1
/
5

入社0年目で新卒採用に携わる。内定者に聞く、社内のリアルへ突撃!

はじめまして!

現在、内定者インターン生として人事本部採用育成ユニットに所属している菅井里紗です。

これから、インターン生2人が社員へ向けて様々なことを取材していき、記事を作成していきます。

ビースタイルグループの魅力から、実際に働く生の声をみなさんにお届けしていくので楽しみにしていてください!

今回は、同じく内定者でインターンをしている長峰さんにインタビューしてきました。

ついこの間まで就活をしていた長峰さんに、就活中の様子やビースタイルグループに入社を決めた理由など深くお話を伺います!


【経歴】
1999年生まれ。茨城出身。現在は神奈川県在住。専修大学経済学部4年。
2018年、専修大学に入学し、将来は名の知れた企業に就職できたらいいなとキャリアについては全く考えず
大学生活を楽しむ。しかし、コロナ禍でバイト先の居酒屋が休業になり、それと同時に将来に不安を感じ、
自分の経験を活かしてWebマーケティングを用いたオンライン筋トレサポートを0から企画し個人で利益を
出した。大学3年生の冬から就活を開始し、自分の将来のビジョンと向き合い、5月にビースタイルグループ
に承諾。現在はビースタイルホールディングスで採用育成ユニットに所属。


ーーまずは簡単な自己紹介をお願いします

長峰拓海(ながみねたくみ)です。現在は、人事本部採用育成ユニットで内定者インターンという形で23卒の学生向けにWantadlyを運用しています。

学生時代の経験は経歴に書いてある通りですが、好奇心が旺盛でまずはやってみようから始まるので、現在はインターンを通じて分析思考を訓練中です。

趣味は小学校から続けてきたバスケや漫画、YouTube鑑賞です。ミーハーなので王道系とはやりのものは網羅していると思います(笑)

今日はよろしくお願いします。


「″挫折″を乗り越え″内定″」

ーー就活時代のお話について聞かせてください!

実は、、、起業しようと思っていました。

大学3年生の春、コロナ禍ということもあり将来や経済面に対して不安を抱いていたことがきっかけで、起業スクールに通ったことが僕の就活時代のはじまりです。しかしすぐに、起業は甘くないと痛感し、挫折してしまいました。

ーー挫折してしまった原因って・・??

僕自身の中で「起業は目的ではなく手段だった」と自己分析をしていく中で気が付きました。また、自分の働く意欲は「他者貢献をしたい」という気持ちから高まっていくのだと自己理解することができました。そして、「楽しく働く人を増やしたい」というビジョンにたどり着きます。

結果、起業への熱意は「将来のビジョンを達成するための手段に必要であればしようかな」、その程度の意思に変わりました。

ーーなぜ「楽しく働く人を増やしたい」と思うのですか?

1つは、仕事をすることにマイナスイメージを抱いていたからです。

楽しく仕事をしている人もいると思いますが、ほんの一部なのではないかと思っています。

だからこそ、楽しく仕事をする人が世の中にもっと増えたらいいなと思ったからです。

もう1つは、社会人になり週5日、何十年もやる仕事と楽しく付き合いたいと感じているからです。

ーーどういった観点から企業を探していましたか?

自分のビジョンを達成するために必要な軸を3つもっていました。

1つ目は「成長できる環境」です。経済力をつけたい僕にとって、若いうちから活躍できる環境は重要視していました。成功している方々から近い距離でアドバイスをいただき、成長に繋げたいと思ったからです。また、ジョブローテーション制度を活用してオールマイティープレイヤーとして社会で戦っていきたいと感じていました。

2つ目は「人と企業どちらも密に関われること」です。楽しく仕事をする人が増えていないのは、企業側にも責任があると感じています。だからこそ、企業が地盤を整え、幸福を作るプラットフォームが必要となり、そのフローに関わりたいと感じていました。

3つ目は「働く仲間」です。どんなに大変なことでも一緒に働く人となら楽しくやり遂げると思うので、働く仲間という観点は一番重要視していました。

ーー何系の企業を選考していましたか?

業界を問わず、自分の軸に当てはまり、かつベンチャー企業を中心に探していました。

ーーその中でビースタイルグループを選んだ理由って・・?

簡潔にまとめると、ビジョンの一致と三つの軸全てが当てはまっていたことです。それにプラスしてビースタイルグループの「人」に惹かれました。選考の段階で人事採用担当をしている糸畑さんと会長の増村さんと深く関わらせていただき、本気でビジョンを叶えようとしている姿が伝わってきたことや人柄に惹かれて内定承諾の決め手になりました。ビースタイルグループは本当に、他社と比較した時に「人柄」の面が秀でていました!

ーー最終面接はどんな感じでしたか!?

びっくりした!というのが正直な感想です。

なぜかというと、初めての最終面接ということで緊張していたのですが、用意していた文章がいらないくらい「お父さんと話をした」という感覚だったからです(笑)

ですが、会話の中で会長の価値観に対する思いを聞き、改めて自分に合う会社だなと思いました。




「内定者インターンの″生の声″」

ーー現在内定者インターン生として働いていますが、どんな業務をおこなっていますか?

インターン生2人でWantadlyを運用し、主に23卒の学生向けに発信をしています。

内定者だけで企画から運用までを行っており、とてもやりがいを感じています。

ーー実際に働いてみて、周りの人たちはどんな印象ですか?

本当にみんな優しいです!!!

基本的に自分たちに全て任せてもらっていますが、いつでも相談でき、的確にフィードバックをしてくださいます。

自分が最近の中で一番印象に残っている言葉は、人事部長からの「内定を決めてくれたからには、社員みんながどこの会社でも活躍できるようにする責任が上司にはある」と言ってくださったことです。本当に素敵な人ばかりです(泣)!!!

ーーちなみに、、想像していた会社の雰囲気とギャップってありますか!?

就活を通じて想像していた以上の人の優しさを実感しています!!

また、ギャップに関してはいい意味で自由だな~と感じています!服装や出勤時間が自由であったりと、本当に一人一人の生き方を尊重しているなと思います。

このような自由な中で、自分の目的に向かってしっかりと頑張れる人にとってはいい環境だと改めて感じます!!


「就活生へメッセージ」

ーー最後に23卒の学生に向けて一言お願いします!

コロナ禍で安定を求めている人が多いかもしれませんが、本当の安定とは会社の力ではなく、自分の力をどれだけつけられるかによって決まると思います。

私たちと一緒に成長していきたい方は是非、お話ししましょう!!

お気軽に ”話を聞きに行きたい”を押してください!


記事作成:菅井里紗

株式会社ビースタイル ホールディングス's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more