1
/
5

内定者の就活実体験。自己分析ってどうやるの??

こんにちは!

人事本部採用育成ユニットの菅井里紗(すがいりさ)です。

前回に引き続き、私の就職活動時代のお話について、書いていきたいと思います。



【b-style support #1 内定者の実体験。この時期、何してた?】では、私が行っていた就活スケジュールについて取り上げました。

今回は、私が就活で最も力をいれていた自己分析について、自己流にはなりますが、ノウハウをお伝えしていきます。少しでも参考になったら嬉しいです!

「自己分析のやりかた」

自己分析のやり方としては、3つの手順で進めていきます。1から3のステップを踏むことで、最終的に就活の軸が形成できる流れになっています。



1⃣「やりたいこと/譲れないことリスト10」ー死ぬまでにやりたい10のことー

まず、自身が死ぬまでにやりたいことリストを作成します。結婚・出産・世界一周・マイホーム購入などなど、、優先順位をつけ、1位から10位まで洗い出してみてください!ここで大切になってくることは、自分に正直になることです。現実的に考えて無理だと諦めることをしないでください!

そして、書き出したら「いつまでに」達成したいかを書いていきます。

1⃣「やりたいこと/譲れないことリスト10」ー働く上で譲れない10のことー

次に、働く上で譲れないことリストを作成します。土日休み・残業時間・育休産休などの制度面から、勤務地、社風など、これも1位~10位まで洗い出してみてください。


2⃣「人生のタイトルを決める」

1⃣で候補に出していったものを、次はグルーピングしていきます。そうすることで、自分は「いつまでに何を成し遂げたい人間なのか」そして、働くことに対して「どんなことを求めているのか」が見えてくると思います。

そしたら、そんな自分を一言で表す『タイトル』をつけてみます。ポイントは『〇〇歳までに〇〇な人になる』『〇〇歳までに〇〇をできるようになる』といったように『いつまでに、どんな人になるか』を一言で表すことです。


できましたか????


実は、この『タイトル』が自身が就活で使う『将来像』に当たるものになります。

私自身は、結婚や出産、子育てが死ぬまでにやりたいリストのトップにランクインしており、会社からの存在価値を若いうちから高める必要があると明らかになったことから『20代のうちに会社から必要とされる人』というタイトルを付けました。


3⃣「必要なスキルと環境を3つずつにまとめる」ー必要なスキルー

では、ここから更に『自身のタイトル』を詳しく現実味を帯びたものにしていきます。

『自身のタイトル』になるために、仕事を通して身に着けるべきスキルを探していきます。ここでのポイントは、解像度を高くする必要があります。なぜなら、営業力1つをとっても、身に着けられるスキルが山ほどあるからです。有形商材や無形商材によっても大きく変わってきますし、コミュニケーション能力や伝える力など、、営業力は何かという定義がないからこそ、正解は存在していません。

私自身を例に挙げると、『20代のうちに会社から必要とされる人』になるために、若いうちから仕事力と高い人間性をもった人になる必要があると考えました。なので、仕事力の面で言うと営業力(無形商材の営業を通したコミュニケーション力)、マネジメント力(若いうちから自分以外の人の成果をあげられる力)、コンサル力(常に課題を発見し解決をしていく中で自己成長していく)といった3つのスキルを身に着ける必要があると分析しました。そして、高い人間性を持つためには、傾聴力(どんな意見にもまずは耳を傾ける力)、視野の広さ(自分本位ではなく相手第一に考えられる力)、柔軟性(欠点を自覚し成長に繋げられるように受け入れる力)が必要であると決めました。

このことから、『自身のタイトル』にスキルを組み込みこんでいきます。

こうすることで、私の将来像は『20代のうちに会社から必要とされるような仕事力と高い人間性を持った人』になることといったように、決めることができます。そして、面接官に「それは具体的にはどういうことですか??」と尋ねてきたときに、焦ることなく、3つのスキルを説明していくことができます。

みなさんもできましたでしょうか。

3⃣「必要なスキルと環境を3つずつにまとめる」ー必要な環境ー

それでは、最後の工程です。

『自身のタイトル』を、最短かつ最高のパフォーマンスを発揮できる「環境」は何かについて探していきます。これから生活の大半を占めていく仕事は、自分に合わなく居心地が悪い環境では、自身のなりたい姿を実現できないと思います。

みなさんの過去の経験から、一番居心地が悪いと感じていた時はどんな環境でしたか?一番居心地が良いと感じた時はどんな環境でしたか?これを思い出してほしいです。

そして、『自身のタイトル』が実現できる所はこんな環境だということを、3つ挙げてください。

・どんな業界なら実現できますか?

・どんな仲間と一緒に働きたいですか??

・どういった環境が一番成長していけますか???

といったことを書き出していてください。


「まとめ」

これによって『自身のタイトル』を実現するために、身に着けるべきスキルが学べ、自分の行くべき環境はどこかが明らかになったでしょうか!

この3ステップによる自己分析から、就活の軸が完成しました。決して1日で完成できるワークではありません。私自身も何回もやり直して、数か月かかりました。何か月も自分自身と向き合って、納得のいく軸を定めてください!!そして、その軸から色んな企業を見て、どの企業が一番自分が求めている環境があるのかを見極めてください!

「最後に」

私の自己流でしたが、自己分析講座はいかがでしたでしょか。もしわからないことがありましたら、話を聞きに行きたいボタンから、お気軽に話を聞きにきてください!!(菅井をご指名ください!!)


「ビースタイルグループ説明会開始」

ビースタイルグループでは11月1日から説明会がスタートし、選考を開始しました。ベンチャー企業の多くは、年明け前から説明会をスタートしています。色んな企業をみた上で、自分が納得いく企業に入社を決めてほしいです!その中で、ビースタイルグループに興味をもってくれたら嬉しいです!

また、社員インタビュー記事もアップしています。是非ビースタイルグループの魅力を探ってください!




記事作成:菅井里紗

株式会社ビースタイル ホールディングス's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more