリスト
事業全体の成長に携わりませんか?データアナリストWANTED!
私たちは、『次世代のエンターテイメントを創出する』という大きなビジョンを掲げ、2017年6月に17 Media Japanを設立しました。 17 Media Japanは、ライブ配信を通じて17 Liver(ライブ配信者)がオーディエンス(視聴者)とリアルタイムでコミュニケーションを取ることができる場所として、今や日本トップクラスのライブ配信アプリとなった「17 Live」を運営しています。 『17 Live』は、世界9カ国で展開し4,200万人ユーザーを超えるサービスにまで成長、月収1,000万円を超える17 Liverも誕生し、新たな雇用を創出しています。今や『17 Live』が輩出した17 Liverが、既存メディアに登場する逆流現象が起きています。 しかし、日本での挑戦はまだ始まったばかり。 日本ではまだ未成熟なライブ配信市場を盛り上げるための「啓蒙」、ライブ配信を日常生活の一部として楽しむ「文化」を作ることが必要とされています。 これまでにない新たなエンターテイメントを創造し、ビジネスを拡大させていくために日々挑戦を続けています。
株式会社 17 Media Japan
株式会社 17 Media Japan's job postings
30 Likes
30 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more