1
/
5

【中途採用強化中】ただのミーハー女子大生が、大手金融系企業の内定を辞退して休学。人材派遣業界に特化したSaaS「CastingONE(キャスティングワン)」でインターンし続けるワケ。

こんにちは、CastingONE(キャスティングワン)インターン生の三枝です!

気づいたらインターンを始めて1年以上経っていました…

今までのインターン生活を思い返すと色々なことがありました。私事ですが、コロナ影響で就職難と言われている時期にもかかわらず、大手金融系企業の内定を辞退したり、休学したり…(笑)

そこまでしてもCastingONEにコミットしたい理由があったからこそなので、今回は私が思うCastingONEの魅力を、約1年3ヶ月のインターン生活を振り返りながら語りたいと思います。最後までお付き合いいただけますと幸いです!

簡単な自己紹介

三枝京加|Mieda Kyoka
慶應義塾大学 文学部 4年(在学中)
ー2020年7月
CastingONEにインターン生としてジョイン。インサイドセールスとして主に電話営業から開始。
ー2021年7月〜現在
マーケティング支援/広報の業務を開始。

面識のない大学の先輩から社名も知らずに紹介されたのが、CastingONEだった

大学3年の夏、就活を終えて余裕のできた時期に、当時3年近く続けていた不動産の事務系のアルバイトを通してオフィスワークの方が働き方として合うなと感じていたこと、また仕事内容としても社員さんの営業をお手伝いすることが増えてきたこともあり、がっつり営業を学びたいと思ってました。

その時たまたまInstagramのストーリーで、面識のない大学の先輩が、「営業のインターンに興味ある人?」という投稿をされていて、社名も知らないまま面接を受けることになりました。面識がないにもかかわらず、大学の後輩というだけで快く紹介してくださった先輩にはとても感謝しています。

採用から実務開始までのスピード感が印象的

インターン生として採用していただく事が決まった後、すぐにオリエンテーションがあり、そこでCastingONEの事業について詳しく学びました。スタートアップであることに加えて私を含むメンバーがCastingONEで初のインターン生ということだったので、正直に言うと育成環境については「無いに等しいのでは」と覚悟していましたが、実際はかなり丁寧なオリエンテーション資料とともにインプットしていただけて拍子抜けした記憶があります。

それからロールプレイングを数回挟むのみで実務に入ることになったので、「え、もう実務!?」と内心焦っていました…

ただ今振り返ると、丁寧なインプット(オリエンテーション)を一度していただいた後、すぐにアウトプット(実務)の数を沢山積むステップに移り、トライアンドエラーを繰り返したからこそ早期から安定した成果を出せるようになったと思います!

CastingONEは主体性あふれる環境

とにかくCastingONEのメンバーの方全員が生き生きと仕事をしているのは、入りたてからずっと感じている点です。社会人は月曜の朝つらそうな顔で出社しているとか、仕事を楽しいと感じられている人は少ないというイメージがあったので、CastingONEに入って良い意味で想像とのギャップを感じました。CastingONEには仕事に対して後ろ向きな人は一人もいなくて、むしろアグレッシブな人が多いと思います。

また全社に「CastingONEの事業を大きくして行こう」というマインドが共有されていて、全メンバーが事業推進に対する業務の優先順位を意識しながら動いてらっしゃるように見えます。リクルートやサイバーエージェントなど大企業出身の優秀な人たちが集まっているからか、ひとつひとつの思考レベルが高く、推進スピードもとにかく早いです。メンバーの皆さんへのちょっとした依頼事項も即対応してくださるので、逆に私があたふたしてしまうことがあるくらいです(笑)

CastingONEでの業務を通して学んだこと

全くと言って良いほどビジネススキルの無い状態でいきなりハイレベルな環境に飛び込んだため、毎日が学びの連続です。その中でも基本的なビジネスマナーはもちろん、「仕事の進め方のあるべき形」「自分でちゃんと考え、ちゃんと経験する重要性」は、特に叩き込まれた部分だと感じています。

大手企業の内定を辞退してまでコミットし続けるワケ

内定先より今の環境に身を置くことの方が、自分にとって爆速成長していくための近道だと感じ、今もCastingONEでインターンをしています!

先ほど言ったように、CastingONEに入ってからしばらくは今年の3月末で既に卒業している予定でした。ただCastingONEのメンバーの皆さんは、最低限の給料はもちろんですがそれ以上に「自分自身がやりたいことを実現する」ために仕事をしている人が多い気がします。視座の高い精鋭集団といった印象です。

その中にいると自然に「自分はこのまま卒業して今の内定先に就職していいのか」とか、「自分のなりたい像とは何か」とか、「今の内定先は自分のなりたい像を実現できるベストな環境かどうか」を考えるようになったんです。いつの間にか内定先に就職する気がゼロになっていました…(笑)

私にとってCastingONEは現状に甘んじないスタンスを叩き込んでくれる「圧倒的成長環境」で、インターンをいまだに続けているポイントのひとつです。

最終的には人

あとは「人」がかなり大きい理由です。どんなに仕事にやりがいを感じていても、周りと折り合いがつかなければ続かなかったりしますが、その点CastingONEのメンバーの皆さんはとっても暖かいんです。

私の場合インサイドセールスや広報など、会社の事業推進に欠かせない部分の業務を大きく任せてもらいつつ、自分に足りないところはストレートにご指摘をいただいたりしながら、日々業務にあたっています。

「振り分けられた仕事」というより「任された仕事」という感じがして期待に応えるためにがむしゃらに頑張れるし、自分を成長させようと惜しみなく力注いでくださる人たちに囲まれているので、ますます意欲的に働けています!

今後に向けて

私のインターンのゴールは、「社会人になってどんな仕事についても、周りに差をつけてスタートダッシュを切ることができる」で、「物事を俯瞰する力」や「逆算力」、「構造的理解力」など、まだまだ未熟な部分を伸ばしていくことが自身の大きな課題です。

CastingONEの業務を通して、卒業後は「新卒同期のダークホース」となる力をつけるべく、来年の春まで残りの時間を大切に、有意義に、過ごしていきたいです。

最後に

今回は約1年3ヶ月にわたるインターン生活を通して感じたCastingONEの魅力を記事にしました。記事を執筆しながら、改めて優秀で温かいメンバーの皆さんと働けているのが幸せだと感じました。微力ですが、これからもCastingONEで粉骨砕身頑張っていきます!

最後までお読みいただきありがとうございました。それではまた次回お楽しみに!

オープンポジション
オープンポジション|シリーズA突入のSaaS企業でコアメンバーを募集!
CastingONEは、派遣会社様を支援するCastingONE/CastingONE Lite事業と、マーケティング支援事業の2つの事業を展開しています。 【CastingONE/CastingONE Lite事業】 ・CastingONEはイベントスタッフ派遣に特化したキャスティング会社様向けのクラウド型派遣支援サービスです。導入いただくことで、業務の抜け漏れ防止、業務効率化、売上・利益の向上を支援します。 ・CastingONE Liteは派遣会社(請負含む)様の売上/利益の向上と業務効率化を実現するクラウド型の派遣支援サービスです。 【マーケティング支援事業】 ・お客様の継続的な事業成長を目的に、市場選定、機能価値、コンセプト、料金、クリエイティブなど事業戦略の上流からマーケティング施策の実行まで一気通貫で支援をします。
株式会社CastingONE
株式会社CastingONE's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings